FC2ブログ

ミミズク似!?エゾギクキンウワバ~冬尺蛾

ミミズクに似た蛾!?エゾギクキンウワバ



ワイヤーフェンスにゴミっぽい感じの蛾がとまっていた。エゾギクキンウワバ──というのは帰宅後調べて判明した和名。現場では正体不明の蛾で、よく見るとおもしろい形をしていたので撮ってみたもの。


胸の背面に平たい耳介状の突起があって、ミミズク(耳蝉)の成虫↓に似ていると感じた。






ミミズク似(?)のこの蛾は初めて見る種類だった。蛾は種類が多く、手がかりが無いと名前を調べるのもなかなか面倒だ。科がわかればある程度絞り込めるのだが、外見から科の見当をつけるのは僕には難しい……。最初はミミズクを連想させる特徴からサカハチトガリバが思い浮かび、その周辺を調べてみたのだが該当せず……。似たような蛾を以前撮った記憶を辿ってイチジクキンウワバの画像を引っ張り出した↓。


これは近いと感じてキンウワバの仲間をさがし、エゾギクキンウワバにたどり着いたしだい。ちなみに、ミミズクっぽい(?)サカハチトガリバはこんな蛾↓。


エゾギクキンウワバはミミズクを連想させる耳介状突起が目をひくが、背びれ風の突起もイイ感じ。そして「あれ!?」と思ったのが翅の中央にある白っぽい条紋だった。




じつはエゾギクキンウワバを見つけたとき、「ゴミのような蛾」と認識したあと、この白条紋を見て「あれ!? 蛾のように見えるゴミ!?」とプチ混乱があった。白い部分が浮き上がったゴミに見え、その下が少しへこんでいる──(蛾の翅にはないだろう)立体的な段差があるように見えた(錯覚した)からだ。




白条紋があることで、実際にはない段差の立体感(錯覚)が強調されて、白っぽいゴミが付着した暗色のゴミの塊のように見えた。ユニークな耳介状突起も尾びれ風突起もボディーラインをかく乱するような効果があるのかもしれない。ゴツゴツした樹皮や枝あるいは枯れ草などにとまっていたら気づくのは難しいだろう。天敵に対する隠蔽効果がありそうだ。
エゾギクキンウワバの幼虫は和名にあるようにエゾギクなどのキク科植物やヒルガオの葉や花弁を食べ、成虫は花の蜜を吸うらしい。成虫の大きさは、こんな感じ↓。


今季初の冬尺蛾クロスジフユエダシャクも出てきた



晩秋の蛾・ニトベエダシャク↑。この蛾が出てくるとフユシャク出現も近い──というようなコトを前記事に記したが、フユシャク(冬にだけ成虫が出現しメスは翅が退化して飛ぶことができないという特徴を持つシャクガ科の蛾の総称)も現われた。




今シーズン初のフユシャクはコンクリート擬木でみつけたクロスジフユエダシャク羽化不全♂だった。その47分後に笹の葉にとまった2匹目のクロスジフユエダシャク♂↑を確認できたので、その画像を採用。
今シーズン初のフユシャクを確認した5日前にはアブラゼミが鳴いていたのだから、今年は季節感がつかみづらい……。


スポンサーサイト



コメント

No title
こいつらって野菜に悪さしません?
幼虫の方か?
No title
クロスジが出てきましたか!
平地もシーズン到来ですね、こちらはまた山に探しに行ってきます。
No title
> ひろ君さん

野菜につく蛾の幼虫も多いですね。エゾギクキンウワバに関してネット上で上げられている幼虫の食餌植物は、エゾギク・ヒメジョオン・アレチノギク・キンセンカ・ダリア・セイタカアワダチソウ・ゴマナ・ヒルガオといったところです。
No title
> 星谷 仁さん

狭山丘陵で11/15に確認しました。まだクロスジフユエダシャク♂2匹(1匹は羽化不全)しか見ていませんが……。
飛んでるのは見ていないので、♀はまだだったのかも?
No title
先ほどは鳥羽蛾を教えていただきありがとうございました。
なんとユニークな蛾がいっぱい。🔖させてくださいね。これから知らない虫たちに出会えるかと思うと嬉しいです^^
No title
> みずきさん

昆虫は種類が多くて、おもしろいのも多いですね。知らずに出会って驚いたり感心したりすることもしばしばです。

管理者のみに表示

トラックバック