FC2ブログ

片牙ゾウムシ&シロトゲエダシャク

片牙のマツトビゾウムシ



先日は牙なし&牙ありのマツトビゾウムシを紹介したが、今回擬木の上でみつけたのは……。


知らずに見ると「ゾウムシにするどい牙!?」とビックリするが……口吻が短いゾウムシ(短吻類)の中には、羽化直後の成虫が大顎に牙状付属突起を装備しているものがいて、これは蛹室から地上へ出るさいに使われると考えられているらしい。《牙(状付属突起)》は、役目を果たすと(?)ほどなく脱落してしまうようだが、左右同時にはがれ落ちるわけではないようだ。


このような片牙状態の新成虫を目にすることもしばしば。マツトビゾウムシの《牙》は大きく交差しているので、強く噛み合わせるとか、何かを挟んで噛むことで《牙》の根元に力をかければ、折る(剥がす?)ことができそうだ。しかし、どちらかの《牙》が脱落すると、「噛み合わせる力」を利用して折る(剥がす?)ことはできなくなるから、片牙が残った状態がしばらく続くのかもしれない。






別の擬木の上にいたマツトビゾウムシ↓。よく見ると、こちらも左の《牙》だけ残っていた。






よく見ると《牙(状付属突起)》の根元はアンプル容器の頸部のように細くなっている。この部分で折れるようにできているのかもしれない。

シロトゲエダシャク

マツトビゾウムシの新成虫もでてきて春の気配も感じられるが……頑張っているフユシャク(冬尺蛾)もいるということで──。


名前に「フユ」はつかないが、メスの姿はまさにフユシャク(メスは翅が退化して飛ぶことができない)。


僕は「はみ腹」と呼んでいるが、伸びきった腹の節部分──鱗粉エリアの裾から卵の詰まった薄い皮膚(緑色)がのぞいている。


メスはこんなにユニークな姿をしているのに、オスは平凡な(?)蛾↓。





擬木にいたカメムシも、ちょろっと──↓。


カッコ良いウシカメムシ↑とキレイなムラサキナガカメムシ↓。




スポンサーサイト



コメント

No title
今日初めてフユシャクのメスらしいのを見ました。調べても名前が分かりません。明日アップ予定です。是非教えてください。ナイス!
No title
> 四季の風さん

フユシャク♀っぽい虫を見られましたか。楽しみです。
ユニークな虫や、その時期にしか見られない虫をみつけると嬉しいですね。
No title
見事・・・牙付き(しかも片牙)をお見つけになったのですね!
凄いです!
種の生態や日頃の観察のなせる業だと感服させられます!
・・・それにしても、小動物を想わせる愛らしい表情(?)をしていますね・・・
どうしても、片牙の様子に(進化の過程)を想うのですが・・・???
コガネムシなども土中で成虫になり羽化し這い上がってくるタイプ・・・なのに、牙はない!
それにしても、片牙の状態では何かと不便なのでは?と、つい心配になってしまいます・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

マツトビゾウムシの牙付きはこれまで何度か見てきましたが、両牙よりも片牙に出会うことの方が多いような……。1つ目は「噛む力を利用して」簡単に(?)折ることができるけど、もう一方を折るのにやや手間がかかるのかもしれない……などと想像しています。
本当に見れば見るほどフシギな牙……穴掘りに適した形状ではないですよね? いったいどうしてこんなものがついているのか……どんな進化の過程でこうなったのか興味のあるところです。
No title
きのう私もマツトビゾウムシ見ることができました!
今までタイミングが今まで全然合わずで……
星谷さんのところに上げていただいたおかげで時期が合わせられましたm(_ _)m
キバは片方ずつ取れるのですね。
キバは左右に開閉はしないのでしょうね…

シロトゲ♀、いいですね~。
お腹がはみ出てるのがかわいいです。
私もこれにも会いたいので、また探してみようと思います。
トギレも見てみたいのですが…
No title
> noriさん

虫との出会いはタイミングが大きい気がしますね。とはいっても、出会ってみないとタイミング合っていたのかハズレなのか判らないところもありますが……。
マツトビゾウムシは両牙のものは牙が交差しているところしか見たことがないような。開いた画なんてのも撮ってみたいですが……はたしてコレが本物の牙のように使われているのどうか……?

シロトゲエダシャクはオスはまだちょくちょく見かけるので、♀を見るチャンスもあるかと思います。トギレフユエダシャクもそろそろ……と思っているのですが、今シーズンはオスをまだ1匹見ただけです。
先日、オカモトトゲエダシャクを見たので、これも旬かもしれません。

管理者のみに表示

トラックバック