FC2ブログ

ホシヒメホウジャクと寄生蠅!?

ハチドリちっくなホウジャク(蜂雀)の仲間



花壇などで花から花へとせわしなく移動し、ホバリングしながら蜜を吸うホウジャク(蜂雀)類をよく目にする。スズメガ科の蛾なのだが、子どもの頃はこれが蛾の仲間だとは思ってもみなかった。高速で羽ばたきながら空中に停止して蜜を吸う姿はテレビで見たハチドリのようだ──ということで、僕の中では「ハチドリ虫」だった。


ホウジャク(蜂雀)類の英名は「humming‐bird moth(ハチドリ蛾)」だそうで、この呼び名にはうなずける。たまに(日本国内で?)ハチドリを目撃した──というブログを目にすることがあるが、おそらくホウジャク類を誤認したものだろう。今回とりあえず撮ってみたのは、ホシホウジャク。オオスカシバよりも一回り小さい。よく見かけるのだが、飛行中は、せわしなく花から花へ移動するので、なかなか接写できない……。

ホシヒメホウジャクと寄生蠅



ホシホウジャクをさらに一回り小さくしたようなホシヒメホウジャクが植込みの葉かげにかくれていた。飛んでいるとハチドリのようだが、とまっていると枯葉のように見える。こういう状態だと接写しやすい。
このホシヒメホウジャクは見つけた時は翅を立ててとまっていた(羽化直後の蛾はよくこんな形をとるのでこの個体も羽化したところだったのかもしれない)。撮り始めるとハエが1匹飛来してホシヒメホウジャクの背中にとまった。


ハエはホシヒメホウジャクを虫とは思わず枯葉のつもりで舞い降りたのだろうか。撮影のジャマだなと思っているうちにハエは飛び去り、撮影続行。と、ほどなくあのハエが舞い戻ってきた。これは枯葉と間違えてとまったのではなく、蛾を狙って飛来した寄生蠅ではなかろうかと気がついた。


ハエはその後も消えたり現われたりを繰り返した。


その間、ホシヒメホウジャクは翅を開いていった。そこで背面ショットを撮影。


──と、そこへまたまたハエが現われた。


ホシヒメホウジャクとのツーショットを撮った後、ハエは飛び去ったので改めて背面ショットを撮影。


ハエはそのまま戻って来なかったので、ホシヒメホウジャクにまとわりついた目的を確認することはできなかった……と、その時は思ったのだが。帰宅後、撮影した画像をパソコンで確認していたところ、ハエが現れてから去る間に、ホシヒメホウジャクの背中に卵らしきものが出現していることに気がついた。


ヤドリバエの産卵 before & after!?


寄生蠅というとイモムシがターゲットにされることが多い印象があったが、蛾の成虫に産卵するものもいる──ということで記録しておくことにした。

枯葉チックなヒメエグリバ

蛾つながりで……前回、記事にしたばかりのヒメエグリバだが、その後また見つけたので、撮ってみた。以下、同一個体。
















スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
ホシヒメホウジャクも、動かなければ枯れ葉そっくりですね!
あのくにゃくにゃっとした全体像に憧れます。
・・・寄生バエですかねっ!?・・・
寄生バエにもタイプが多々あるようですけれど・・・
成虫に卵を産み付けた・・・としたならば、ウジはどうなる?
幼虫や幼虫の食草に産み付けるタイプは耳にしまうけれど・・・
成虫に産み付けるとは面白いですね(確かに卵に観えますし、ハエの執拗な執着は寄生バエを匂わせますね)
ホバリング上手のホシヒメホウジャクが何故ハエに敏感に反応しないのか?・・・そこのところも気になります・・・
何れにしても、非常に興味深いお写真ですねっ!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

ホシヒメホウジャクのしおれた枯葉感もなかなかですね。
カメムシの成虫の背中に寄生蠅の卵がついているのは見たことがありますが、蛾の成虫に卵を産むものがいるというのは、今回初めて知りました。
寄生蠅については知らないことだらけで、卵がこのあとどういう成長の過程をたどるのか……さっぱりわかりません。
ホシヒメホウジャクが飛び立たなかったのは、羽化してまだあまり経っていなかったからではないかと思っています。寄生蠅は羽化後の新成虫を狙ってくるのかも……なんて想像もしてみたり。
No title
まさに枯葉ですね。寄生ハエ、寄生蜂など生き物の中には不思議な世界があるんですね。ナイス!
No title
> 四季の風さん

枯葉擬態も生き物の生存戦略の中で洗練されてきたのだと思いますが、寄生・共生など、生物同士の絡み合いは複雑で興味深いですね。

管理者のみに表示

トラックバック