FC2ブログ

ひとり多い!?座敷童子2題

01座敷童子騙し絵A
02座敷童子騙し絵B

♣ひとり多い!?──騙し絵のような座敷童子
【座敷童子】(ざしきわらし・ざしきぼっこ)といえば、「遊んでいる子どもたちがいつの間にか1人増えていて、誰が増えたのかわからない」という不思議な現象──いってみれば《座敷童子現象》が(僕の場合)まず思い浮かぶ。子どもの頃にそんな話を聞いたことがあり、とても印象に残った。その後も何度か《座敷童子現象》をネタにした話題を聞いたことがあり、筒井康隆の作品にもこの現象を扱った『座敷ぼっこ』というSF短編がある。だから、このミステリアスな《座敷童子現象》が座敷童子の最もユニークな特徴だと僕はずっと思い込んでいた。ところが、そうでもないらしい。民話などを調べてみると『座敷童子』に《座敷童子現象》のエピソードは出てこない。最も特徴的なのは《座敷童子がいる家は栄え、座敷童子の去った家は衰退する》ということらしい。《座敷童子》は知っているが《座敷童子現象》は聞いたことがないという人もいる。
《座敷童子現象》の起源は、どうやら宮沢賢治が1926年に雑誌『月曜』2月号で発表した『ざしき童子(ぼっこ)のはなし』という童話だったらしい……と現在、僕は思っている。その童話の中に10人の子が遊んでいると、いつの間にか11人になっていて、《ひとりも知らない顔がなく、ひとりもおんなじ顔がなく、それでもやっぱり、どう数えても十一人だけおりました》というエピソードが出てくる。
いずれにしても、「頭数が増えているのにそれが誰なのか特定できない」という《座敷童子現象》は面白い。僕もこの現象をモチーフに童話(病院跡の座敷童子)を書いたことがある。
少し前には、冗談で《座敷童子現象》を成立させるトリック(?)を【境内の座敷童子】で投稿した。ちょっとした着想だったのだが、説明するといささかややこしくなってしまった……。もう少しわかりやすい《座敷童子現象》ネタはないだろうかと考え、昔きいたことがあるパズル(?)で《座敷童子現象》を応用できそうなものを思い立った。
そんな座敷童子噺を2題、続けて記してみることにする。


♣寄宿生にまぎれ込んだ座敷童子
9人と聞いていたのに寄宿舎やってきたは子どもたちは10人だった。
管理人は困った。用意していた空き部屋は個室で9室しかない。
(これは座敷童子が1人まじっているな)──管理人はそう思った。目が合ったA君が、なんとなく怪しい……。
(仮にこの子が座敷童子だとわかったところで、排除はできないだろう……)
《座敷童子がいる家は栄え、座敷童子の去った家は衰退する》と言われている。ここで座敷童子を追い出してしまっては寄宿舎が廃れてしまうのではないかという不安があった。
(ちょっと待てよ……座敷童子まじりの10人なら、もともとは9人。9つの個室におさまるのではないか?)
管理人はそう考えて、とりあえずA君を残し、2人目の子どもから部屋へ案内した。
1号室には2人目の子どもを──、
2号室には3人目の子どもを──、
3号室には4人目の子どもを──、
4号室には5人目の子どもを──、
5号室には6人目の子どもを──、
6号室には7人目の子どもを──、
7号室には8人目の子どもを──、
8号室には9人目の子どもを──、
そして9号室には、残ったA君を案内し、10人全員を入れることができたのだった!
「やっぱり、座敷童子がまぎれこんでいたんだなぁ」
9つの個室に10人の寄宿生を割り振ることができた管理人は興奮ぎみにつぶやいた。



※油断して読むと、騙されてしまうかもしれないが、9つの個室に10人入ることはもちろんできない。「8号室に9人目の子ども」が割当られたとき、《残りは1人》と錯覚してしまいがちだが、この時点で残っているのは「10人目の子ども」と「A君」の2人。A君を「残りの1人」と混同させることで不可思議が成立したかのように思い込ませるトリック。

♣座敷童子の宿!?
古い旅館に3人連れの客が来た。彼らが指定した部屋は「座敷童子がでる」という噂のある通称《座敷童子の間》。3人を部屋に案内した仲居に、彼らは「独自に研究した降霊術ならぬ降座敷童子術を駆使して、きっと座敷童子を呼び出す」と意気込んで話した。3人の宿代は1人1万円──3人で3万円を前払いで収めていた。
仲居は座敷童子の噂は知っていたが、その存在は信じていなかった。でも、おもしろがって宿主に3人の話をした。
すると宿主は、うまくいって《座敷童子がいる家は栄える》といわれる座敷童子を呼び出せたらありがたいことだと喜んで、宿代3万円から5千円を値引きして2万5千円にすることにした。
宿主は仲居に千円札を5枚わたし、3人の客に返すよう命じた。
仲居は《座敷童子の間》に向かいながら、こう考えた「3人で5千円は分けづらい。返すのは1人に千円でいいだろう」──そして3人に千円札を1枚ずつ手渡した。残りの2千円は仲居がネコババした。
《座敷童子の間》を出た仲居はふと考える。
彼らが来たとき支払った金額は3万円──1人あたり1万円だったわけだが、座敷童子割引(?)で1人あたり9千円になった。3人合わせて2万7千円を支払ったことになる。それに仲居がくすねた2千円を足すと……2万9千円だ。はて、差額の千円は、どこに消えたのか!?
仲居はしばらく考えたあと、ポンと手を打った。
「そうか……座敷童子部屋の3人に千円ずつ渡したとき……もう1人座敷童子がいて、ちゃっかり千円受け取っていたのだ」
仲居もそれで座敷童子の存在を信じるようになった。



※客が払った2万7千円に仲居がくすねた2千円を足しても最初に払った3万円にならない……というと不思議に感じるが、これは本来、客が払った2万7千円から仲居がくすねた2千円を「引いて」、宿主の手もとには「2万5千円」が入った──と考えるべきなのだが、「くすねた金を返せば(足せば)もとの金額になる」という錯覚が働くのだろう。仲居がくすねた2千円を宿主に渡せば、「(宿主の手もとに残した)2万5千円+2千円=2万7千円」で客が払った2万7千円が全額、宿主にわたることになるわけだ。


病院跡の座敷童子(童話/400字詰原稿用紙で20枚半ほど)
境内の座敷童子(頭の体操)
ひとり増える!?座敷童子的トリックアート
1人増える!?トリックアート&解説
1人増える不思議な絵!?座敷童子の紙芝居
ちょっと怖い話!?かごめかごめ〜座敷童子
トイレの花子さんと座敷童子〜便所のモアイ像
トリックアート座敷童子は誰だ!? ※14人が15人に増える騙し絵
人数が増減する騙し絵の簡単な解説 ※わかりやすいモデルで図解

エアポケット幻想
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜

スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示