FC2ブログ

ウスバシロチョウ@狭山丘陵

狭山丘陵のウスバシロチョウ@ミズキ



キアシドクガ幼虫の被害をのがれたミズキの花を見ていると、こんなチョウが来ていた。最初は角度が悪く翅の形や模様が見えなかったので「白っぽい蛾」だと思い漠然と眺めていたのだが、やがて背面が見え「これは、ウスバシロチョウというやつではないか?」と気がついて、やや遠目だったが撮ってみた。


ウスバシロチョウは昆虫ブログ等で目にしていたので名前は知っていたが、実際に見たのはこれが初めて。帰宅後調べてみると、やはりウスバシロチョウのようだ。雰囲気的には違和感があるがアゲハの仲間だという。北方系のチョウで、昔は狭山丘陵にはいないとされていたらしい(最近は分布が拡大しているらしく?狭山丘陵で撮影された画像がヒットする)。チョウなのに繭を作ると知って驚いた。繭というと蛾のイメージがあって、チョウは繭を作らず蛹になるものだと思い込んでいた。

苦手なチョウ撮影

ふだん積極的にチョウを撮ることはあまりしない。僕は未だにOLYMPUSのTG-2で虫撮りをしているが、これだとある程度近づかないと鮮明な画像は撮れない。しかしチョウは近づくと飛び去ってしまいがちなので撮影が難しい。キレイなチョウ画像を撮ろうとすれば、ある程度粘らなければならないだろう(時間がかかりそう)。チョウに関してはきれいな写真を撮るブロガーさんは少なくない。確認したいチョウがいれば、ネット検索すればキレイな画像を鑑賞することができる。僕が時間をかけて下手くそな写真を撮る必要がどこにあるのか……チョウ待ちをしている時間があれば他の虫を探したり観察した方が有意義だという気になってしまう。そんなわけで僕の場合は、たまたま撮れそうなチョウがいたときに試しにカメラを向け、撮れれば撮る。逃げられたらさっさとあきらめることにしている。
ということで、たまたま撮れた最近のチョウから……、


黒いアゲハ↑は未だに現場ではよく判らない。帰宅して調べたところ、オナガアゲハのようだ。
クロヒカゲ↓は鳥の糞などに来ていることがあり、このときも擬木の鳥糞に来ていた。


4月のカミキリから

4月も残り少ないのでで、月が変わる前に最近撮った画像からカミキリをいくつか。




ぎりぎり埼玉県側で見つけたトウキョウトラカミキリ↑。やはり埼玉県側で撮影した別個体↓。




もひとつ埼玉県側のトウキョウトラカミキリ↓。


東京都側でみつけたトウキョウトラカミキリ↓。


歩いていると小さなアリに見えるヒシカミキリ↓。






この時期、常連のヨツボシチビヒラタカミキリ↓。


『しらけ鳥音頭』の替え歌『シラケトラ音頭』が脳内再生し、背中の模様が小松政夫に見えてくるシラケトラカミキリ↓。


欄干上にいたシナノクロフカミキリ↓。


ちょっと鳥糞擬態な感じもするナカジロサビカミキリ↓。




擬木支柱の上面ふちにとまっていたアトモンサビカミキリ↓。


このところ見かけることが増えてきたトゲヒゲトラカミキリ↓。



スポンサーサイト



コメント

No title
ウスバシロチョウ、最近はウスバアゲハともいうみたいですね。
僕には違和感がありますが…
No title
> ヒヨドリさん

「シロチョウ」だと「モンシロチョウ」や「スジグロシロチョウ」みたいなくくりに誤解されやすいということなんでしょうかね?
アゲハ科だそうだから「ウスバアゲハ」という呼び名は道理かもしれませんが……いわゆるアゲハのイメージとは、ちょっとかけ離れている感じはしますね。

管理者のみに表示

トラックバック