FC2ブログ

人数が増減する騙し絵の簡単な解説

ひとり増える(減る)騙し絵の簡単な解説
01座敷童子騙し絵新A
トリックアート座敷童子は誰だ!?より⬆

これまで何度か《ひとり増える》座敷童子的トリックアートを投稿してきた。画面の一部を入れ替えることで《描き加えていないのに1人増える》という不思議な騙し絵。逆の手順で入れ替えると《1人減る》ことになる。画面を入れ替えることでどうして人数が増減するのか──そのつど説明してきたが、読み返してみると、いささかややこしくて解りにくかったかも知れない……。
そこで《画面の一部を入れ替えることで、どうして人数が変わるのか?》ということをもっとスッキリ、直感的に納得できるようなモデルを考え《1人減るバージョン》で図解してみることにした。
まず、11体の人型を上下少しずつずらしながら左右等間隔に並べる。
02騙し絵解説11番号A
背景の色は分割パーツごとに分けたもの。このとき──、
・分割ラインより上(水色域)の人型は①〜⑩の10体。
・分割ラインより下(黄色域)の人型は❷〜⓫の10体。
画面全体としては11体描かれているが、分割ラインの上部と下部に描かれた人型はそれぞれ10体である。
画面上部の水色域と空色域を左右入れ替えると、画面上部の①〜⑩の人型が右に1つずつズレて画面下部の❷〜⓫の人型と合体。上段の10体が下段の10体の上に重なることで、画面全体で(11体だった人型が)10体となる⬇。
03騙し絵解説11番号B
画面上部の①〜⑩が1人分右にズレたことで、左端に1人分の空きが生じ、消えた1人分のパーツは他の人型に分散して吸収されている(そのため人型は縦長になった)。この図⬆では《画面の一部を入れ替えることで、どうして人数が変わるのか?》をわかりやすく説明するために、人型を斜め1列に配置し、一番端(左)に空きを作る形をとってみたが、これをもう少し複雑な陣形──3人×5列にし、人型の配置を保ちながら右から3番目に1人分だけ空きを作る形で制作したのが冒頭のトリックアートということになる。

02騙し絵新15人色番号
トリックアート座敷童子は誰だ!?より⬆

ちょっと怖い話!?かごめかごめ〜座敷童子
トリックアート座敷童子は誰だ!?
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜

スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示