FC2ブログ

長生きほど人生は短い!?時間の逆転現象

長生きするほど人生は短くなる!?時間の逆転現象

歳をとるにつれて時間が経つのが早く感じられる……というのは多くの人が経験していることだろう。どうしてそのように感じるのかについては僕なりの考えを以前記している(*)。最近は、時間の加速感を超えて時間の逆転現象!?を感じるようになってきた。

「40日の夏休みがとてつもなく長く感じられた小学生のイメージする60年」と「1年がいつの間にか過ぎてしまう60歳の実感する60年」では主観時間はかなり違うだろう。「小学生にとっての60年」より「60歳にとっての60年」は短く感じられるはずだ。
よく「人生は短い」と言うが、これはあくまでも年配者の感覚で、年少者にはピンとこないのではなかろうか? 歳をとることで人生を短いと感じるようになるのだとすれば、これは「長生きするほど、人生(主観時間)は短くなる」すなわち《時間の逆転現象》と言えなくもない。
時間の加速感については20代の頃から感じていたが、最近は歳をとるほど、「振り返ってみれば人生は短い」感が増すのではないか……と思うようになったしだい。

例えば……10歳のときのことを35歳のときにふり返れば25年前のことである。「ずいぶん経ってしまったなぁ」と子ども時代が遠くになってしまったと感じる。これが60歳になって10歳をふり返ったときは、もう50年も前のことになり「35歳のときにふり返ったときの倍も時間的に遠ざかったことになる」──はずなのだが、じっさいはそれほどの実感が無い。というよりむしろ35歳でふり返ったときより60歳になって振り返った10歳の方が「ついこないだ感」があるような気さえする!? 客観的には遠ざかっているはずの過去が、主観的にはむしろ近づいているように感じる──これも記憶上の《時間の逆転現象》と言えるだろう。

現時点の自分と過去の(10歳の)自分──物理的な時間差は刻々と広がっているわけだが、その時間差を実感するのは、その間に蓄積した記憶層の厚みだろう。時間の経過とともに記憶層には新たな出来事が書き加えられ厚みを増していくわけだが、一方、忘却の侵食によって減っていく部分もある。若いうちは記憶力も確かだし、忘却の侵食を受ける記憶層の厚み自体が少ないので記憶層の厚みは喪失部分より新たに書き加えられるボリュームの方が大きい──総量としての記憶層は厚くなる。しかし歳をとると記憶力が弱まり忘却力(?)が強まるので新たな書き込み量は減少し、長年貯えられてきた膨大な記憶層の中から呼び出せなくなる忘却量の方が勝ってくる。このため、現時点の自分と過去の自分を隔てる記憶層の厚みは減少し、昔のことが以前よりも接近して感じられるようになるのではないか。

若い頃はいつどこでどんな経緯で何があったのか──個々のイベントを時系列で「地続き」に思い返すことができたが、今や過去のイベントの記憶は断片的で、「飛び地」のように分断していがちだ。若い頃の記憶は引き潮のとき海面にあらわれた岩礁のようなもの──ボリュームがたっぷりあって地続きになっていた。これが歳をとってくると忘却の潮が満ちてきて記憶の岩礁は忘却の海面下に没して行く。海面上に残された岩礁はボリュームを失い、飛び地状態の記憶が増えていくことになる……。
飛び地状態になった記憶は「あれは、いつの事だったか……どういう経緯でそうなったのか」記憶が地続きでないので前後の繋がりがハッキリしない。「あれは本当にあったことだったのだろうか? あるいは夢や想像の中の出来事だったのではないか?」などと記憶されたイベント自体が怪しくなっているところもある。

歳をとったことで、知識の総量は増え理解力は深まったように思うが、記憶の総量としては目減りしている……最近とみに忘却の侵食が進んでいる気がしないでもない。若い頃に感じていたより「人生は短い」と実感するようになったのは、そのあたりに起因するものではないか……そんなことを考える今日この頃である。このまま忘却の海面が上昇し続け、記憶の岩礁全て忘却の海に沈むときがきたら……それが「死」なのかもしれない!?


*時間の加速感

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

*時はどんどん加速する
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-569.html

■エッセイ・雑記 ~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

スポンサーサイト



コメント

No title
星谷仁讃江

和尚は69歳のこの歳でジョブしております。
コズカイ稼ぎではなく
生活の為ですが
40人中正社員は8人
そこを退職した65歳までの
ジジババ
日本語の話せないブラジル4世
明らかにコロンビア・ボリビア人
40歳の未婚の派遣女性などなど・・・(;´Д`)
昭和時代の生産設備で
トヨタ方式のジャストインタイムの
超アナログなジョブです。
日本の現在の現実ですね
比叡山千日回峰の修験者の如く
ただ唯、安全・正確・迅速を
一心不乱に虚心坦懐な動作を続けていると
亡き母の事など想い出し
両眼にジワット熱くなるものを感じるのです
四国88ヵ所霊場巡りなど
必要のない状況になりますよ(^_-)-☆
やはり、
加齢現象でしょうねぇー
そして、小学生じだいや
未満児時代の頃が
思い出されてくるのです・・・(-。-)y-゜゜゜

楽画きにがお絵和尚より
No title
「分かるわ~~~!」と、納得しつつ拝読させて頂きました!

近頃、忘却の侵食が激しくて・・・(とっても生きやすい気分です)
「・・・海に沈む己を想像して、神様は、(やっと死ねる)と想えるほどの辛い経験をさせて下さった・・・」と、いま、ふと思いました・・・
No title
> 楽画きにがお絵和尚のディープ日記さん

歳をとってくると最近の事は思い出せないのに、子ども時代の事が妙に鮮明に蘇ってきたり……当時がむしろついこないだのことのように感じられる気がして、こんな解釈をしてみました。
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

昔から記憶するのは苦手でしたが、最近とみに忘却力がアップしたように感じています。でも、子ども時代の事はけっこうリアルに蘇ったりするんですよね……。
No title
タイトル「長生きするほど人生は短くなる」見た時は、なんだ!?
読んで、「う~ん」実感、考えさせられますね。
No title
この心的相対性理論によると、子供の目に入ってくる光は光速であるにしても、子供の脳味噌のほうが光速以上で運動していることになるのでしょうか。
永遠に近く生きるためには子供時代にワープすればよいということになりますが、これは物理的というより、生物学的にはより簡単なような気がしますね。若い人の血液を老人に輸血すると若返るというようなことはもうすでに行われているようですし、、、
No title
> 山鳥花さん

タイトルやカテゴリをどうしようか迷ったのですが……。
実感として感じているコトについて思うところを記してみました。
No title
> isannkmwさん

子どもと年配者の時間感覚の違いについては以前【時間の加速感】の記事で記していますが、ひとつに代謝速度も関係しているのではないかと思っています。子どもは年寄りより代謝が活発なので1日が長い……。

輸血による若返りは知りませんでしたが、だいぶ以前、ネズミを使った実験で若い個体と老個体の血管を繋げ血液が循環するようにすると、(老個体が若返るのではなく)若い個体が老化する──という実験は(テレビで)見たことがあります。
No title
しかし、歳を得てこんなに時間が短く1日があっという間になったのにちょっと前のことを思い出すことが難儀でございます。
No title
> はにわ☆ぽちさん

記憶の空き容量がなくなってきたのか、最近のコトは覚えにくく、思い出しづらくなってます。それに対して子どもの頃の記憶って、意外に鮮明に脳裏に蘇ったりするんですよね……。

管理者のみに表示

トラックバック