FC2ブログ

冬の蝶!?クロスジフユエダシャク

冬のチョウ!?クロスジフユエダシャク♂

今シーズンは11月15日に初確認したクロスジフユエダシャクだが、目にする頻度も増えてきた。年に1度、冬に成虫が出現するフユシャクのひとつで、フユシャクの中では早い時期に出てくる。フユシャクの多くが夜行性だが、クロスジフユエダシャクは昼行性。日中オスが雑木林の林床近くをメスを探して舞い続ける。最盛期、落葉の上を低く乱舞するクロスジフユエダシャク♂たちは、ちょっと幻想的でもある。その光景を見て「(冬なのに)チョウがたくさん飛んでいる!」と驚く人もいる。昼間飛ぶところや優雅な飛び方がチョウに見えるのだろう。しかしクロスジフユエダシャクはチョウではなく蛾の仲間(フユシャクは全てシャクガ科の蛾)。とまった姿を見ると、蛾だということがわかる。


ふつう蛾らしいとまり方をするクロスジフユエダシャク♂だが、チョウのように翅を閉じて(立てて)とまっていることがある。


翅を立てた姿はチョウっぽくも見える。セミヤドリガの羽化でも見られたが、蛾の仲間は羽化後、翅が展開する過程で、こうして翅を閉じた姿勢をとることがあるようだ。蝶のように翅を閉じた羽化後と思われる蛾は、しばしば目にする。
翅が伸びきっていないクロスジフユエダシャク♂もいた↓。羽化不全ではなく、その後ちゃんと翅は展開していた。


枯葉擬態の名人(蛾)アカエグリバやヒメエグリバは頭を下にしてとまっていることが多い(その方が擬態効果が高まる)が、フユシャクは頭を上にしてとまっていることが多い。


通常上を向いてとまるクロスジフユエダシャク♂の頭が下の方を向いていたら、メスと交尾している可能性が高い。上向きにとまっている♀と交尾をしようとすると♂が下を向くことになる──ということなのだろう。


木柵の支柱にとまっていたクロスジフユエダシャク♂の向きが怪しいので、よく見るとやはり交尾中だった。


別々に見るとオスとメスは全く別の昆虫のようだが、こうしたシーンを見ると同種なのだということがわかる。
別のところにいたクロスジフユエダシャク・ペア↓。




飛べない蛾!?クロスジフユエダシャク♀

フユシャクのユニークな特徴(メスは翅が退化して飛ぶことができない)を観察できるのはメスだが、フィールドで目にするクロスジフユエダシャクはオスが圧倒的に多い。飛ぶことができないメスは落葉の下や樹皮の裂け目などに隠れていることが多いので目立たず、オスはメスを探して飛び回らなければならないので目につきやすいということだろう。
たまたま目立つところ──案内板の支柱にとまっていたクロスジフユエダシャク♀↓。


小さいながら翅が4枚あるのがわかる。


こうした目立つところにクロスジフユエダシャク♀が出ていることは少なく、たいていメスは見えないところに隠れている。隠れたメスをオスはどうやって探しあてるのか──というのが、なかなか興味深かったりする(*)。

クロスジフユエダシャクはなぜ隠れて交尾するのか
意外な翅の役割り!?クロスジフユエダシャク

その他の蛾など



晩秋の蛾・ニトベエダシャクはこのところ、ちょくちょく見かける。


木の幹にとまっていたケンモンミドリキリガ↑。あわい緑の分断模様が周囲の地衣類にマッチしているように見えなくもない。


花のまわりを飛びまわりホバリングで吸蜜するホシホウジャクはハチドリのようだが、とまっている姿はずいぶんと印象が違う。


前回投稿したエゾギクキンウワバに似たイチジクキンウワバ↑。鉛直面に頭を下にしてとまっていた(画面右が下側)。
蛾でも昆虫でもないが……ついでに、ビジョオニグモ♀↓。





スポンサーサイト



コメント

No title
ビジョオニグモは、ほんと、頭にグラサン載せたおっさんに見えますねぇ(´▽`)
No title
> 夢野芦舟さん

ビジョオニグモ、僕には王冠をかぶった王様やヘッドギアを付けた某教祖に見えて、これまでも何度かネタにしているのですが、いるとやっぱり撮ってしまいます。
個体によって「顔つき」に変化があって、そんなところも面白いですね。
No title
ビジョオニ蜘蛛。見たことないです。美女が❓鬼蜘蛛。面白い名前ですね。

ミノムシも ♀は一生袋から出ないのだそうですね。蛾のメスは人見知り^^♂は♀が居ると思う場所でフェロモンを出すのか。それとも♀の方が呼び寄せるのか。面白い生態ですね
No title
> みずきさん

ビジョオニグモは模様の美しさから「美女」とつけられたという情報もあるようですが……オッサン顔に見えてしかたありません。模様がきれいにはっきり見えるのは腹が大きなメスだから「美女」なんですかね?

フユシャクは♀が放つフェロモンを♂が嗅ぎつけてやってくるようです。クロスジフユエダシャク♂が隠れている♀を探し当てるようすが、なかなか興味深いです。
No title
おはようございます。

アカエグリバの鑑定ありがとうございます。
No title
> 海山好きさん

アカエグリバの枯葉っぷりには感心しますね。
僕も記事にしたことがあります↓。

アカエグリバ&ヒメエグリバの枯葉擬態
https://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/39199679.html

管理者のみに表示

トラックバック