FC2ブログ

ギボッチ&桜っちで冬尺蛾

緑地の擬木柵などは昆虫観察の意外なスポットだったりする。そんな擬木を中心に虫探しをする「擬木ウォッチ」を僕は略して「ギボッチ」と呼んでいる(ちなみに擬木ウォッチをする「擬木ウォッチャー」は「ギボッチャー」)。そして毎年この時期になると、イチモジフユナミシャクやチャバネフユエダシャクなどフユシャクががよくみつかるサクラにも注目することになる。「擬木ウォッチ」が「ギボッチ」なら「桜ウォッチ」は「桜ッチ」ということで。

イチモジフユナミシャク♀の理想の美麗個体は?



桜並木ぞいのフェンスの支柱に登っていたイチモジフユナミシャク♀。珍しい種類ではないのだが、美麗個体となると目にする機会は、そう多くない。フユシャクなのでメスの翅は退化していて小さい。この前翅が青~緑がかったメスはキレイでお気に入りなのだが、この♀はほとんど青みが無かった。


イチモジフユナミシャク♀の腹部は白っぽく、背中の節ごとに対になって並ぶ黒紋と側面に並ぶ輪状紋があるのだが、この♀↑の腹には白い鱗粉の中に黒い鱗粉も散在してごま塩模様になっていた。
苔むしたサクラのやや高いところにとまっていたイチモジフユナミシャク♀↓。ぷち木登りして撮ってみたが、これも青みが薄い個体だった。


サクラで見つかるイチモジフユナミシャクは、日陰側にいることが多い。このメス↑も日陰側にいたので引きの画像はフラッシュ強制発光で撮影。晴れた日の桜ッチは(冬の太陽は角度が浅いので)逆光がかなりストレスになる。日陰側に多いというのは、鳥など捕食者から見えづらい逆光ポジションを選んでのことなのかもしれない。
やはりサクラの日陰側にいた、メスとは似ても似付かないイチモジフユナミシャクのオス↓。


サクラの日陰側ではないが……サクラの近くにある案内板の支柱の日陰側にとまっていたイチモジフユナミシャク♀↓。


このメス↑は若干青みがあったが、黒い鱗粉が入ったごま塩模様になっていた。
イチモジフユナミシャクは夜行性なので昼間はじっと動かないことが多いのだが……擬木の上を歩き回っていたイチモジフユナミシャク♀↓。


頭を起こし、小さな翅をやや立てて歩いていた。静止モードの姿勢とはずいぶん感じが違う。擬木支柱のふちで止まったところを撮影↓。


このメスは翅に関しては淡い水色でキレイな部類。水色の前翅に黒い帯が走っている個体もいるが、このメスは黒帯が途切れている。腹は白い部分に黒い鱗粉が混じって紋が不鮮明なのが、(ヒトの美観上?)ちょっと残念。


この後、このメスはまた歩き始めた。歩く時は翅を持ち上げ、触角を開いて先端を前に向けていたが、息を吹きかけると触角を倒して静止した。


翅を上げているので腹部側面の輪状紋がよく見える(ごま塩模様になっているのがちょっと残念)。小さな頭部と長い脚が印象的……。


サクラの枝にとまっていたイチモジフユナミシャク♀↓。


水色の前翅はやや色が薄いが、白い腹の黒い紋はクッキリキレイに見える。


個人的な好みでいうと……前翅の青みが強く、できれば黒い帯模様がクッキリ入り、腹はパールホワイトに黒い紋が明瞭なメスが、理想的な美麗モデルなのだが……完璧な個体にはなかなか出会えない。

あわいブルーの冬尺蛾
イチモジフユナミシャク♀は地衣類擬態!?

チャバネフユエダシャク



やはり桜ッチで見つかることが多いチャバネフユエダシャクのメス。イチモジフユナミシャク♀とはまた違った味わいの存在感がある。


イチモジフユナミシャク♀は個体によって、かなり美麗度(?)に差があるが、チャバネフユエダシャク♀では、さほど当たりハズレ感はない。大小体格差があったり産卵前後で体型は変わるていど。
産卵ダイエット(?)で、いくらか腹が凹んできたチャバネフユエダシャク♀↓。


木製の手すりの上にいた産卵前の豊満なチャバネフユエダシャク♀↓。




こんなホルスタインちっくなメスとは全く似ていないチャバネフユエダシャクのオス↓。




スポンサーサイト



コメント

No title
ギボッチ&サクラッチでのフユシャク探しの季節になりましたね!
イチモジの♀は翅が水色で腹部がパールホワイトで…と
完璧な個体はなかなかいないものなんですね。
私はまだまだ初心者なので
お腹がしぼんでいないものならば喜んでしまいます。
チャバネの♀もやはりぷっくりでぱつぱつのがかわいいですね!

イチモジもチャバネも♀がやはり嬉しいのですが
♂も見られるとなお嬉しいです。
No title
> noriさん

イチモジフユナミシャクは年末の忙しい時期に出てきますね。年が明けてしまうと産卵後の個体が多くなって「時期を逃した感」にさいなまれそうなので、「今の時期に見ておかねば感」にせき立てられがちです(笑)。
とりあえず、翅が水色の産卵前の新鮮なメスは嬉しいですね。おみくじでいうと「吉」。完璧な理想の個体は「大吉」でしょうか。
イチモジフユナミシャクはオスの姿も目にする頻度が高くなってきたような。

管理者のみに表示

トラックバック