FC2ブログ

虹色の宝石!?アカガネサルハムシ他

虹色に輝くアカガネサルハムシ

ノブドウの葉の上にアカガネサルハムシを見つけた。珍しい昆虫ではないが、すこぶる美しい。ヤマトタマムシなど光沢美麗昆虫は色々いるが、メタルカラーの多彩さではアカガネサルハムシが秀でている。赤~黄~緑~青~紫……虹のように輝くメタルカラーが素晴らしい。


いつもは動き回ってなかなか撮らせてくれないアカガネサルハムシが、めずらしくじっとしている……と思ったら排泄中!?──動かずにいるというのはシャッターチャンスでウンが良いのか!? しかし、この姿勢では顔が見えないので、葉を動かして顔の見えるアングルを模索……すると、アカガネサルハムシは動き出して葉の裏側にまわり込もうとした。


葉の裏に移動しようとするアカガネサルハムシ↑。葉の裏に隠れたので葉を裏返すと……さらにその裏へ(葉の表へ)まわり込む……。そんなことを繰り返しているうちに、葉の縁でアカガネサルハムシの動きが止まった。




よく見るとノブドウの葉を齧り始めていた。食事中も撮影のチャンス!?
しばらく葉を食べていたのでそのようすを撮るることができた。








光沢昆虫は画像にすると実際のキラキラ感はかなり目減りしてしまうのだが……それでも、かなり美しい。光沢美麗昆虫の代表ヤマトタマムシ(体長30~41mm)に比べるとアカガネサルハムシはボリューム感で劣るものの(体長5.5~7.5mm)、美しさにおいては決して引けをとらないアッパレな虫だと思う。

ハチっぽいハエ・ムネグロメバエふたたび



アカガネサルハムシが「美しい昆虫」なら、ムネグロメバエは「おもしろい昆虫」といった印象。先日、【蜂擬態!?ムネグロメバエ】で初めて見た昆虫だが、これで(ハチっぽい容姿なのに)ハエだというところに面白味を感じた。その後目にする機会があったので、あらためて撮ってみたもの。


ハチに擬態した昆虫は少なくない。蛾やカミキリなどでもハチに似たものがけっこういる。毒針を持つ危険昆虫ハチに似せることで天敵を回避して生存率を高める生存戦略が有効ということなのだろう。その強面のハチに寄生するハエ──というところも意外でおもしろい。普通、ハチとハエといったら、ハチの方が断然強そうな気がするが……ムネグロメバエはハラナガツチバチなどに寄生するらしい。

最近見た虫から…



アシナガオトシブミは5月中旬に雑木林で2度見ている。雑木林の縁にはウラナミアカシジミ(成虫)の姿もあった。


止まっているところに近づくと、後翅をこすり合わせ、尾状突起を上下に動かしてみせる──これは虫の触角の動きを思わせる。尾状突起の根元には眼状紋もあるので、天敵に偽の頭部と誤認させる陽動効果がありそうだ。実際、尾状突起付近を失った個体を見ることも少なくない。頭部を狙われていれば致命的だが偽の頭部に攻撃を誘導したことで生き延びることができたということなのだろう。
やはり雑木林の縁に出ていたミズイロオナガシジミにも似たような尾状突起がある。


チョウではないが、なかなかキレイな蛾↓。


ウコンカギバは成虫よりも幼虫に魅力を感じるのだが……。


※↑【葉上のドラゴン:ウコンカギバ幼虫】より


スポンサーサイト



コメント

No title
こんにちは・・・
食草を目にする機会があるにも関わらず、また、見つけ辛い大きさでも無さそう・・・なのに、私はまだ、このアカガネサルハムシを目にしたことがありません(私、こういうのばっかりだぁ~~~虫探し散策不足です~~~!)
・・・持つ美しさにも意味がる!・・・こういったところに、グッと惹き付けられてしまいます。また・・・
明らかに強者であろうハチ(ハラナガツチバチなど)に寄生する、ハチと見間違えそうなムネグロメバエ・・・ハチとハエ両者の繋がりに、多種多様な生物の繋がりを想い、多種多様な生物の必要性を感じます。
・・・虫の持つ形態にも、生き残るため変化してきた長い歴史を感じ考えさせられますね・・・!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

僕も普通種なのに1度も見たことがない虫はけっこういます。
ハンミョウやツチハンミョウなども、見てみたいのですが……まだ未見です。

昆虫は姿も生態も多彩で、予想外のものに出会うと「!」となりますね。
小さな虫に自然の深さを垣間みる……それが虫見の醍醐味ですね。

管理者のみに表示

トラックバック