FC2ブログ

眼を隠すシロコブゾウムシ

つぶらな眼を隠すシロコブゾウムシの防衛術!?



シロコブゾウムシは体長13~17mmほどの大型のゾウムシ。上翅(翅鞘)の後方に1対のコブ状突起があるのが特徴。ホストはマメ科植物だそうで、クズやニセアカシアでよくみかける。この個体もニセアカシア近くの欄干上にとまっていた。
目をひくのがつぶらな黒い眼──チャームポイントともいえるこのクリッとした眼のため(?)昆虫なのに、動物(ほ乳類)っぽい印象をうける。ゾウムシと名がついているが口吻が短いので「ゾウ」よりも「アグーチ」に似ている──と見るたびに思ってしまう(個人的愛称は「象虫」ならぬ「アグーチ虫」)。


シロコブゾウムシには以前とても驚かされたことがある。葉からポロッと落下して死んだふり(擬死)をしたシロコブゾウムシを拾い上げてみたら──なんと《目をつぶっていた!?》のだ(*)。まぶたなどないシロコブゾウムシがどうして目を閉じることができるのかと仰天したが……よく見ると、たたんだ触角が眼にかかって「眼を隠す」形になっていた。
シロコブゾウムシの触角の根元には溝があって、この溝にそわせるように触角を倒すとちょうど眼が隠れる仕組みになっている。


今回みつけたシロコブゾウムシにも、眼を隠すようすを披露してもらった。


警戒すると触角をたたんで眼を隠し、警戒が緩んでくると触角を起こして眼をのぞかせる。


収納溝(?)にそって触角をたたむと、ちょうど眼が隠れる──これは「たまたま偶然」ではないだろう。本来なら警戒モードに入ったとき、周囲の状況(脅威が続いているのか去ったのかなど)を把握するため視界は確保しておいた方が良いはずだ。理由もなく触角が視界を妨げる形に進化するとは考えにくい。ということは、眼を隠すことに《視界を捨てるデメリットを上回るメリット》があったからに違いない。
シロコブゾウムシは《目立つ眼》を隠すことで天敵に見つかりにくくして生存率を高めてきたのではなかろうか……。

眼を隠すのはシロコブゾウムシの防衛術(防衛行動)ではないかと僕は考えてきたわけだが、先日、擬木の上で目を隠して固まっている(擬死状態?)シロコブゾウムシを見つけた。


じつは近くにはミズキがあって、大発生中のキアシドクガ幼虫が、シロコブゾウムシのいる擬木上にも這っていた。ひっきりなしに行き交うキアシドクガ幼虫に踏みつけられ続けて、シロコブゾウムシは警戒モードを解くことができずに固まってしまったように思われた。








警戒モードで眼を隠し続けているということは、やはりこの行動には防衛的な意味があるのではないかと、あらためて感じた(※キアシドクガ幼虫に対しての防衛効果があるというのではなく、警戒行動の一環として意味──気配を消す警戒体勢の意味合いがあるのではないかと感じたしだい)。


眼があらわなときのシロコブゾウムシと眼を隠したシロコブゾウムシ……ヒトが見ても眼を隠した姿の方が見逃しがちな気がする。天敵から見ても、眼が露出していた方が見つけやすいのではなかろうか?




スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
この微細な行動や様相にお気づきになる星谷さんの細やかな観察に先ずは驚かされました!
(気付き、不思議に想い、考える・・・)
いつもながらの、この一連の星谷さんの行動に、いつも、その姿勢を学ばせて頂いてます・・・
また、「警戒行動」の発想がね!・・・凄いですね!
眼に向けて触角を収納する溝があり、その溝に触角を自然に収納するだけで己の眼を隠せ、それによって身を隠すことにもなる・・・まさにこれは、合理性を好む昆虫の生き方そのもののようにも想えて来ました・・・
本当のところはどうなのかは解りませんが、実に素晴らしい発想・考察だと想います!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

初めて眼を隠したシロコブゾウムシを見た時は、目をつむったように見えたので「瞼がないのに、どうして!?」と仰天しました。脚のないヘビがサッカーをしているのを垣間みたような衝撃!?(笑)。
触角をたたむと眼が隠れる構造にわざわざなっているのだから、これにはやはり意味があるのではないか……と解釈の可能性を考えてみました。
普通種でも、気をつけてみれば面白い発見がまだまだできるかもしれませんね。

管理者のみに表示

トラックバック