FC2ブログ

眼でかっ!?チビで可愛いメダカチビカワゴミムシ

眼でかっ!?チビで可愛いメダカチビカワゴミムシ





擬木上を歩きまわる小さな甲虫──メダカチビカワゴミムシ。体長4mmほどの小さな昆虫だが、僕は冬に擬木でしか見たことがない。


小さいながら、よく見るとなかなかカッコ良い風貌をしている。初めて見た時はそのルックスからハンミョウを連想した。オサムシ科ミズギワゴミムシ亜科の昆虫らしい。
冬に擬木上で動き回りよく飛んだりする姿も目にしているが、本来は樹皮の下で暮らしているらしい。僕はこの昆虫の生態についてはほとんど知らないのだが……このカッコ良い容姿も、きっと生活環境や生活スタイルにかなったスタイルなのだろう。


一見して感じる特徴としては──ゴミムシにしては(?)やけに眼がでかい。これは獲物を見つけ的確に捕捉する攻撃目的で発達したものだろうか?(それにしては大顎がハンミョウに比べて貧弱な気もする?) あるいは天敵の接近をいち早く察知する防衛目的のアイテムか……はたまた配偶相手を見つける繁殖目的の特注仕様(?)なのだろうか……?
プロポーションのメリハリ──接続部の「くびれ」を演出する前胸の形はオサムシを思わせる。くびれは前胸の可動範囲を広げるためのものだろう。狩りや狭い所にもぐり込むさいに都合が良いのかもしれない。


そして意外にキレイだと感じたのが背中──翅鞘(上翅)の模様。ハンミョウのように派手な色合いではないが、あわい模様がある。撮影した画像を見ると細かい点刻がほどこされた凹凸構造、あるいは微毛が模様を作っているようにも見えるが……翅鞘(上翅)には光沢があって滑らかでスベスベな表面のように見えたりもする。撮った画像を見ても、ぼかし模様に見えたりドット模様に見えたりして、ちょっと不思議な感じがする。






ちなみにここまでの画像は全て同一個体。
ついでに1月に撮って投稿しそびれていたメダカチビカワゴミムシの画像もこの機会にアップ↓。








こんなに小さいのにオサムシさながらの防衛用武器──最後っ屁(臭い分泌物)をちゃんと装備していることを知ったときも、大いに感心した(*)。


スポンサーサイト



コメント

No title
お早うございます
メダカチビカワゴミムシ、初めてです。
目が出目金ですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡
ポチっと✽
No title
> kaneo93さん

デメチビカワゴミムシの方がぴったりくるかもしれませんね。この大きな眼にどんな意味があるのか、興味のあるところです。
No title
メダカチビカワゴミムシとは・・・これまた心躍る魅力的な昆虫ですね!初めて見聞きしました・・・
ここまで極小なオサムシ科の仲間が居たとは驚きです!
すっごくカッコイイです!
極小でありながらも、胸部のフォルムがアオオサムシなどのオサムシ科の仲間に極似しているあたり、(よくできてるものだな~)と感心させられます。
逆三角形の頭部に大きな眼と言えば、ハンミョウもですが・・・
トンボ目やカマキリ目をも連想させ、この種は、小さな体ながらも、相当良い視覚技術・能力を持ち、それが最大の特典なのでは?とも推測させられました・・・
とってもチャーミングで魅惑的なメダカチビカワゴミムシと、この極小な甲虫をお見つけになった星谷さんに!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

「超ミニチュアサイズなのに、よくできているなぁ!」と感心してしまいました。よく見かけるアオオサムシと比べるとかなり小さい……なのに、ちゃんと最後っ屁まで装備しているんですよね。
大きな眼を含むプロポーションもなかなか魅力的な昆虫ですね。

管理者のみに表示

トラックバック