FC2ブログ

もっとも遅いセミの終鳴日

もっとも遅い油蝉の終鳴日@東京を更新



10月29日にアブラゼミの姿↑と鳴き声を確認し、《もっとも遅いセミの終鳴日(その年の最後に鳴き声を聞いた日)》を更新したばかり(*)だが、翌30日も晴れて気温が高めだったので、もしやと思って同じ場所へ行ってみると……やはりアブラゼミは鳴いてた。10月29日はサクラの樹で鳴いていたが、10月30日はその近くのケヤキの高い枝から鳴き声が聞こえてくる。なかなかその姿を見つけられずにいたが、鳴き終わった後に飛翔し、別の枝にとまるアブラゼミの姿が見えた。
位置が高すぎて不鮮明な画像になってしまったが、とりあえず撮ってみたのがこれ↓。


これが(今のところ)シーズンで最も遅くまで活動していたアブラゼミの姿。この枝にとまるとすぐに鳴き始めた。10月30日にはアブラゼミの姿と鳴き声、そして10月29日には確認できなかった飛翔も確認できた。また、画像の個体を撮っているとき、近くの木で別のアブラゼミも鳴き始めた。2匹目の姿は確認できなかったが、10月30日には2匹のアブラゼミが健在だったことになる。


あくまでも個人的な記録ではあるが、この日(10月30日)が(僕の)《もっとも遅いセミの終鳴日》となったので記しておくしだい。
※【追記】このあと更に終鳴日を更新立冬すぎのアブラゼミ!

ついでにこの日みつけたプチ大魔神──こと(?)アゲハの蛹↓。


この蛹はこのまま冬を越し、(寄生されていなければ)来春羽化するのだろう。

11月に入って、まだセミが鳴いていたらアッパレだと思って同じ場所に行ってみたが、アブラゼミはもう鳴いていなかった。
かわりに今シーズン初のケンモンミドリキリガが見つかった。


美しいこの蛾には「フユシャクの前触れ」という印象がある。毎年、ケンモンミドリキリガを目にするようになると、まもなくフユシャクが現れる。


スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック