FC2ブログ

カメラが壊れた…

さて、どうしたものか……ここ5年ほど昆虫撮影などに使ってきたコンパクトデジタルカメラ── OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough が起動しなくなった。このシリーズは後継機種がTG-5まで出ているようだが、しぶとくTG-2を使い続けてきた。値段分の役目は充分果たしたといえるだろう。
撮影を趣味にしている人ならすぐに新しいカメラを調達するところだろうが……どうしたものか思案中。
ブログにはずいぶん昆虫画像を添付してきたが、僕はカメラに興味があるわけでもなければ撮影が好きというわけでもない。フィルム・カメラを使っていた時代に写真撮影に対する苦手意識にさいなまれ、いまだに撮影を楽しいとは感じられずにいる。自分の興味の対象を記録するためには必要だから、しかたなく面倒くさい作業(撮影)をしているという感覚に近い。狙いどおりに記録できれば嬉しいけれど、ガッカリすることの方が多い。「(芸術)作品としての写真」ではなく、「説明素材としての画像」を撮ってきた。作品としてのクオリティの追求は最初からあきらめ、自分の撮れる範囲で、言わんとすることがわかる程度の画像が撮れればいいや──という低いハードルでカメラ任せに撮り続けてきたから、撮影技術はいっこうに進歩しない。そんな「素材」をそのまま人前に出すのは、いくらなんでも閲覧者に失礼だから、撮った「素材」はトリミングしブログ用にリサイズし、ワイプ画像を入れたりキャプションを付けたりして、なるたけ「状況や言わんとするポイントがわかりやすいように」加工し、本文とセットで投稿する──ブログ記事としてまとめた時点でやっと(?)撮った画像が活かされる。
昆虫採集で集めた虫も標本にしてきちんとラベルをつけなければただの虫の死骸──というのと同じで、撮影した昆虫画像(素材)もブログ等にまとめなければ、ただのゴミ──という感覚が僕にはある。
だからブログ等で役立てることができなかった(しかし、それなりの情報が含まれているので捨てられずに保留にしている)画像がどんどん貯まっていくのは、消化不良というか……やり残した宿題がたまっていくようで、気が重かった。

カメラがあれば出会った記録価値のあるシーンは撮らねばならないが、カメラが壊れてしまってはそれもできない……しなくて済む……苦手で面倒な撮影&その後の編集から解放された感がなくもない。

昆虫は素材として面白いので、「身近なところにこんな虫がいるのか」という個人的な好奇心をTG-2で撮って記事にしてきた(*)。TG-2である程度のことはできたのではないかと(低いハードルではあるけれど)満足している部分もある。
ただ、僕の虫見エリアは限られているので、似たような画像・記事が重複するようになってきて、これも、どんなものか……と感じているところでもあった。お気に入りの虫や興味のある種類には、機会あるごとに「こんな虫もいるんだねぇ~」感をアピール(ぷち布教?)しておこうという気持ちもある。しかし一方、新しくカメラを調達しても、同じような記事の繰り返しになったのでは、あまり進歩が無いのではないか……という迷いもある。

僕はブログを個人誌の延長のようなつもりで続けきた。昆虫ネタが多くなってしまったが、もともと昆虫ブログのつもりで始めたわけではない。自分が興味を持ったものについて、感じたこと・考えたことをまとめ、整理して記録する場としてブログを利用してきたわけだが、身近なところにあるおもしろいもの──ということで昆虫を取り上げる機会が多くなっただけだ。

もちろんカメラが壊れたというだけで、昆虫に対する興味が尽きたわけではないし、昆虫周辺について思うことも色々あるわけだが……今後、どうしたものか、今のところ明確なプランは無い……。

*昆虫など~メニュー~

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-902.html

■エッセイ・雑記 ~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

スポンサーサイト



コメント

No title
残念ですね。私も安物のデジカメですが、壊れたら、やっぱり安いデジカメを買います。カメラのことは分からないし、綺麗に撮影できればそれで十分ですから。
でも、記録として残される方には、むかないかもしれませんね
No title
> みずきさん

フィルム・カメラ時代に比べれば、家電のデジカメは高性能になった割に安いですね。使っていたのと同じ程度のカメラならそんな高価な買い物ではないのでしょうが……。
画像を保存したパソコンの方も、いつまで無事に使えるのか(?)アヤシイとこもあるし、スキャナも壊れているので、出費の優先順位などを考えると、ちょっと悩むところです。
No title
カメラが壊れてしまったのですか。
年末にはまだ元気な姿(?)に見えましたが…

写真のデータは、どんどん溜まっていって、断捨利したくなりますね(>_<)

虫見エリアが限られていると書かれていますが
いつもすごい発見をされてたり、しっかり定点観察されていて
そのスタイルが本当に尊敬です。
観察→考察→予測→検証 をされている記事とかも
すごい…と思いながらいつも読ませていただいています。
星谷さんのモチベーションが第一と思いますが
これからも記事を楽しみにしています…よ。
No title
> noriさん

もう、そろそろイチモジフユナミシャクも終わりかな……という日、2匹目の産卵後♀を撮ろうとしたら、起動音はするもののすぐに電源が落ちてしまい撮影できなくなりました。これが新鮮な美麗♀だったら「むき~っ!」となるところですが、産卵後♀だったので、「あ~あ……」で済みました(笑)。

画像は時々CDやDVDにバックアップ用をとっているのですが、パソコンが以前は読み込めていたCDやDVDを空ディスクと認識してしまうようになってしまい、こちらも心配だったりします。
幸い(?)虫の少ない時期なので、今後どうしたものかゆっくり考えてみたいと思います。
No title
是非新しいパートナーをじっくり探して・・・と強要するのはいけませんね。^^;

でもきっと撮りたくなると思います。p(*≧ω≦)/ ファイティン♪
優先順位から言うとカメラが一番でしょうかね。(個人の感想です)(o^^o)♪
PC関係も劣化したりメカに弱い年金生活者には頭の痛い出費です。

また綺麗な画像を見られるように楽しみにしています。
No title
> まあささん

とりあえず、次にコンデジを買うならコレだろう──というのはあるのですが。
ムービーカメラがあったら撮ってみたいと思うコトもあったりして……あれこれ悩むところです。
No title
カメラが壊れると凹みますねぇ
私は使い方が荒いので、細かく壊れます(^^;)
使わないタイミングに修理してますが、予備機だと操作系が少し変わったり、センサー性能がちょっと…

新しい素敵な相棒が見つかるといいですね。
No title
> ともっくさん

目の前に撮りたい虫が現われたら地団駄を踏みそうです(笑)。
操作はやはり使い慣れたものの方がぴったりきますね。
これまで使っていたカメラも使用機能はたいてい同じで、機能を使いこなせてきたとは言えませんが……。
素人にも使える昆虫撮影向きのカメラがいいですね。

管理者のみに表示

トラックバック