FC2ブログ

不老の理由(ショートショート)

ショートショート『不老の理由』






















《不老長寿》は今昔東西を問わず、多くの人が関心を寄せてきたテーマだろう。しかし、しょせんは「かなわぬ夢」。人が老いて死んでいくのは自然の摂理だ。これに反する《不老》は自然の摂理にそむくことであり、罪深いことのようにも思われる。《不老》の実現にはタブー感がつきまとう……。
「人魚の肉を食って不老長寿を得た」という八百比丘尼伝説は有名だ。しかし、実際には、人魚などいやしない。とすれば、この話はどうして生まれてきたのだろう? 《不老化》の真相とは……禁断の「食べ合わせ」による特殊な作用・効果だったのではあるまいか──というのが、この作品の着想となった。
『不老の理由』を書いた時期については記憶がサダカではないのだが……個人誌《チャンネルF》12号(1994年3月9日号)の自選作品集には収録してあって、ソリブジン報道があった頃にプチ加筆した記憶がある。


個人誌《チャンネルF》はワープロ専用機で打ち出した気ままなコピー冊子。《チャンネルF》の《F》は《Fantasy》《Fusion(現実と幻想の「融合」という意味で)》《FUSHIGI》の《F》。「心のチャンネルを《F》にチューニングする」──という意味で第1号の表紙には(ラジオの)チューナーを模した図案を描いている。ただ、《チャンネルF》の配布はきわめて限定的だったので……個人誌の延長に位置づけているYahoo!ブログで、『不老の理由』を(も)あらためて公開してみることにしたしだい。


スポンサーサイト



コメント

No title
昔日本兵は,派遣先で餓えのあまり、戦死した戦友を食べたのは事実だそうです。
生きることは本能で、誰も非難できないです。

老化のスピードは、個人差がありますね。同窓会に行くと本当にそれを感じずにはいられません。
No title
> みずきさん

不老・不死は普遍的なテーマの1つ。実際にはあり得ないことですが、だからこそ(?)フィクションの中での色々な仮想体験が求められるのかも……という気もします。
No title
物語の発想が・・・凄いですよ~~~!
物事・事柄を良く調べ知らなければ書けない(のでしょうね!)お話だからこそ惹きつけられます。
学生時代、漫画が唯一(?)の娯楽だった私など、脳内で映像に切り替えお話を楽しんでます。
私は、庄司陽子さんや樫みち子さんや津雲むつみさんや池田理代子さんなど・・・少女漫画ばかりを読んでましたが、今回の物語は何故か、手塚治虫氏の作品を想いました・・・
とても楽しゅうございました。
No title
実質上、お蔵入りだった作品を楽しんでいただけたのであれば嬉しく思います。
虫見を始める前は、「何かおもしろいコトは……」と探す時に想像(創作)にそれを求めていました。色々な可能性を脳内シミュレーションしてきたことは、虫見での観察にもいくらか反映しているのかも……なんて気がしないでもありません。
手塚作品には色んなのがありましたね。『どろろ』あたりの雰囲気も好きでした。
No title
楽しんで読ませてもらっています。
星新一さん、筒井康隆さん、、などのショートショートを思い出します。
No title
> まーしーてんしんさん

楽しんでいただけたらありがたいです。もともと気ままな個人誌の延長のような感覚でブログを始めたので、個人誌時代に埋もれがちだった作品なんぞも公開してみることにしました。
当時は個人の作品を公開する場・手段があまりありませんでしたが、今は簡単に公開できる《場》があって、「すごい時代になったなぁ」と感じています。

管理者のみに表示

トラックバック