FC2ブログ

11月に鳴くアブラゼミ

11月に鳴くアブラゼミ@東京/終鳴日再更新



11月に入ってセミが鳴いているのを初めて聞いた。11月5日・午前11:30頃、アブラゼミの鳴き声が聞こえてきたのでビックリ。午前中は陽が射す時間帯もあったのだが、セミの鳴き声が聞こえてきた時はかなり曇っており、雨が降りだしそうだった。天候的にも時期的にもセミが鳴くとは思いもよらない状況。
先日【もっとも遅いセミの終鳴日】という記事を投稿して、10月30日で今年のセミは終わったかと思っていたのだが……終鳴日は11月5日へと更新された(※追記:このあと更に終鳴日を11月10日へと更新立冬すぎのアブラゼミ!)。
鳴き声をたどっていくと、10月29日に鳴いていたあたりのサクラの梢の方から聞こえてくる。その姿を確認すべく、懸命に眼を凝らして「あのあたり」と思われる枝を見ていくが、加齢による視力の衰えで逆光側が暗くて全然見えない……。
とまっている姿を見つけるのは困難に思われたが、前回のように鳴き終わった後に飛翔して別の枝にとまるかもしれないと思い、監視を続行。しばらくすると予想通り、アブラゼミが飛び立つのが見えた。目標は近くに植えられていた別の桜へと移動。とまった位置までは確認できなかったが、移動後ほどなく鳴き出し、ついにその姿を確認することができた。TG-2で撮るには高かったが、とりあえず証拠として押さえたのが冒頭の画像。不鮮明ながら、これが11月5日に鳴き声・姿・飛翔を確認したアブラゼミである。
撮影しているときに小雨が降り出し、アブラゼミはまた別の枝に移動。再び鳴き始めたものの、すくに鳴きやんでしまった。雨で泣きやむ直前のギリギリのタイミングで11月に鳴くアブラゼミを確認できたわけである。

11月5日の昆虫から

時間は前後するが、この日見られた昆虫の中から……。


松の枝先でヤニサシガメの幼虫が食事中だった。獲物はヒシバッタのようだ。


ヤニサシガメは幼虫で越冬する。
松の枝先を見ていくと、ウバタマムシがいた。ウバタマムシの成虫はマツ類の葉を食べる(幼虫はマツの枯木に穿孔)。


狭山丘陵では1月から12月まで、全ての月でウバタマムシ成虫を見ることができる
ジャコウアゲハの蛹↓。


体を支える帯糸が食い込んでいるのを見ると痛そうに感じてしまうが……これで安定をはかっているのだろうか。


スポンサーサイト



コメント

No title
「ちょっとジイ!星谷さんたら、神無月のセミどころか霜月のセミまで見付け証拠写真を御撮りになってるわよ!・・・おまけに、ヒシバッタの体液を吸うヤニサシガメの幼虫って・・・こんな現場まで・・・ちょっと凄過ぎない!ねえっジイちょっと聞いてんの!?」

ジイ「・・・!・・・?・・・ヒメ・・・このジイ、エロチックなジャコウアゲハの蛹に恋してしまいました・・・」
「・・・?・・・バカねジイ、普通は皆、ジャコウアゲハの蛹の姿を観て怖がるのよ!ほんとにジイは変わり者ね!」
ジイ「・・・ええ、でないと、ヒメの相手は務まりません!」
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

もう少しマトモな画像が撮れたら良かったのですが……とりあえず11月のアブラゼミは証拠写真ということで。

松のヤニサシガメはよく見られるのですが、こんなところまでヒシバッタが来るのかと、ちょっと意外に感じました(もっと地上付近にいるバッタというイメージがあったので)。

お菊虫ことジャコウアゲハの蛹はちょっとなまめかしい感じがしないでもありませんね。
No title
東京も暖かいのですね。神戸も今年は変です。
No title
> シュレーゲル雨蛙さん

今年は虫や花が早目か……という気もしていたんですが、アブラゼミは遅くまで鳴いていたし……ちょっと季節感がつかみづらい年だったように思います。

管理者のみに表示

トラックバック