FC2ブログ

てんしのヒロバ他

天使の翼!?を展翅したかのように広げるヒロバフユエダシャク♀



ヒロバフユエダシャクのメス──2月末に見たメス(【シモフリトゲエダシャクペア&ヒロバフユエダシャク】の画像)と同じ個体が、3月頭にも同じサクラの幹にとまっていた。小さな翅をめいっぱい広げて背筋を伸ばした姿勢がりりしい。


ヒロバフユエダシャクのメスはお気に入りの昆虫の1つ。これでも立派な蛾の成虫だが、メスの翅は退化して小さい(オスは蛾らしい翅を持っている)。飛ぶことのできないメスの小さな翅は、《天使の翼》っぽくも見える。4枚の翅は重ならないように角度をつけて……まるで《展翅》したかのようにきれいに広げられている。


拡大すると、小さいながら翅は鱗粉で覆われていて、ちょっとビーズ細工っぽい感じがしないでもない。左右にはり出した前翅は短く、やや後方へつき出した後翅の方が長い。翌日もほぼ同じ場所にとまっていた↓。


今シーズンは1月下旬からオスが目につきだし、2月上・中旬はよく見られた。しかし3月に入ってからは(オスは)まだ見ていない。メスは3月に入って4匹ほど確認しているが、これ↑以外は、皆サクラの高い位置にとまっていて接写できなかった。




ちなみに、ヒロバフユエダシャク♂はこんな姿↓。


産卵後のシロトゲエダシャク♀



雑木林の木柵にとまっていたフユシャクのメス──最初は産卵後のシモフリトゲエダシャクかと思ったが、よく見るとシロトゲエダシャクだった。


産卵前のメスと比べると、ずいぶん縮んでしまっている。腹も凹んでいた。


シロトゲエダシャクのオスは3月に入ってからもあちこちで目にしている。




フユシャク以外の蛾





ウスベニスジナミシャクも目につくようになってきた。きれいな模様だが、幹にとまっていると、意外に樹皮にとけこんで目立たない。
フユシャク(冬尺蛾)ではないが、冬の間、時々みかけるエレガントなマエアカスカシノメイガ↓。


この時期にセミ!?──と思わせるようなボリュームの蛾・トビモンオオエダシャク↓。


丸みのある腹を見てサンダーバード2号を思い浮かべるのは空目家(?)の僕だけであろうか? 空目と言えば、トビモンオオエダシャクの幼虫はネコ顔に見える!?


ネコのような虫!?


スポンサーサイト



コメント

No title
「あらっ!(?)・・・サンダーバード2号が日本の擬木に!・・・ビックリ驚き!・・・でも私、サンダーバード4号に乗り込むお兄さん(名前忘れました)に心惹かれておりましたの・・・おほっおほほほほ・・・」
・・・の、おばさんの戯言は別にして・・・
多様なフユシャク蛾をお見つけになる星谷さんの観察眼には毎度のことながら驚かされます!
フユシャク蛾に限らず、ウスベニスジナミシャクなど・・・
樹皮そっくりにコーディネートされた翅に惑わされることなく発見してらっしゃり・・・これまた星谷さんの観察眼に心躍らされました。☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

サンダーバードは僕の世代の人には懐かしい。小学生のときノートに「よんだーばーど」なるマンガを書いていたクラスメイトがいたのを思い出します(笑)。

フユシャク探しをするようになって、色々なものに気づくようになりました。早咲きのサクラ等は咲き始めていますが、皆が花に目を向ける中、ひたすら幹を見て歩いています(笑)。

管理者のみに表示

トラックバック