FC2ブログ

モモブトスカシバの透かし翅

モモブトスカシバはセセリチョウ似!?



風変わりな蛾・モモブトスカシバが、ドクダミの葉の上にとまっていた。先日初めて見た時は葉の上の汚れだと思って見落としかけたが、このユニークなフォルムは1度見たら忘れない。今回は目に入った瞬間にそれとわかった。
撮り始めるとアリのジャマが入ってモモブトスカシバは飛んでしまった──が、すぐに近くの葉の上にとまった。


実物を見ている時には感じなかったが……画像で見ると、ちょっとセセリチョウの仲間に似ているかも!?──と気がついた。そこで比較用に過去の記事【だらだらマダラ…】からキマダラセセリの画像を再掲載↓。


こんな姿勢でとまっているキマダラセセリを背面から見ると輪郭がモモブトスカシバに似ている。そして、独特の触角の先端の形(この特徴をもつチョウはセセリチョウだけらしい)も似ている。


背面ショットでは輪郭が似ているが、キマダラセセリの左右に張り出しているのは後翅、モモブトスカシバの左右に張り出しているのは深い毛が密生した長い後脚──構造的には別ものだ。それでも形が似ているとなると擬態の可能性を考えたくなるが……モモブトスカシバとキマダラセセリ──どちらがどちらに似ていたからといって、それでメリットがあるとも思えない。どちらかに毒でもあれば、もう一方が似ていることで天敵に敬遠されやすくなるという擬態のメリットが考えられるのかもしれないが……そんなこともなさそうだ。
それに、背面からの画像では輪郭が似て見えるが、実際目にするとキマダラセセリには立体感があり、モモブトスカシバは平面的なので、印象はずいぶん違う。


(※【だらだらマダラ…】から再掲載↑)


そんなわけで、実物を見ると体型的には似ている印象はないのだが……ただ、なぎなたを連想させるユニークな触角の形が似ている点が不思議な気がする。モモブトスカシバとキマダラセセリ──全く違う種類ながら、触角の形が似ているということは……触角の機能で何か共通する働きがあるのだろうか?

モモブトスカシバの透かし翅

そんなことを考えながらモモブトスカシバを撮っていると、またもや葉の上にアリがあらわれ、モモブトスカシバはさらに別の葉の上へ移動。スカシバの仲間は翅が透明でハチっぽく見えるものもあるが、モモブトスカシバはとまっている時も飛んでいるときも翅が透明なことがわかりづらい。


光線のかげんで、翅の透明な部分がテカっているモモブトスカシバ。
このあとモモブトスカシバはイネ科植物の葉の上へと移動した↓。


今度は、翅(の一部)が透けているのがよくわかる(緑の葉が透けて見える)。


それにしても、翅の鱗粉はハゲ落ちて(一部が)透明になっているのに、脚の毛は異様に立派なのが不思議な蛾だ。


スポンサーサイト



コメント

No title
モモブトスカシバ、面白い子ですねー♪
翅がほんと透けてる。
でも全身が毛むくじゃらの感じ。
この子は飛ぶとお花の前でホバリングするのかなあ?(*^_^*)
No title
> みゆきさん

なんともフシギな雰囲気のある蛾です。
飛び方は蛾っぽくなく、ハチに近い感じもします(ヒメアトスカシバの飛び方に似ていると感じました)。
蛾もバリエーションが豊富ですね。

管理者のみに表示

トラックバック