FC2ブログ

今季初のカミキリ

今シーズン初のトウキョウトラカミキリ(東京都産)

3月28日は全国的に気温が高かったようだが……桜も咲き誇っている狭山丘陵で、今シーズン初のトウキョウトラカミキリを確認。




狭山丘陵でみかけるトラカミキリの中では一番早く出てくる。標準和名に「東京」が入っているので、東京産が純正っぽい感じがするのは僕だけであろうか? 他県産のトウキョウトラカミキリは「オーストラリア産神戸牛」みたいな?……あくまでもイメージ。
陽の当たる白いガードパイプの上では影ができてコントラストがきつくなるので、落ち葉に乗せて直射日光をさけて撮影↓。


特徴は背中(翅鞘)のイカリ型模様──この個体では若干不明瞭だが、この模様が「TokyoTora」の頭文字「T」に見える。模様は翅鞘表面の微毛の有無で形作られていて、大きめ個体ほど明瞭な傾向があるように思う。地表に降りた同個体↓。




以前の記事【TokyoToraカミキリの模様】から、トレードマークの「T」模様が明瞭な画像を再掲載↓。


桜が咲く頃あらわれるヨツボシチビヒラタカミキリ



この日はヨツボシチビヒラタカミキリも確認できた。こちらもカミキリの中では早く出てくる種類で、毎年サクラの開花に合わせるように姿を現しはじめる。同個体↓。


輪郭がわかりやすいように、手にとまったところを撮影↓(上と同個体)。


近くの鉄柵にとまっていたヨツボシチビヒラタカミキリ別個体↓。


カメラを近づけると動き出して撮りにくいことこの上ない。せわしなく歩く姿はアリに似ている気がしないでもない。
この日3匹目のヨツボシチビヒラタカミキリは擬木に上にいた。背景に開花したサクラを入れて──↓。


今年の桜の開花宣言は東京では3月17日(千代田区の靖国神社にあるソメイイヨシノの標本木)で、史上3位の早さだったとか。
狭山丘陵のサクラは開花は少し遅れて始まるが、28日にはだいぶ咲いていた。


ついでに、狭山丘陵のカエデも早いところでは開花が始まっていた。




スポンサーサイト



コメント

No title
何と言いましても、トウキョウトラカミキリの持つロゴがカッコイイですね!

それよりなにより・・・
そのカッコイイ、ロゴに気付き、(フーテンの虎カミキリ)の愛称をおつけになった星谷さんのセンスに感服致します・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

背中に頭文字を背負っているというコトに気がついて、トウキョウトラカミキリのポイントが高まりました。僕の中では空目は加点要素です(笑)。
生存率に関わる擬態も面白いですが、それとは別に、なんの役にもたたないけど空目できるものにも「!」感はあります。
今シーズンも見られる時期になったということで記事にしておくことにしました。

管理者のみに表示

トラックバック