FC2ブログ

タキシード天牛・虹色葉虫ほか

タキシード的ラミーカミキリ・虹色アカガネサルハムシetc.





今年もこの姿を見るようになった。2012年に初めて市内で発生を確認した時は驚いたが(*)、今ではすっかり定着して「お馴染みの顔」になったラミーカミキリ。タキシードを着たキョンシーに見えてしかたがないユニークな姿は見つけるとつい撮りたくなる──撮ると「ふきだし」を入れたくなってしまう。


ラミーカミキリ成虫はムクゲやカラムシの葉の裏にとまって葉脈をかじるが、葉の上に出ていることも多い。緑の葉の上ではけっこう目立つので(天敵に対して)コレで大丈夫なのかなぁ……と心配になってしまう。どうしてこんなデザインが実現したのか不思議な気がする。


カミキリつながりで、この時期カナメモチ類で見られるルリカミキリ。ラミーカミキリもルリカミキリも僕が子どもの頃には見たことがなかった。ラミーカミキリは温暖化にともなって(?)生息域を北上させてきたようだが、ルリカミキリは生け垣で(ホストの)カナメモチ類が増えたことで数を増やしてきたのだろう。上翅(翅鞘)のメタリックなルリ色が美しいカミキリだ。
美しいといえば、アカガネサルハムシも小さいながら金属光沢が美しい。




メタルカラーは多彩で虹色葉虫と呼びたくなる昆虫だ(*)。ただ、動き回ってなかなか希望通りに撮らせてくれない……今回も、このあと落下して見失ってしまった。
美麗昆虫では、羽化シーズンにあるアカスジキンカメムシも美しい。


美しいカメムシなのだが、この体色は標本にするとあせてしまうようだ。ただ、死んで色褪せた体に水を塗るとメタルグリーンが復活したりする(*)。
強引に「赤」つながりで、赤いもようが鮮やかなカメノコテントウ↓。


葉の上にとまっていると「赤い甲虫類」っぽく見えてしまう蛾──クリベニトゲアシガ↓。


近くの葉の上にいた別個体↓。


エレガントなキアシドクガも幻想的に舞い始めた



輝くような純白──白いチョウよりもエレガントなキアシドクガ(蛾)の羽化がはじまり、すでにミズキのまわりで幻想的な舞いが始まっている。
羽化して間もなく、まだ翅が伸びていない成虫がいたので、翅が伸びるようすを撮ってみた↓(画面すみの数字は「時:分:秒」)。




成虫だけ見ていると美しいが……今年は狭山丘陵で大発生してホストのミズキが大変なコトになっている(*)。
キアシドクガに比べると、地味な印象が免れないテングチョウ↓。


ツノゼミとアリ



葉の上にツノゼミがとまっていた。オビマルツノゼミではないかと思うが自信はない。そばにはアリがいて、しきりにツノゼミを調べていた。








ツノゼミの幼虫とアリには共生関係があるという認識はあった。幼虫がノズルのような腹端から排泄する甘露をアリはもらい、天敵からツノゼミ幼虫を守るというもの。似た関係ではオオワラジカイガラムシとアリで甘露の受け渡しを観察したことがあった(*)。
ただ、ツノゼミは成虫になっても同じようなことを続けているとは思っていなかった。成虫には翅があって、これが甘露ノズルのある腹端を隠しているように見えたからだ。
しかし、『ツノゼミ ありえない虫』(丸山宗利/幻冬舎)を改めて開いてみると、ツノゼミの成虫に甘露をねだるアリの画像も載せられていた。このツノゼミ成虫も甘露でアリのガードマンを雇う共生関係は続いているのかもしれない。


スポンサーサイト



コメント

No title
テングチョウの枯れ葉と見間違える翅裏の模様がいいですねぇ~!
ラミーカミキリのタキシードも、舞台上のタキシードにも興味津々の私です。
ルリカミキリやアカガネサルハムシもそうですが・・・
何と言いましてもツノゼミ!
今年も変わることなく、まだ観ぬ(ツノゼミ)の姿をカメラに収めたい!・・・と願う私です。
アリとツノゼミの幼虫の関係・・・
そうでしたか!と言うことは、アリの行動を追えば、ツノゼミにであえるやもしれぬ!?と言うことになりますね・・・
アリ観察でツノゼミを!・・・こういった手もアリですね!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

昆虫も色々な種類が見られる時期になりましたね。
ツノゼミはたまたま葉の上にいるのを見つけたのですが、ツノゼミを探す時は「ツノゼミの木(ツノゼミが好む木)」を見つけること&「アリだかり」を探すと良いと『ツノゼミ ありえない虫』に記されていました。
ちなみに、オビマルツノゼミはハギなどのマメ科植物でよく見つかるそうです。
No title
どうも今年は甲虫類になかなか出会えてません。
キアシドクガは、現在三鷹の野川公園から武蔵野公園にかけて大発生中ですね~。
早々とウラナミアカシジミが現れてくれたのですが、その後は全く(๑╹ω╹๑ )
イトトンボも、何故か……勤務地のすぐ近くにある二つのトンボ池で、発生状況が違いすぎて不思議です。
No title
> カメレオンーアームスさん

今年はいきなり暑くなったかと思うと寒さが戻ってきたり……季節感覚がよく判らない感じできています。虫の発生もやや早めな感じはしますが、つかみきれないところもあるような……。
キアシドクガは色々な方のブログにも取り上げられているようで、当たり年だったのかもしれませんね。
昆虫の発生ムラは、あけてみないと判らないところがありますね。

管理者のみに表示

トラックバック