FC2ブログ

FC2ブログへ移行してきて気づいた問題点

年内に消滅するYahoo!ブログからFC2ブログへ記事を引っ越してきて明日で2週間。新たな記事を書くよりも、過去の(移行してきた)記事の整理に苦心している昨今。
同じようにYahoo!ブログからFC2ブログへ引っ越した人も多いようだし、引っ越すことを考えている人もいるだろう。そうした人たちのあるいは参考にもなるかもしれないし、現時点で僕が把握している《移行してみて確認した問題点》を記しておくことにする。

①画像の行間0で作成していた組み画像が分断
②ブログ内リンクが移行できず
③Wikiモードで作成した記事の引用部分が枠外へはみだしていた
④コメント欄を閉じていた記事にコメント欄がつけられていた
⑤移行記事の編集がややこしい
⑥トップ固定ページ=最新記事

①画像の行間0で作成していた組み画像が分断
僕は、昆虫の記事等で、背景のようすがわかる引きの画像とポイントを拡大した寄りの画像を組み合わせて使うという手法をよく使ってきた。画像を上下に配列するときは2枚に分けて投稿していた。Yahoo!ブログでは画像の間隔を空けずに並べることができたので、画面上ではつながった1枚の組み画像として表示されていたのだが、移行したFC2ブログでは(はてなブログでも)画像の間に隙間ができてしまう↓。
01FC2ブログ移行画像分断
◎マツヘリカメムシ:卵・幼虫・成虫より⬆(Yahoo!ブログFC2ブログ

分断した画像は見苦しいが、これは現在のところ修復できるものなのかわからずにいる。画像の間隔はテンプレートによって程度に差があるようだ。

②ブログ内リンクが移行できず
僕は自分のブログ内の関連記事を文字リンクで結んで「整理」していたが、FC2ブログへ移行した記事内の文字リンクは(やがて消滅する)Yahoo!ブログの記事のURLのまま。これを移行先の記事のURLに書き換えるのが大変な作業となっている。
ブログのURLを見ると、記事ごとに識別番号がつけられている。この記事番号がFC2ブログでそのまま引き継がれていれば、ブログ内リンクのURL変換もいくらかしやすかったと思うのだが……FC2ブログに移行した記事には新たな通し番号が割り振られて、元記事(Yahoo!ブログ)とは記事番号も変わってしまっている。このため、記事番号が違う「元記事」と「移行記事」のURLを1つ1つ調べて対応させるのが厄介だ。編集の作業手順も手がかかってわずらわしい。

③Wikiモードで作成した記事の引用部分が枠外へはみだしていた
03引用個所FC2ヤニC
①と②については予想していたことだが、予想外の不具合がこれ。引用記事がテンプレートの文章エリアからはみ出して読めなくなっている箇所がみつかった。Wikiモードで作成した記事の引用部分ではテンプレートの文章枠が無視されてしまうようだ。いくらなんでも、これでは困るので修復方法を模索して、1つ1つ手作業で直している(修復方法は→【FC2ブログ移行記事の不具合】)。どの記事にWikiモードの引用を使ったかは一々覚えていないので、修復を要する記事を探すのがまた面倒だったりする。

④コメント欄を閉じていた記事にコメント欄がつけられていた
僕は基本的にコメント欄をつけているが、記事によっては意図的に閉じているものもある。それが移行後の記事ではコメント欄が開いているのに気がついた。これは「記事の管理」から該当記事の「編集」をクリックして「簡易モード」を「OFF」にし「詳細設定」の「コメント」欄を「受け付けない」にすることでコメントを閉じることができた。

⑤移行記事の編集が難しい
FC2ブログで新たに作成した記事は編集画面を見て、なんとか修正できるが、移行記事を編集しようとすると改行無しのタブだらけの文字列と化しており、削除や挿入の位置が判りづらい。

⑥トップページ=最新記事
Yahoo!ブログでは(はてなブログでも)特定の記事をブログのトップに固定することができ、僕は主要な記事の目次・メニューのような形で使っていた。しかしFC2ブログでは固定トップページを設定する機能がないので、常にトップに記しておきたい記事の日時設定を未来の数字(西暦)にして「最新記事」の扱いにして使っている(FC2ブログのトップページを固定する方法)。ただ、これだと更新がわかりづらいのではないか?……という気もするが、そのあたりはどうなのか、よくわからない。

といったところが、これまでに感じてきた移行問題。移行して来た自分の記事のチェックや修復、ブログ内リンクの再構築に時間をとられて、FC2ブログ内の散策は進んでおらず、まだよくわからないことが多い。
Yahoo!ブログが準備している移行ツールがどのようなものかはわからないが、同じように移行後、チェックや修復に手間がかかるようなら、早い時点でFC2ブログへ移行できたのはよかった気もしている(旧URL記事が消滅するまで整理の時間をかけられる)。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示