FC2ブログ

擬装する幼虫

擬装する幼虫









植物片(?)を身にまとったアオシャクの仲間の幼虫↑。7月上旬に撮ってトリミングしキャプションもつけていたのだが、投稿する機会がないまま……このままでは時期外れ→お蔵入りになってしまいそうなので、擬装昆虫ネタで投稿しておくことにした。一見ゴミにしか見えないアオシャク幼虫の装飾は天敵の目をあざむくためのものだろう。

ナショジオ《驚異の装飾系動物6選》に選ばれた幼虫は

装飾する生き物は色々いるが……以前、ナショナルジオグラフィック日本版サイトに『自らを飾る驚異の装飾系動物6選』という記事がアップされていた。2015年6月16日付けだが、現在も見ることができる。「レディー・ガガなど目じゃない自然界のベストドレッサーたち」という副題とともに紹介されていた「奇抜なファッションに身を包む動物」は、モクズショイ(カニ)・トビケラの幼虫・イノシシ・サシガメ・ヒゲワシ・クサカゲロウの幼虫だった。数ある装飾系動物の中からどうしてこの6種が選ばれたのか良くわからないところもあるが……「6選」の中の3種が昆虫(トビケラの幼虫・サシガメ・クサカゲロウの幼虫)だった。
「トビケラの幼虫」については画像が示され《トビケラという水生昆虫の幼虫の多くは、身の回りにある材料をつかって自分用のハードケース(ケーシング)をつくる。体から出した糸で材料を綴り合わせ、捕食者から身を守る頑丈なよろいに仕上げるのだ》という文章が添えられている。
最後の「クサカゲロウの幼虫」は画像無しだったが、よく見かける虫だし、この仲間で擬装するものがいることはよく知られている。以前僕が撮った画像から↓。


自らを飾る驚異の装飾系動物6選』の記事の中では《クサカゲロウの幼虫はアブラムシを食べるが、その際、アブラムシが分泌する綿毛のようなロウ状物質を自分の体に移すことで、アブラムシの世話をするアリから身を守ることができる。実験では、クサカゲロウの体からこの衣を剥ぎ取ってしまうと、アブラムシと協力関係にあるアリから侵略者と認識されて追い払われてしまうという》と紹介されている。
クサカゲロウ(の仲間)の話題ついでに……1年前にリトリミング&キャプションをつけてそのままになっていた画像↓もこの機会に……。


サクラの花外蜜腺にきていたので「クサカゲロウの幼虫も花外蜜腺を利用するのか」と意外に思って撮っておいた画像↑(幼虫は画面左を向いている)。過積載ぎみに背負っているのは植物片だろうか?

自らを飾る驚異の装飾系動物6選』の記事に戻って……「トビケラの幼虫」と「クサカゲロウの幼虫」はわかるが……「サシガメ」というのが、多くの人にはピンと来なかったのではなかろうか? 記事につけられていた画像は装飾していない普通の(?)サシガメ成虫。キャプションには《この写真には写っていないが、サシガメは捕食者から逃れるためにアリの死骸の山を背負うことがある》と記されていた。
これはハリサシガメ──これ↓のことだろう。








ハリサシガメの幼虫は捕食後のアリをデコる。これ↑はおそそらく4齢か5齢ではないかという気がするが、近くにいたやや小さい──3齢ではないかと思われるハリサシガメ幼虫↓。


ハリサシガメ──こんな昆虫がいることを(僕が)知ったのは2年前。一般的には知名度は低い昆虫ではなかろうか。ナショジオの記事でアリの死骸をデコったユニークにして魅力的な(?)ハリサシガメ幼虫の画像がなかったのは残念だ。しかし、ハリサシガメなら《驚異の装飾系動物6選》に選ばれるのも納得できる。


スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック