FC2ブログ

奇妙な蛾モモブトスカシバ

どうしてそうなっちゃったんだ!?的なモモブトスカシバ



思わず二度見してしまった蛾──モモブトスカシバ。葉の上に出ている昆虫はいないか探しながら歩いていたのだが、コレが目に入った時は「葉の上の汚れ(鳥のフンかつぶれた植物の実でもへばりついているのだろう)」と思い、脳内昆虫フィルターには引っかからなかった。スルーしかけて「あれ!? だけど汚れにしては線対称っぽい形だったぞ」と目線を戻して、触角に気づき「昆虫か!?……ああ、あれだ!」と、ようやく思い当たった。「あれ」というのはネット上で見た記憶がある珍妙な蛾──名前が出てこない。「確か《モモブト》がついていたはず」と帰宅後検索して《モモブトスカシバ》だったと思い出した。


蛾は種類が多く、変わった容姿のものも少なくない。折れた枝や葉にそっくりなものやハチに擬態したものもいて、目にすると「おみごと!」と称賛したくなるものもいたりするが……モモブトスカシバの奇妙な姿に対しては何と言ったらいいのだろう。
「どうして、そんなコトになっちゃったんだ!?」──というのが第一印象だった。


モモブトスカシバで、まず目につくのは、翅よりも目立つ毛むくじゃらの発達した後脚だ。この派手な装飾は何のためなのだろう?
良く似た蛾にオオモモブトスカシバというのがいて、これは後脚の毛が黄色い。黄色い毛むくじゃらの後脚がハナバチがつけている花粉団子に似ていることから、オオモモブトスカシバはミツバチ類やマルハナバチ類に擬態しているという説があるらしい。オオモモブトスカシバだけを見れば、《特徴的な後脚はハナバチの花粉団子に似せて発達した》──みたいな解釈をしたくなるのはわかる気もするが……近似種のモモブトスカシバの後脚の毛は黄色くなく花粉団子にも見えない。「花粉団子擬態で後脚が発達」したのではなく、「後脚が発達したものの中に、(たまたま)花粉団子に見える種類もいた」というのが正しい理解ではないだろうか。だとすると、後脚の発達はどうして起こったのだろう?
ネット上を探すと、モモブトスカシバについては《毛深いマルハナバチや、色が酷似するルリモンハナバチに擬態していると考えられる》という説もあった。確かにスカシバの仲間にはハチに擬態していると思われるものもいて、飛び方も蛾より蜂っぽく感じたりもするが……モモブトスカシバのような発達した後脚なしでも立派に(?)ハチに見える。発達した脚はむしろ蜂擬態をジャマしているような気もする。特にとまっている姿は、(発達した脚のせいで)とてもハチには見えない。
それにハチ擬態というのであれば、コシアカスカシバのようなスズメバチ(どこにでもいる危険なハチ)似なら生存戦略として有効そうだが、希少な(?/僕はまだ1度もであったことがない)ルリモンハナバチに似せたところで、どれだけメリットがあるのか疑問だ。
モモブトスカシバの風変わりな容姿でメリットがあるとすれば……一見、蛾(もしくは昆虫)に見えない──ということくらいしか僕には思い浮かばない。しかし、よく目立つので、生存戦略としては目立たぬ地味な蛾の方が無難な気がしないでもない。
けっきょく、どうしてこうなっちゃったのかよく解らない謎の蛾なのであった。


スポンサーサイト



コメント

No title
昨日撮ったばかりです。名前がすぐ解ってラッキーでした。^^

形も面白いですよね。何とも言えないデザインです。
No title
> まあささん

かなりユニークな形ですね。ビックリするし面白いです。
よく見るとキレイだったりもするのですが、なんともフシギなフンイキの蛾ですね。

管理者のみに表示

トラックバック