FC2ブログ

ハ裏!?針!貼り?サシガメ

ハ裏サシガメ!?針刺亀!貼りサシガメ?



雑木林のふちにある石垣。そこに現われた《小さな【ハ】の字》──ハリサシガメの成虫。今年は暑かったせいか、7月後半~8月前半にかけて遭遇頻度が少なかった。成虫は黒い体に淡いペールオレンジの【ハ】の字模様が映える。


成虫が頭を下にした時に──つまり逆さの状態で「ハリサシガメ」の【ハ】に見える模様は、《逆【ハ】の字》といえる。《【ハ】の字》を横軸で《裏返す》と、このサシガメ(捕食性カメムシ)の模様になるわけだ。


独特の模様を《【ハ】裏(り)》と読んで、ハリサシガメ──というのは僕のこじつけ。ヨコヤマトラカミキリTokyoToraカミキリと同じ。(キアイを入れれば?)名前を表すトレードマークを背負っているように見えなくもない。


逆ハの字模様は、墨を流したような翅にあるのだが、この翅の長さは個体によってかなり差がある(【ハリサシガメぷちまとめ2】にも比較画像を載せている)。


オスの方が翅が長くメスは翅が短いことが多いように感じるが、個体差が大きい。成虫は側方から見ると、腹の形でオスかメスかがわかる


ハリサシガメ成虫♂の腹は湾曲して凹んでいる(♀の腹は膨らんでいる)。
横から見ると、背中の小楯板からつきだしたトゲ状突起が目を引く。


ハリサシガメは動植物名よみかた辞典 普及版によると漢字表記が「針刺亀」となるらしい。「針」のようにとがった棘状突起が和名の由来ではないかと想像しているのだが、本当のところは(僕には)わからない。この突起が由来ならば、トゲサシガメでも良かったのではないか……そう思わないでもないが、トゲサシガメという名前の昆虫は別にいるので、ハリ──になったのだろうか?


こちら↑は、やや翅が短めのメス。


側方から見ると腹は膨らんでボート型をしている。
ハリサシガメの幼虫は土粒をまといアリの死骸等をデコレーションしているので、ボディーラインはわからない……。




どっちを向いているのかわかりにくいが↑、画面左に突き出した触角の付け根が頭。
別個体のハリサシガメ幼虫↓。




幼虫は色々なモノを体に貼り付ける──これはハリサシガメのとてもユニークな特徴だ。《貼り》付けるサシガメ──貼りサシガメ→ハリサシガメという意味合いも兼ねて【ハリサシガメ】になったのではないか……というのは、深読みしすぎであろうか?


スポンサーサイト



コメント

No title
お初です。幼虫は圧倒されまくりです。

傍で見てみたいです。( ^o^)!
No title
> まあささん

クサカゲロウの幼虫がデコるのは知っていましたが、カメムシでこんなコト(擬装デコレーション)をするものがいるとは知らなかったので、初めてハリサシガメ幼虫を見た時は驚きました。
1匹1匹、デコ素材や配置が違うので、何度見ても飽きることがありません。
No title
よく見ると恐ろしい顔してますよね。見た事がないのでなんとか実物みたいですね。ナイス!!
No title
> 四季の風さん

顔は独特の雰囲気がありますね。僕はコンドル(鳥)を連想してしまいます。

管理者のみに表示

トラックバック