FC2ブログ

充実していた『カメムシ博士入門』

おもしろく充実していた『カメムシ博士入門』



『カメムシ博士入門』(安永智秀・前原諭・石川忠・高井幹夫/全国農村教育協会)という本が9月に出版されていたのを知った。内容は↓のサイトで確認できる。


面白そうだったので、書店(蔵書検索で在庫を確認)へ行って、実際に実物を見て購入するか否かを決めることにした。
書棚で見つけた時の第一印象は「でかい……(B5判)」。ウチは狭いので置き場的には場所をとるやっかいなサイズ……と感じながら手にとって開いてみると、画像満載(オールカラー/※捜査型電子顕微鏡写真はモノトーン)。小さなカメムシの体を大きなサイズで見ることができるので、好ましい印象に変わった。ページをめくっていくと、どのページも面白い。解説内容も興味深いし「目をひく画像」が視覚的にも楽しめる。ということで、迷うことなく購入を決定。

見慣れた種類からまだ出会ったことがない種類まで、いずれも楽しく見る(読む)ことができた。知らなかったことに感心し、知っていたことは判りやすい画像で改めて確認・納得することができた。
生態写真には、野外で虫を見つけた時のようなワクワク感がある。
標本づくりや同定を目的に虫見をしているわけではない僕のような素人には、専門的な図鑑より、こうした入門書があっているようだ。種を特定するための図鑑とはまた違った……カメムシ本来のおもしろさ・魅力を伝えている本だと感じた。
カメムシ本では、以前、『いたずらカメムシはゆかいな友だち』なんてのを読んで、「実際に虫を見ていない人が、にわか知識で書いた」感にフラストレーションがたまったこともあったが、やはり現場でカメムシを見てきた人たちが作った本には訴えるものがある。
久々の「買って良かったと思える本」だった。

ということで内容については充分満足している。ただ……欲を言えば、ということで……。

載っていたらいいな…と期待していたコト

じつは、購入前に「載っていたらいいな」と密かに期待していたことがいくつかあって、それについてはかなわなかった。

カメムシが脱皮や羽化の後で行う《抜け殻落とし》──僕はいくつかの種類で確認して、おもしろい行動だと興味を持っている。おそらく、寄生蜂や寄生蠅、アリなどを呼び寄せる手がかりとなる抜け殻を自分たちの生活圏の外へ隠滅する意味があるのではないかと考えているのだが、こうした行動について専門家がどう理解しているのか気になっていた。「やっぱり専門家もそう考えているのか」というお墨付き(?)を密かに期待していたのだが……「脱皮と羽化」という項目はあったものの《抜け殻(羽化殻・脱皮殻)落とし》↓についての言及は無かった。


※【羽化殻落とし@アカスジキンカメムシ】より↑。これもアカスジキンカメムシ↓。


※【《抜け殻落とし》の瞬間!?】より、アカスジキンカメムシの羽化殻落とし↑と抜け殻落とし↓。





羽化後、まだ翅が茶色になっていない【チャバネアオカメムシの羽化殻落とし】↑。
エサキモンキツノカメムシの羽化殻落とし↓。


※【ハート亀虫羽化 見守るキリスト!?】より↑。

また、個人的に興味があるユニークなハリサシガメについても、人気アップをはかって(?)その魅力がアピールされていることを期待していたのだが……ハリサシガメについては「保護色と擬態」というページに《捕食したアリを背負うハリサシガメ4齢幼虫》というキャプションで、ちょっと判りにくい画像が1枚掲載されていただけ。もう少しスペースを割いて欲しかったという気がしないでもない(個人的希望)……ということで、過去のブログ記事から、僕が撮ったハリサシガメ幼虫の姿を↓。


土粒をまとい、捕食したアリの死骸を背負ったハリサシガメ幼虫。画面右が頭部(触角の付け根に複眼がのぞいている)↑。画面左が頭部↓。


アリの頸に口吻を刺して体液を吸うハリサシガメ幼虫↓(画面右が頭部)。


※【パリコレならぬハリコレ~ハリサシガメ幼虫:擬装の意味】より↑。

ハリサシガメについては(最近気づいたがアカシマサシガメも)、前脚と中脚の脛節には、僕が《脛当》てとか《レガース》と勝手に呼んでいる器官があって、これについても正式な(?)名称や解説を期待していたのだが、触れられていなかった。




※【ハリサシガメのレガース】より↑。


※【台風一過のプチ地蔵】より↑。
『カメムシ博士入門』の「カメムシの脚②」という項目では、グルーミング・コーム(脛節櫛)という器官が紹介されていた。カメムシが口吻を前脚の脛節先端ででしごくようにつくろっている姿はよく見るが、このとき掃除に使われるブラシのようなものらしい。これを読んで僕がレガースと呼んでいるものは、グルーミング・コームが発達したものではないかと考えるようになった。

他にも、ヤニサシガメのベタベタは分泌物なのか松ヤニなのか?──についてなど、カメムシについて知りたいことは色々あったわけだが、そうした個人的個別の疑問に答えを求めるのは虫の良い期待だろう。
『カメムシ博士入門』が充実した面白い本であったことに間違いはない。

スポンサーサイト



コメント

No title
面白そうな本ですねっ!是非、今季の読書週間中に購入したいと想います。
専門家の方によるお墨付き記事(内容)が欲しいですよねっ!
素人では(ああかな?こうかな?こうなんじゃないのかな?)と想ってみても・・・所詮はそこまで!的なところがありますし・・・
専門家の方と繋がりがあれば、共同の研究や、監修も頂けるのでしょうけれど・・・なかなかその辺りが難しいですよね・・・
先日のTV番組のように、星谷さんの素晴らしいお写真や考察が、いつか日の目をみる!
そうなることを願っております・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

税込みで三千円弱……虫屋ではない僕には、やや高めの金額でしたが、書店で内容を見て──カラー写真満載なので、これは安いと思いました。
どのページを開いても、見ていて楽しい本です。今まで買った昆虫関係の本の中では一番オトク感があったかも(笑)。

テレビを離脱しているので(現行放送が映るテレビがない)、先日の番組で画像が使われたのかどうかも確認していませんが……今はブログで個人の観察なども発信できるので、便利な世の中になったなと感じています。

管理者のみに表示

トラックバック