FC2ブログ

「既読無視」で苛立つ風潮!?

以前、コミュニケーション・ツールの「LINE」で「既読無視」がトラブルの原因になっているという記事があった。メッセージを送った相手がそれを開くと送信者には「既読」のマークが付くが、相手が既読したにもかかわらず返信をしないことを「既読無視」「既読スルー」などと呼び、嫌がらせの対象になることがあるという。自分が送りつけたメッセージに相手が返信しないと腹を立てる者が、けっこういるらしい。こうした風潮に対して感じたことを記したのが後述の文章。何年も前に某SNSに投稿したものだが、最近、年賀状に返信がこないことを嘆くブログ記事を読んで、ちょっと似た心理なのかもしれないと思って、改めてブログ掲載してみることにした。


《既読無視》のバカげた風潮

《既読無視》や《読み逃げ》といった概念自体がバカげている。相手が返信をよこさないと気になる・いら立つというのはその本人の問題であって、本人の欠陥に由来するストレスを返信をよこさない相手のせいにするのは身勝手以外の何ものでもない。こうした《既読無視》問題が増えてきたのだとすれば、身勝手な人が増えてきたということなのだろう。

メッセージを発信するのは基本的には本人の都合であり、それをいきなり相手に送りつけることに遠慮の気持ちを持つのがたしなみというものではないか。相手に「読ます」という負担をかけることを心苦しく思わないどころか、返信を求めることを前提にメッセージを送り続けるような人こそヒンシュクをかってしかるべきだと思う。

用件によっては返信を必要とすることもあるだろうが、基本的には《相手に返信の負担をかけさせない配慮》こそが必要だ。「既読」が確認されればそれで完了できる(する)ように心がけるべきだし、返信が必要な場合でも1度の返信で用件が完了できるようにちゃんとまとめてから送信すべきだろう。

相手の時間をダラダラ浸食するような通信のやり取りを求める方こそどうかしている──というのがマトモな感覚だと僕は考える。



■エッセイ・雑記 ~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

スポンサーサイト



コメント

No title
同感です!孫たちも既読の表示を無くして欲しいと言っています。
勝手に送り付けて来て、読んでないとか、呼んだのに返信しないとか、難癖付ける輩のなんと多いことか。
送ったのに返信がなければ読んだかなと気になる気持ちもわからんことも無いけど、相手に迷惑をかけていると言うことを自覚して欲しいです
No title
> みずきさん

本来なら、「既読」を確認し、メッセージが相手に届いたことでOKなのではないかと思うんですが……自分の都合で送ったメッセージに返信するのが当然だと言う感覚は、ちょっと身勝手ですよね。
まだ新しいツールなので、運用マナーが確立・浸透していないんですかね……。
No title
星谷仁讃江

新年あけましておめでとうございます
既読無視なる言葉
和尚はスマホを持たない
当然、ラインもしないから
トラブルとか
煩わしさからも無縁ですが
昭和世代の生き残り兵ですから
アナログイノチの人間です
年の初頭に相手の顔を想定して
年末近くに為ると
そわそわ
ああしようこうしようと
草稿思案デザインを決めて
プリントアウトするのが
楽しみです・・・
返事が無くても
一方的に送ります
62円でメッセージを
届けられるなんて
おもしろい
と、
考える年賀状魔
年賀状オタクです
(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
平成も元号が無くなるのに
昭和世代の生き残りですよ
hehehe(^_-)-☆

にがお絵和尚より
No title
> にがお絵和尚のチープディープ日記さん

届いて相手の目にとまれば嬉しい──というのが本来の好ましい感覚だと思います。
僕は年賀状は廃止していますが、年賀図案を考えるのは楽しいので、それをブログに乗せています。
僕も昭和世代ですが、通信技術の発達は振り返るとすごいものがありますね。
No title
同感です!
例え返信が無くとも、そのことを気にしない、しっかりとした自分を持って頂きたいと同時に、読み手に何だかの想いや都合なりがあるのかも?と察する配慮なりがほしいものですね。
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

そうですね。
相手は別の場所にいて別のことをしているわけだから、そのあたりは配慮するのがたしなみだという気がします。

管理者のみに表示

トラックバック