FC2ブログ

日光浴するニホンヤモリと卵

日光浴するニホンヤモリと卵

雑木林の縁にある石垣──ここではヒガシニホントカゲの密度が高いのだが、ニホンカナヘビやニホンヤモリの姿も見かける。昼行性のヒガシニホントカゲやニホンカナヘビが日光浴をする姿がよく見られるのは当然のことながら(単に体温を上げるためだけでなく、紫外線を浴びることでカルシウムを取り込むのに必要なビタミンD3を生成している)、夜行性のニホンヤモリも日光浴に出ていたりする。虫見をしていると、擬木の隙間や木のウロから出てきて日光浴しているニホンヤモリを見かけることとも珍しくない。
浜田廣介の童話『五ひきのヤモリ』(*)の中には《だれでも知っているように、ヤモリは、外のあかるい光をおそれます》という記述があるが、そんなことはない。また、ヤモリの飼育サイトで《ニホンヤモリの場合、ニホントカゲやニホンカナヘビと違い、夜行性ですので昼間の日光浴などは必要ありません》と断言しているところもあるが、天敵に見つかりやすくなるリスクを押して日光浴している姿を見ると、ニホンヤモリもある程度は紫外線を必要としているのではないかと感じる。


この石垣でも、同じポイントで日光浴をしているニホンヤモリがいるのだが↑、先日気づくと石垣の隙間に卵を産みつけていた。


もしかすると、カルシウムを必要とする卵を産む前後では特に日光浴(紫外線を浴びてのビタミンD生成)が必要になって母ヤモリが日光浴する姿が頻繁に見られたのかもしれない。
廣介童話『五ひきのヤモリ』の中には《めすのヤモリは、たまごを三つ産みました》という記述があるのだが、ニホンヤモリが1度に産む卵の数は2個。5月から9月にかけて1~3回に分けて産むらしい。ここでも2個セットの卵が産みつけられていたが、フラッシュ撮影してみると隙間の奥に、さらに2つ卵があることがわかった。


同じメスが時間をおいて2回に分けて産んだものか、あるいは別のメスの卵なのか……卵は1ヶ月半~2ヶ月ほどで孵るという。
これまでこの石垣でみかけるニホンヤモリは単独だったが、この近くにもう1匹、少し離れた石垣の隙間にも1匹──計3匹のニホンヤモリ成体を確認した。とりあえず2匹が写っている画像↓。


後日、親ヤモリ(?)がいなかったので、石垣の隙間の卵をアップで撮ってみたところ、さらに奥にも卵らしきものが写っていた。「ヤモリ 卵」で画像検索すると一カ所にたくさん産みつけられた卵(孵化殻多数)の画像がいくつもヒットする。ニホンヤモリは同じ場所に産みつける傾向(?)があるようだ。この石垣の奥にも実はもっと卵(や卵殻)があるのかも知れない?



ヘビの卵は見たことがあるし、飼育下でヒバカリ(日本のヘビ)の孵化するようすを観察したこともある。ヤモリの卵を見て、(同じ爬虫類の有鱗目の生き物とはいっても)ずいぶん違うと感じた。ネット上の画像を見ると、ヤモリの卵はそこそこ硬そうで、ベビーは「卵(殻)を割って」その穴から出てくる出てくる(孵化する)ようだ。ヒバカリの場合、卵は軟らかく幼蛇は「卵(殻)を切り裂いて」そのスリットから出てくる。




※ヒバカリの孵化のようす↑【ヒバカリ(ヘビ)の飼育プチ記録】より再掲載。



スポンサーサイト



コメント

No title
考えたこと無かったですが、確かに産卵前のメスには必要かも知れませんね。
No title
> レッドイヤーさん

これだけ大きな卵を産むのだから、カルシウムも消費しそうですよね。取り込むためには積極的に日光浴でビタミンD3を生成する必要が増すのかも?
No title
はじめまして。うひゃ!ヤモリの卵って初めて見た。もしかしたらアルミサッシの隙間とかにあったのは、これかなぁ。ヤモリの卵ってY軸状に産み付けられるんだ!しらなかった!いいもの見た!!
夜行性というだけでなく、秋かなり寒くなっても活動しているから、トカゲよりも進化した恒温性を持っているのかも。
その恒温性に必要なビタミン生成に日照が必要なのかもしれない・・・
No title
> Principal NFM Masterさん

ニホンヤモリは11月に入ってからも日光浴している姿を見ることがあります。
鉛直面を平気で歩く姿はお馴染みですが、卵も鉛直面に産みつけられるのはおもしろいですね。

管理者のみに表示

トラックバック