FC2ブログ

シンデレラには嘘がある!?~ガラスの靴よりふさわしいもの

シンデレラには嘘がある!?
~ガラスの靴よりふさわしいもの~

「シンデレラ・ストーリー」という言葉がある。無名の一般女性が成功し幸福になること、玉の輿(たまのこし)に乗ることを言うようだ。童話の『シンデレラ』に由来する言葉だろう。それほど『シンデレラ』は知られている。僕もなんとなくストーリーは知っているが、いつどこでこの物語を知ったのかについての記憶は無い。おそらくリライト作品のようなものもたくさん出回っているに違いない。原典(?)と照らしてどうなのか……そのあたりは良くわからないが、世間一般に広く浸透しているバージョンの『シンデレラ』の話とは、おおよそ次のようなものではなかろうか?

意地悪な継母とその連れ子である義理の姉に虐げられていた娘(シンデレラ)が、魔法でドレスアップしてお城で開催された舞踏会にでかけ、王子に見初められるストーリー。
ただし魔法の効力はその日限りで、夜12時の鐘が鳴り終わると効力を失ってしまう。なのでシンデレラは鐘が鳴り出すとあわてて城から逃げ出すが、そのさいにガラスの靴の片方を落としてきてしまう。王子は残されたガラスの靴を手がかりに「ガラスの靴にぴったり合う足の持ち主」すなわちシンデレラを探しだし、結婚する。

つまりこの物語では「ガラスの靴」がシンデレラを特定する「鍵」として使われている。僕には、この話をどんな形で知ったのかの記憶は無いのだが、「ガラスの靴」のエピソードについては漠然とした疑問を感じていたのは覚えている。「その日限定の魔法でドレスアップしたのに、ガラスの靴だけがどうして残ったのか?」ということだ。舞踏会場から逃げ出したシンデレラが元の(みすぼらしい)姿に戻ったのに、ガラスの靴だけ魔法がとけないのはおかしい。夜12時の鐘が鳴り終わると同時に王子の手の中にあったガラスの靴がそまつな靴に変わる──そんなシーンがあってしかるべきではないか?……みたいな疑問を持っていた。

そして、もうひとつ──「国中の娘にガラスの靴をはかせようとしたのにシンデレラ以外の女性の足には合わなかった」という展開も不自然に感じていた。シンデレラの足のサイズは一体いくつだったのだろう? それと同じサイズの靴を履いている女性は国中にたくさんいたはずで、靴から個人を特定するなんて無理だろう……そんな疑問も持っていた。この物語の中では「ガラスの靴」は「シンデレラ」に結びつくファンタジーアイテム的な意味で描かれていたのかもしれないが、普通に考えたら「シンデレラの足って、よっぽどデカいか小さいか、あるいは特殊なのか」という話になる。「大様の耳はロバの耳」ならぬ「シンデレラの足は○○の足」!?──それは、ちょっとおぞましい。

『シンデレラ』では、「落とし物」から持ち主を特定する「鍵の役割り」として「ガラスの靴」が使われていたわけだが、前述のとおり僕は子供心に「靴で個人を特定するのは無理がある」と感じていた。
さて、それでは、どんな「落とし物」だったなら「鍵の役割り」にふさわしい小道具となり得ただろう?──そう考えたとき、最近見たある光景(*)が蘇った。
総入れ歯──これなら「ピッタリ合った人を持ち主と特定する」ツールとして万人が納得できるのではあるまいか。
落とし物が「総入れ歯」バージョンの『シンデレラ』なんてのは、どうであろう?

──なんてコトを考えたのは、最近見た「入れ歯の落とし物」(*)からの連想であった。


◎マツトビゾウムシのシンデレラ

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-754.html

*擬木上の《!?》~ガヤドリタケなど~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-742.html

●エアポケット幻想
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-642.html

●読み切り童話・短編 メニュー
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

■冗区(ジョーク)~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-379.html

スポンサーサイト



コメント

No title
実に科学的方法だと思います

しかし入れ歯による鑑定はもう死ンデレラになってからのほうが、、
No title
・・・(爆笑!)・・・
・・・すみません・・・不謹慎でした・・・
それはいい案ですねぇ~~~!
となると、王子様とお姫様のグランドロマンが壮大なコケテッシュ物語に変わりますね・・・それもまた良し!
ただし、若い娘さんで総入れ歯は、流石にちょっとかわいそう・・・かな?
替わりに差し歯なんかどうかな~~~?・・・?
No title
> isannkmwさん

入れ歯のピッタリ合う娘を探し出すという特命を受けた家来たちが、景気づけに「入れ歯が入れば お妃さ~♪
ぴったり合う娘 いればお妃♪」
なんていう韻を踏んだダジャレソングを歌っているシーンが脳裏に展開しました。
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

さすがに総入れ歯は王子様のお妃選びの舞踏会ではきびしですかね。
舞台を高齢国にして、年老いた王様の再婚相手の舞踏会&招待相手もそれなりの老婦人ということにすれば、ぴったりくるかも?(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

トラックバック