FC2ブログ

マツトビゾウムシのシンデレラ



着想の経緯

昆虫ウォッチングで擬木を見続けていると、脳味噌は設定した昆虫フィルターに反応があったときに注意が呼び覚まされる自動運行モードになりがちだ。(機械的に?)目では擬木を追いながら、脳味噌はあまり働いていないか別のことを考えていたりする。
《悟りの境地》か《妄想の狂地》か──こうした状態では弛緩した脳味噌の片隅・意識の隙間にたあいもない着想がわいたり、荒唐無稽なイメージが展開すことがある。僕はこれを「エアポケット幻想」などと呼んでいるが、今回もそんなハナシ。タイトルをつけるなら──『マツトビゾウムシのシンデレラ』。

今回の着想のきっかけは、ギボッチ(擬木ウォッチ)をしていて目に入った入れ歯だった(冒頭の画像)。昆虫を想定していたので、まさかこんなものがフィルターに引っかかるとは予想もしておらず、違和感たるや大きかった。いったい、どうしてこんなモノが擬木の上に置かれるなどといった状況が発生しうるのか!?──どうでもいいといえばどうでもいい話だが、これはちょっとしたミステリーとして心にひっかかっていた。そして後日、この入れ歯はこつ然と姿を消していたのである。誰が何のために持ち去ったのか!?……謎は深まるばかりであった……。

この「擬木上に残された入れ歯」からふと連想したのが(既に記した)シンデレラの話(*)。「残されたガラスの靴」で持ち主(シンデレラ)を特定する定番のストーリーは説得力に欠ける。持ち主を特定するのであれば、残されたツールは「靴」よりも「入れ歯」の方がふさわしいのではあるまいか? 歯の治療痕は(検死で)被害者特定にも使われたりもする。「残された入れ歯」がピッタリ合った人がシンデレラだというのであれば納得できる……そんなことを考えたわけだ。

さて、ギボッチ(擬木ウォッチ)ではその後、マツトビゾウムシを見るようになる。この虫の新成虫には牙(状突起)がついていて、地上に出てくるとほどなく脱落するらしい(*)。擬木上で片方の牙をなくしてたたずむマツトビゾウムシ(画像)を見ているうちに、ふと閃くものがあった。「マツトビゾウムシの失われた片牙」と「擬木上にとり残されていた入れ歯」が、頭の中でリンクしたのだ。『奇跡の人』で、「手に触れているもの(井戸水)」と「water」が突然結びついたヘレン・ケラーの心境!?
《擬木の上に残されていた謎の「入れ歯」は、片牙のマツトビゾウムシが落としていった「ガラスの靴」的存在ではなかったか?》──頭の中にはにわかに、『マツトビゾウムシのシンデレラ』のストーリーが展開するのであった。



マツトビゾウムシのシンデレラ

あるところに新出(しんで)玲良(れいら)という娘がいた。意地悪な継母とその連れ子である義理の姉に虐げられた生活で、自由な外出もままならない。彼女の友達は虫たちだけであった。その虫たちが擬木のステージで舞踏会を開くという話を知り、玲良はできるなら自分も虫になって参加してみたいと思う。と、そこに現われたお人好しの老婆──実はかつてシンデレラに魔法をかけ、車錠探偵長(@破裏拳ポリマー)にホラメット(転身用ヘルメット)を与えた魔法使いであった。
「虫たちの舞踏会に出たいんだね。願いをかなえてあげよう。一晩だけあんたを虫にしてあげるよ」──魔法使いのおばあさんが杖を一振りすると、玲良の姿ははあっという間にマツトビゾウムシに変わった。「ただし、今回の魔法の効力はは今日限り。夜12時を告げる鐘が鳴り終わる前に戻ってくるんだよ」
魔法使いのお婆さんに見送られて、マツトビゾウムシとなった玲良は飛翔して虫たちの舞踏会場へ向かう。

玲良は擬木の上で行われた虫たちの舞踏会に飛び入り参加。そしてマツトビゾウムシの王子に見初められる。あまりの楽しさに時が経つのを忘れていた玲良だが、ふと気がつけば夜12時が近づいていた。
「しまった。はやく戻らなければ!」あわてて舞踏会場をあとにするが、そのとき、マツトビゾウムシになっていた玲良は、牙(状突起)の片方を擬木の上に落としてしてきてしまう……。
なんとかタイムリミットギリギリで、部屋に帰りつき人間に戻ることができた玲良だったが……鏡を見てビックリ! 彼女の上あごからは歯がごっそり抜け落ちていたのであった。
そのころ、虫たちの舞踏会場となった擬木の上では……マツトビゾウムシの王子が、行方をくらました愛しい相手が落としていった片方の牙を手にしていた。「この牙が、欠け痕と一致する娘をきっと探し出して妃にするのだ」──王子が宣言したまさにそのとき、12時の鐘が鳴り終わった。すると彼が手にしていた牙は巨大化し、人間の入れ歯になった──シンデラレの魔法が解けたタイミングで、マツトビゾウムシの牙もヒトの歯に戻ったのだ。王子はその下敷きになって身動きがとれず、気を失ってしまう。

