FC2ブログ

マブリットキバ(2)@ローカルヒーロー首都決戦2010

マブリットキバ(1)】からのつづき

マブリットキバ(2)

ザセツが、秋葉原に渦巻く怨念・欲望から生み出した鬼は、なりそこないの黒鬼だった。


戦力にならない黒鬼が出現したことにザセツは激怒する。


 


腹を立てたザセツは黒鬼の扱いをヒョウとヒサメにまかせ、アキバ劇場を見に行ってしまう。


 


 


 


 


 


 


 


 


青鬼に虐待されていた黒鬼だが健気にも青鬼兄弟の手伝いをしようとする──しかし、かえって足をひっぱることに……。


攻撃のジャマをされた青鬼兄弟は激怒。黒鬼をひきつれて退却。


青鬼兄弟はマブリットキバをだまし討ちする作戦を強要し、黒鬼をボコボコにして立ち去る。
そこへマブリットキバが現れる。


 


 


 


 


あっさり友達になったマブリットキバは黒鬼に剣をほめられて上機嫌で説明する。
「こいつはな、岩手のご先祖様たちが──俺と同じ鬼たちが、万が一の事を考えて、鬼が鬼をさばく剣として用意してくれたのよ」
その大事な剣を、黒鬼は……


 


マブリットキバは、誕生したばかりで恐怖と不安の中にいる黒鬼を助けてやることができないことが歯がゆいと話す。黒鬼がその闇の中から抜け出すきっかけになるのなら剣は持って行けと気前よく言う。
黒鬼「ありがとうございます 本当にうれしいです」


スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック