FC2ブログ

9月の天狗セプテング!?他

9月前半のテングスケバ

8月にも2度紹介しているが……9月前半にも見られたテングスケバ──いると、つい撮ってしまいたくなる昆虫の1つ。9月(September)のテングスケバ……ということで、略してセプテング(!?)。特に目新しい発見があったわけではないが、9月前半に撮っていた昆虫の画像をいくつか。


葉上のプチ天狗。もっと人気があっても良い虫なのではないか……と、応援の意味を込めて(?)魅力的な姿を機会あるたびにアピールしてみる!?












テングスケバ(科)はカメムシ目(半翅目)。ということで……。

カメムシ目つながりで…



ハリサシガメの観察ポイントでもある石垣でみつけたカメムシ。フタモンホシカメムシの長翅型(短翅型もある)ではないかと思うが、よく似た種類にクロホシカメムシというのがいて、腹面の違いを確かめないと正確には両種を見分けるのが難しいらしい。


一部に「青リンゴの香りがする」と噂があって(?)、先月も嗅いでみたオオクモヘリカメムシ


以前、擬木で見かけた時は感じなかったが、こうして緑色の葉の上にとまっていると、体の緑色の部分が葉に溶け込んで、意外に(?)隠蔽効果が高そうだ。全身緑色でもよさそうな気がするが、そうなると「葉の緑」と「カメムシの緑」のわずかな色あいの違いがかえって目立って体の輪郭が悟られやすくなるのかもしれない。翅がベージュであることで、ベージュと緑色という大きな色格差に(捕食者の認知が)陽動され、「葉の緑」と「カメムシの緑」のわずかな色格差が認識されにくくなるということ(=ボディラインの隠蔽)は、ありそうな気がする。
もっともオオクモヘリカメムシは悪臭の武器を持っているのだから(これが捕食者に対して忌避効果があるのなら)むしろ目立つ警告色であった方が生存率が高まるのではないかという気もするが……カメムシのニオイと体色の関係はそう単純ではないのかもしれない。
体色が緑色のカメムシは葉の上では目立たないのだろうが……ケヤキの樹の幹で目立っていたフトハサミツノカメムシ♀↓。


フトハサミツノカメムシ♀はヒメハサミツノカメムシ♀とよく似ているが、フトハサミツノカメムシには前胸背の後側縁に歯状突起があるので、その有無で他種と識別できる。
やはりケヤキの幹にいたツノカメムシの幼虫↓。


カメムシ臭を放つ臭腺開口部(開孔部)は、幼虫では腹部背面に位置している(ツノカメムシ科は3対で6個)。


↑と少し違う感じもするが……やはり、ケヤキの幹にいたツノカメムシの幼虫↓。単に成長度合い(幼齢)の違いなのか、別種なのかはよくわからない。




幹の上では、ヨコヅナサシガメの幼虫に捕まり体液を吸われているカメムシの姿もあった……↓。


松の枝先にはマツアワフキが隠れていた↓。


アワフキムシはカメムシ(科)ではないが、カメムシ目(半翅目)の昆虫。


スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは。
テングスケバは面白い昆虫ですね、ナイス!おかげさまで私も、9月初旬にテングスケバを見つける事が出来ました。桑の木の垣根に5、6匹いました。
9月7日の私のブログに掲載しております。
No title
> nika4さん

拝見しました。きれいな画像でテングスケバの魅力がバッチリですね。
テングスケバ・ファンが増えることを願っています(笑)。
No title
こんばんは・・・
テングスケバの持つ、青味がかった緑のストライプには、どのような意味・効能があるのでしょう?
あの柄を持つことで、より、植物と同化できる。そんな効果があるのかな?なんて・・・テングスケバ様のお美しい姿を眺めながらフッとそんなことを想ってしまいました・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

シャープでキレイなストライプは目をひきますね。
青みがかった青い緑色の部分はわずかに隆起していてオレンジ色の部分は窪んでいるようです。外骨格の強度を増す構造だと思うのですが、こうした凹凸で色が分かれているので、体が形成される過程で色の違いが出るのだろうか……などと想像しています。
捕食者から見て、ピントかく乱(両眼視差を誤認させる?)効果みたいなものでもあれば面白いのですが……それはちょっとムリかも。
No title
毎回のことながらよく観察されて興味いっぱいです。こちらはキンカメムシの幼虫が孵ったところです。ナイス!!
No title
> 四季の風さん

昆虫を含め、自然物をじっくり見て感じたり考えたりすることは大事な気がします。ヒトは本来、自然物ですが、人工物の中で暮らしているとその感覚が鈍りがちなので、身近な自然物に意識を向けることで、本来の(?)感覚を再発見するというか……。
No title
カメムシもいろいろなんですね~ピーマンのまわりにいます。バッタもいろいろめづらしいのがいますね
No title
> YumimIさん

カメムシも種類が多くて、地味なものから派手な美麗種まで色々います。
昆虫の多様性には驚くばかりです。

管理者のみに表示

トラックバック