FC2ブログ

猫目のアオダイショウ!?

猫目のアオダイショウ!?



暖かい日が続き、昆虫やクモなども増えてきたが、アオダイショウも出てきた。画面右側にある頭部を見ればわかるように、アオダイショウの眼には黒っぽい模様がかかっている。これはエサとする鳥などが警戒する「眼」を隠す効果があるのだろうと僕は考えている。
昆虫には眼状紋(目玉模様)を持つものが多く、鳥が反応することが知られている。カイコの幼虫に色々な大きさのニセ目玉をつけてムクドリに与える実験を行った人がおり、大きな目玉は(鳥に対して)威嚇効果があり、小さな目玉は攻撃を誘導することがわかったという。鳥にしてみれば自分を狙う天敵の眼をいち早く察知して逃げるなり、眼を攻撃して(敵やエサを)無力化させることは、生存競走の中で獲得した有効な生き残り術なのかもしれない。昆虫の眼状紋(目玉模様)にすら反応する感度の《眼探知警戒システム》を鳥が備えているとすると、鳥を狙うヘビなどは、獲物から警戒されがちな眼を隠すことで狩りの成功率を高めてきたのではなかろうか……アオダイショウの《目玉模様》ならぬ《目玉隠蔽模様》には、そんな意味があるのではないかと想像している。
ところで、画像のアオダイショウは成体だが、幼体(幼蛇)は成体とはずいぶん違った色や模様をしており、しばしばマムシと間違えられる。僕にはアオダイショウ幼蛇とマムシはそれほど似ているようには思えないのだが……両種を見分けるポイントの1つが「眼」──アオダイショウの瞳孔は円形なのに対し、マムシの瞳孔は(猫の眼のように)縦長になっている。
当然、今回撮ったアオダイショウも「瞳孔は円形」のはずなのだが……画像をチェックしたら(マムシやハブのように)縦長っぽく見えたので「!?」。


眼だけ見るとマムシやハブのような「縦長の瞳孔」!?──よく見ると……、


アオダイショウの眼には、前屈みでカメラを構える僕の姿が映り込んでいた。

マムシ擬態!?アオダイショウの幼蛇



マムシと間違われがちなアオダイショウの幼蛇(幼体)は、こんな姿↑。アオダイショウ幼蛇の《はしご模様》がマムシの《銭型模様》に誤認されることがあるようだ。そのためか「マムシに擬態している」という説もあるが、僕は懐疑的だ。もしマムシが派手で目立つ警告的な色彩や模様をしており、それに似ているというのであれば、警告効果のある擬態といえるのかもしれないが……マムシの模様は目立たぬためのもので、警告的な意味合いはないように思う。アオダイショウ幼蛇の模様もやはりボディラインをかく乱する隠蔽的なもので、結果としてマムシと似ている(?)にすぎないというのが僕の考えだ。アオダイショウの成体と幼蛇で色や模様がなぜ違うのか──ということについては以前記したことがある(*)。ちなみに、シマヘビやジムグリも、幼蛇(幼体)は成体とはずいぶん違った模様がある。


スポンサーサイト



コメント

No title
「動物の姿、形には意味がある」
と耳にしたことがあります・・・
眼のありかを消すかのように引かれたライン模様は鳥の警戒心を緩和させる効果があるのかもしれませんね・・・

アオダイショウの幼蛇は、強いイメージのあるマムシの持つ模様に似せているものだとばかり想っておりましたが・・・
確かに!
各種が、カムフラージュの効果を求めると、皆、似た模様に成るのかもしれませんね・・・
(想えば、バッタ目の持つ翅の色彩・模様はどことなく皆似ていますものね・・・)
・・・ネコ眼のアオダイショウ・・・(笑)
・・・錯覚から受けるイメージ考察もおもしろいですね!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

アオダイショウが出ていたので、とりあえず撮ってみたところ……画像を見たら「猫目」っぽかったので「えっ!? どうして?」と思いました。
僕の姿が映り込んでそう見えただけだったわけですが、ちょっと驚いたエピソードだったので記しておこうかと。

マムシと間違えられがちなアオダイショウ幼蛇を見分けるポイントとして「アオダイショウの瞳孔は円形」という認識があったので、その界隈のハナシも織り交ぜてみました。
No title
マムシに擬態して身を守ってます。因みにアルビノアオダイショウの目は赤です。
No title
> corn_snake2017さん

アオダイショウの幼蛇がマムシに擬態しているという説があることは知っていますが、個人的には懐疑的です。その理由は本文で記した通りです。
また、どんな天敵に対してマムシの擬態効果があるのか(誤認させることで生存率が高まるのか)、ちょっとよく判らないですし……対ヒトの場合はマムシと誤認されて殺されてしまうこともよくあるようなので、かえって不利な感じがしないでもありません。

管理者のみに表示

トラックバック