さて、人間に戻った玲良だが、歯がごっそり抜け落ちていたことに我慢ならず、魔法使いのお婆さんを探しまわって数日後にようやく見つけて談判する。「どうひて、わたひがこんな目にあわなきゃいけないの!? 元の姿に戻ひて!」
魔法使いのお婆さんは早合点して「おやおや、そんなに虫の姿がよかったかい。それじゃ戻してやろう」と玲良に魔法をかけて再びマツトビゾウムシに変えてしまった。
途方に暮れたマツトビゾウムシの玲良は舞踏会場だった擬木に戻る。すると彼女の片牙を抱いた王子が気を失って倒れていた。王子を押さえつけていた入れ歯は、再びかけられた魔法によってマツトビゾウムシの牙に戻っていたのだ。
「王子様、しっかり!」玲良が王子を抱き起こすと王子は覚醒し、かかえていた牙を玲良の顎にあてる。「おお、ピッタリ一致する! 君こそ探していたプリンセスだ!」
玲良は昆虫として生きることを受け入れ、マツトビゾウムシの妃になったのだった。

これが、「《擬木上に突如現われ、数日後にこつ然と消えた入れ歯》の真相」である……。
──という、エアポケット幻想ストーリー。


*シンデレラには嘘がある!?~ガラスの靴よりふさわしいもの

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-745.html

*片牙ゾウムシ&シロトゲエダシャク
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-749.html

●エアポケット幻想
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-642.html

【冗区(ジョーク)】~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-379.html

スポンサーサイト



コメント

No title
ゾウムシはよく木に張り付いたまま死んで、カビが生えていたりするのを見かけます。一生懸命写真撮ってると、まったく動かないので、よくみると
あ、このゾウムシもうシンデレラ!
あれは魔法が時間切れになった結果だったんですね。
ゾウムシは生きてる時は死んだ振りしているくせに
死んでしまうと、今度は生きた振りしますからね。
No title
星谷仁 讃江

今回のシンデレラ( ^ω^)・・・
和尚も思い当たります。
20代の頃だったと・・・
トアル論壇誌の随想欄に
今は亡くなりましたが
高橋和己・邪宗門を書いた作家でしたが
彼が40歳くらいの着物姿でたばこを銜え
視線は何を見るという風でもなく
ぼぉーと、
こおゆう時間がだいすきなんですと・・・
《悟りの境地》か《妄想の狂地》か・・・(^_-)-☆
和尚も、アトリエのデスクに座り、ぼんやりと
壁を眺める時間が大好きなんです。

らく画きにがお絵和尚より
No title
> isannkmwさん

そういえば僕もボーベリア菌にやられたゾウムシを撮ったことがありました。
カミキリなんかも枝にとまったまま死んでいるのを見かけます。
「白い縁模様のカミキリ?」なんて思ってよく見たらよく見かける種類がカビているだけだった……みたいな。

菌類ネタの妄想話も考えたことがあるのですが、披露するコトがあるかどうか……。
No title
> らく画きにがお絵和尚の日記さん

ぼうっとして思考を解き放ち・自由に展開させるのはインスピレーションを得やすい心理状態かもしれませんね。ちょっとした瞑想状態!?
《瞑想》なのか、思考の《迷走》なのか……アヤシイところですが。
No title
・・・涙・・・
この手の・・・涙を誘うストーリーに、とてつもなく弱い私・・・涙・涙・・・
可笑しくて!可笑しくて!(爆笑)・・・涙が流れました・・・
主人公の新出玲良の名前(漢字変換)を目にしただけでもう、涙が頬を伝いました・・・泣ける・・・
ハンカチ無しでは読めないストーリー・・・涙・涙・・・
でも・・・よかった!
ハッピーエンドでよかった!
もしや?王子さまは、玲良が落とした入れ歯で既に・・・なんてことになっていたらどうしようとハラハラしました・・・が、よかった・・・
最後は無事にマツトビゾウムシのペア成立となったのですね・・・良かった!本当に良かった!(涙)・・・

・・・?・・・んんん?「玲良的にはこれで本当に良かったのか?・・・???・・・それはよくわかりませんが、二虫が幸せなら、それでOK!めでたしめでたし!(涙)・・・」☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

虫を探す目に飛び込んで来た衝撃の(!?)入れ歯──これにはどんなドラマが隠されているのだろうか……なんて思っているときに片牙のマツトビゾウムシを見て、こんな脳内ストーリーが展開してしまいました。
これも、虫見で脳味噌が刺激されての副作物かもしれません……。

管理者のみに表示

トラックバック