FC2ブログ

幸戦隊コウタレンジャー(1)@ローカルヒーロー首都決戦2010

2010年11月7日、東京・秋葉原にて行なわれた児童虐待防止キャンペーンイベント【ローカルヒーロー首都決戦2010】のフォト漫画風レポート。
3組目に登場したは、愛知県額田郡の幸田(こうた)町からやってきた【幸戦隊コウタレンジャー】。「幸戦隊」は「しあわせんたい」と読む。

幸戦隊コウタレンジャー(1)

テーマ曲にのってMCのお姉さんが登場。幸戦隊コウタレンジャーの簡単な紹介と応援の練習。ショーを見るにあたっての注意を説明して、いよいよ会場のおともだちとコウタレンジャーを呼び出す。


が……ハデに乱入したのは、


 


ワルダークの戦闘員たち! そして会場に高笑いが響く。


 


 


というアキバがらみのネタがあって、ヒガミンコがここへやってきたわけを話す。
子育てで「子供を叱り過ぎてしまう」という悩みをみつ親が多いと知ったヒガミンコは、親の心を操作しイライラさせて児童虐待に向かわせ、人々の幸せな生活を崩壊させる作戦を思いついたという。


ヒガミンコは、この作戦を遂行するにあたって必要な怪人を呼び出す。


ヒガミンコ「その刀、なんて言ったかしら……威力を説明しておやり」


 


お姉さん危うし! そのとき──、


 


 


 


 


 


 


 


 


突然立ち上がるサクラピンク。


 


 


 


ブアイソードの威力を自ら実感したヒガミンコは──「でもね、なんか今ズキーンときて悲しくなってきちゃった。私ってこう見えて打たれ弱いのよね。戦闘員ちゃん、シカメッツラーちゃん……逃げるわよ!」
サクラピンク「まだお説教終わってなてわよ!待ちなさい!」
ワルダークとサクラピンクはステージを降りる。


スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック