FC2ブログ

昆虫雑感/《昆虫》は《自然の結晶》

ずっと虫屋をやってきた人たちからすると、(一部の?)昆虫はだいぶ減ってきているらしい。
僕が虫見を始めたのはフェレットの散歩がきっかけだったので、1995年以降……虫を撮るようになったのは2004年6月からだった。僕はその頃から積極的に虫を見るようになって、身のまわりにこんなに色々な虫がいたのかと驚いたり感心したりしていた。なので、昆虫が減少してきたという実感はない。むしろ子どもの頃(1960年代──夏にはカブトムシやクワガタとりをしていた頃)よりもずっと目にする昆虫は増えていた(これは虫が増えたのではなく、以前は気づかずにいた虫を認識できるようになったため)。子どもの頃になじみがあったクワガタやシロスジカミキリはだいぶ減った気がするが、一方むかし関東にはいなかった昆虫が増えてきたことに驚いていた。
01赤星胡麻斑褄黒豹紋
02細尾蝶♂♀
03紫燕&松縁亀虫
04横綱刺亀&黄斑亀虫
05ラミー&ルリ天牛
アカボシゴマダラ・ツマグロヒョウモン・ホソオチョウ・ナガサキアゲハ・ムラサキツバメ・マツヘリカメムシキマダラカメムシ・ヨコヅナサシガメ・ラミーカミキリなどは僕が子どもの頃には(関東には)いなかった昆虫だ。近年、市街地でも目にするようになったルリカミキリは、生け垣に使われる木が昔と変わったことで増えてきたようだ。
新顔が次々に現われてくるので、虫が減ったという感覚はなかったのだが……それは僕が積極的に虫を見るようになったのが遅かったからだろう。子どもの頃にはカブトムシやクワガタなどを捕って遊んだものだが、当時は特定の種以外にはあまり注意を向けていなかった。子どもの頃から、今と同じ関心を持って虫を眺めていれば、もっと多くの虫を確認できていたにちがいないし、「増えた顔ぶれ」ばかりでなく「減った顔ぶれ」がどれほどいるのかを実感できたのかもしれない。


《昆虫》は《自然の結晶》
僕の感覚で言うと「《昆虫》というのは《自然の結晶》」である。容姿にしろ生態にしろ、人工物とはかけはなれた驚異の存在であり、自然が創造した不思議さ満載の存在でもある。
ヒトは自分たちの都合の良いように環境を改編してきた。一部「益虫」として虫を利用することもしてきたわけだが、基本的には虫けらの都合など考えずに自分たちの暮らしのために環境を整えてきた。しかし、そうした人工環境の中でさえ、ヒトの意図とは関係なく、昆虫たちが入り込んで独自の世界を構築している。そんなところに人智の及ばない生命の力強さ・したたかさを感じる。

虫見を始める前は、昆虫は自然の産物だから人の手が入っていない環境の方が種類も数も多いだろうと思い込んでいた。しかし虫見をするようになって、ヒトが管理する里山の方がバラエティーに富んでいることに気がついた。里山は人工的に管理された環境だから純粋な自然ではないという見方もあるが、生き物の種類や数が豊富なこと──生命活動が盛んなことが自然度の高さだといえるのではないかという気もする。ヒトが自分たちのために管理する環境(里山)で、ヒトの意図とは別に活性を高めてきた昆虫たちに、生命の底力を感じる。

僕らが子どもの頃に見ていたカブトムシやクワガタなどの昆虫が、この先もみられるようであってほしいという気持ちはあるし、そのための環境保全にはおおむね賛成だ。しかし……昔はヒトの意に介さない存在であった虫──自由に採って遊んでも誰も文句を言わなかったものが、昨今、虫採りも自由にできなくなりつつある状況にあるのだとすると、どうなのだろうという思いもある。特に子どもの頃には昆虫とふれあう機会──虫を捕ったり飼ったりすることによって、《自然の結晶》感をじっくり味わう経験をもつことは大切だと思う。保全という垣根が昆虫と子どもたちの間にできてしまうようではいかんのではないか……という気持ちもある。

これまでヒトがヒトのために構築してきた環境に、したたかに適応してきた虫たちの独立性・存在感みたいなものに一目置いてきた僕としては、昆虫がヒトから加護される存在として扱われるようになったことに、若干の寂しさのようなものを感じないでもない。これまでスポンサー無しに独自の活動を続けてきたものが、ヒモつきになるみたいな……ちょっと残念感みたいなものもあったりするのである。



アカボシゴマダラ急増中
アカボシゴマダラは特定外来生物
ホソオチョウ@狭山丘陵東京側
マツヘリカメムシ:卵・幼虫・成虫
キマダラカメムシ東京進出/年々増える新顔昆虫!?
ラミーカミキリ@武蔵野
可愛い悪役!?ルリカミキリの産卵
昆虫の何に魅かれるのか?
昆虫など〜メニュー〜
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜
スポンサーサイト



コメント

No title
スポンサー無し→ヒモつきに…
なるほど~、分かります。。。
動物や野鳥保護なんかでも、人工繁殖とか聞くと、うーん…と思ってしまいますね。

減ってしまった虫、でいうと
ミヤマカミキリとかシロスジカミキリって私見たことないのですが
昔は一番普通にいたカミキリっぽいですよね。
Re: No title
今は「いる場所・採れる場所」などがネット上に載ると、どっと採集者が集中する可能性があるから、採集禁止もやむないのかもしれませんが……。
「保護」が、とくに子どもたちと虫を隔てることになっていると、それもどうなのかなぁ……と思ってしまいます。

そういえばミヤマカミキリも昔はたくさんいたのに、僕が虫見をはじめてからは見なくなりましたね。
「目につく新顔」に比べ「見なくなった旧顔」は気づきにくいのかも……。

管理者のみに表示