FC2ブログ

翅多型のハリサシガメと前胸背紋



翅の大きさや前胸背の紋に変異があるハリサシガメ

この夏は猛暑のためか期待していたほどには観察できなかったハリサシガメ。9月半ばに衰弱した♂と♀がみつかり、今シーズンはこのまま終わってしまうのではないかと心配していたが、涼しくなって再び石垣に姿を現すようになった。


雨上がり──乾き始めた石垣の上にあらわれたハリサシガメの成虫。


ハリサシガメは翅の大きさに変異が多い翅多型の昆虫。この個体は翅が長い長翅型↑。湾曲してしゃくれた腹からオスであることが判る
『日本原色カメムシ図鑑 第3巻』(石川忠・高井幹夫・安永智秀/全国農村教育協会)にはハリサシガメの特徴として《後葉(前胸背の下側)に4つの黄褐色の楕円紋が横一列に並ぶ》と記されているが、この個体にはその紋が無い。


前胸背側角の部分をのぞいて前胸背後葉(前胸背の下側)の紋が消失した個体も多い。
この翅多型♂↑を撮っているうちに、その下にもハリサシガメの成虫がいることに気がついた。


落葉の上に現われたハリサシガメ成虫はオス。翅は前述の長翅型個体よりも短め。前胸背の後葉には紋がある個体だった。


石垣の下側にとまっていた成虫もオスで、前胸背の紋がある個体だった↓。


ちなみにこの3匹の成虫♂の位置関係は──↓。


ハリサシガメは見られない時はまったく見つからないが、見られる時は複数が狭い範囲に集まっていることも多い。成虫になっても集合フェロモンのようなもので集まってくるのか、それともエサとするアリの巣の近くに自然と集まるようになるのか、あるいは近くに潜んでいるメスを探して集まって来たのか……。3匹のオスはいずれも翅は長め──長翅型と準長翅型(?)といったところ。
準長翅型(?)よりさらに翅が短い──中間型のハリサシガメ成虫↓。


前胸背に紋があるこの成虫↑はメスだったが、すぐに石垣のすきまに逃げ込んで姿を消した。少し離れたところで見つけた、前胸背の紋が薄い中間型の翅を持ったメス↓。




さらに翅が短い──短翅型の成虫♀↓。


翅が小さいため、腹部背面の大部分が露出している。




僕が見てきた範囲ではハリサシガメはオスに長翅型が多くメスに短翅型が多い。この短翅型♀の近くにいた長翅型♂↓。


この長翅型♂には前胸背の紋があった。


まだ活動している複数のハリサシガメを見て少し安心したが、やはり活動は終焉は近づいているのだろうか? 雨上がりの石垣付近で、またハリサシガメ成虫の死骸を拾った↓。


この死骸はメスで、腹が膨らんでいる──卵が詰まっているようにも見えるが、産卵を終える前に死んでしまったのだろうか? 翅はボロボロだったが、中間型のよう。前胸背後葉の紋がある個体だった。


ハリサシガメの翅の大きさや前胸背の紋の変異はどうして起こるのだろう? その意味するものが(あるのか無いのか)何なのか──気になることの1つだ。


スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック