FC2ブログ

葉上のファンシー昆虫!?テングスケバ

葉上のファンシー昆虫!?テングスケバ



クワの葉の上にたたずむテングスケバ。体長10~13mmほどだが、ちょっと見映えがする昆虫。イネ科植物に生息するというが、この時期、開けた場所に生えたクワの若い木をのぞくと成虫が見つかる。


これまでにも何度か投稿しているし(*)、何か目新しい発見があったというわけでもないのだが、見かけるとつい撮ってしまう。そんなテングスケバにの魅力をあらためて記してみると……(あくまでも個人的感覚)。
①ぷちサイズのバッタのようで可愛らしい。
(尖った頭がショウリョウバッタやオンブバッタを連想させる──そのぷちサイズ。折りたたんだ後脚でジャンプするのもバッタっぽい。しかし実際はバッタの仲間=直翅目ではなく、半翅目の昆虫)
②あわい青緑色とオレンジ色のストライプがオシャレ。脚にも黒いストライプが走っており複眼も縞柄という、徹底したストライパー。
③バッタにはない、透明なマントのような翅をまとっている。
──ということで、僕の中では「ストライプ・バッタモドキ」なファンシー昆虫。










スポンサーサイト



コメント

No title
こんにちは・・・
このテングスケバ様(なぜか、テングスケバには様の字が似合うような気がして・・・)には、かつて一度も出会えたことがありません。散策不足が原因なのでしょうか?・・・どんなに珍しいチョウ・虫よりも、出会ってみたい虫の一種です・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

こちらではこの時期、クワの幼木を探すと見つかる──と知ってからは、クワを見ると、つい探してしまいます。
比較的開けたところ──草むらの中に生えている背の低いクワで見つかることが多いように思います。あるいは幼虫時代は周囲のイネ科の草で育っていて、この時期になると成虫がクワに集まってくるのかも?……なんて想像もしているのですが、サダカではありません。

管理者のみに表示

トラックバック