FC2ブログ

コミミズクの羽化など

コミミズクの羽化・翅が展開するようす



擬木の支柱で羽化中のコミミズクを見つけた。コミミズクはセミやカメムシと同じ不完全変態──蛹を経ずに幼虫から直接成虫へと羽化する。


見つけたとき、すでに6本の脚は古い殻から抜け、腹端がまだ殻の中に残った状態だった。翅は根元から膨らみ始めており、まだ縮れた上翅先端は赤っぽかった。この翅が展開するようすを記録。画面隅の数字は撮影時刻の「時:分:秒」。























抜け殻から離れ、抜け殻と並んだショット。まだ体色は薄いが、だいぶ成虫らしい姿に整ってきた。
以前撮影したコミミズクの成虫と幼虫の姿をあらためて↓。


コミミズク幼虫は秋から冬に擬木でちょくちょく見かける。本来は枝にとまっているのだろうが、枝にとまっていると見つけるのは難しい。


キレイだったので撮ってみた…



葉の上に静止していたハエかアブ!?──メタリックにきらめきが目にとまって撮ってみた。帰宅後調べてみたところ、エゾホソルリミズアブのようだ。メスは両眼の間がもう少し広いので、2匹ともオスだろう。


ガードパイプ上にいたハチもキレイだったので撮ってみた↓。


ウマノオバチに似ているが産卵管が短いのでヒメウマノオバチメスのようだ。
ついでに、サクラの葉の裏にとまっていたセモンジンガサハムシ↓。


背中にきらめくゴールドのX紋が魅力のセモンジンガサハムシだが、この虫はの姿もなかなかユニーク。
越冬明けのアカスジキンカメムシ幼虫↓も、よく見るとキレイ。


アカスジキンカメムシは終齢(5齢)幼虫で越冬するとされているが、この個体↑はまだ4齢幼虫。近くには終齢(5齢)幼虫も出ていた↓。



スポンサーサイト



コメント

No title
素晴らしいっ!
これぞ、まさに「決定的瞬間!凄いっ!」
・・・そう想いながら心揺さぶられました!

こういった瞬間に出会えるのも、鋭い観察眼を持って、日々、散策されてるからだと想います(そう想うのですが?)
まさに、努力のたまものだと・・・
コミミズクの羽化の瞬間、その他の虫達のお写真に想い感じました・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

羽化や脱皮のシーンに出会うとテンションが上がりますね。
できれば羽化の最初から観察したかった……もうチョイ早くこの場訪れていたら……なんて思いもありますが、もう少し早く通りかかっていたら、羽化が始まることに気づかず羽化ショー(?)を見逃していたかも?
とりあえず、翅が展開する様子を見ることができたのは収穫でした。
No title
お初のコミミズクの羽化、羽化したては綺麗な色ですね。感激!

いつも綺麗な1枚1枚で素晴らしいです。
No title
> まあささん

コミミズクの羽化は、僕も初めて見ました。セミやカメムシの羽化と似ている感じがしました。
見つけた時はクシャッとなっていた翅が次第に展開して行くのは不思議でもあり、ちょっとした感慨がありますね。
No title
初めてみました。
自分が見つけたら何ガ羽化しているか わからないでしょうね
コミミズクにもあまり出会わない最近です
No title
> matokuwa 父さん

幼虫や成虫の姿はちょくちょく目にしていたのですが、羽化のシーンは僕も初めて見ました。幼虫から成虫への変化……小さな虫たちの営みに自然の神秘を感じます。
No title
コミミズクの羽化の瞬間に出会うなんてすごいですね!
最初は翅が丸まってるんですね~。
普段はセミの仲間というかんじがしませんが
羽化の途中段階が、やっぱりセミ感がありますよね。
いいものを見せていただきました~!
No title
> noriさん

ホント、「セミ感」──ありますね。カメムシにも似ていますが、アカスジキンカメムシやエサキモンキツノカメムシの羽化では幼虫が頭を下にしているのに対して、コミミズクは頭を上にしていたので、よりセミっぽい感じがしました。
見つけた時は体のほとんどが古い殻から出ていたのですが、羽化の場合はそのあと翅が伸びる過程もみどころ(?)だったので、しばらく観察していました。

管理者のみに表示

トラックバック