FC2ブログ

七人の侍@黒澤明DVDコレクション


先日、書店で《黒澤明DVDコレクション》なるシリーズが発売されているのを知った。

黒澤明DVDコレクション/朝日新聞出版
https://publications.asahi.com/kad/

没後20年特別企画ということで黒澤監督の作品全30作をマガジンとセットで隔週で発売していくらしい。
店頭で見つけたのは創刊号の『用心棒』だった。手にとってみると次号予告に『七人の侍』とある。これは買わねばと思って、発売日の本日(1/30)、第2号を入手したのであった。

僕は『用心棒』も『七人の侍』も以前NHKBS2で黒澤明特集が放送されたとき録画したDVDを既に持っている。だから創刊号(『用心棒』)を買うつもりはなかったが、最高傑作の『七人の侍』が出るとなるとスルーするわけにはいかない……。
『七人の侍』はそれだけ素晴らしい映画だ。内容については以前くわしく感想を記事にしている(*)ので割愛するが、理屈抜きにおもしろい。理屈をいえば、巧みで完成度の高い構成に感心してしまう。長い映画(207分)なのだが、それを感じさせない──退屈するところがなく、何度観ても引き込まれてしまう。
これまで観た映画の中からベストワンを選べと言われたら『七人の侍』は真っ先に浮かぶ最有力候補の1つといえる。僕に限らずこの作品に惚れ込んだ人は多いはず。件のNHKBS2黒澤明特集のアンコール視聴者投票でも『七人の侍』はダントツで第1位に選ばれていた。

『七人の侍』には侍をガンマンに置き換えた『荒野の七人』というリメイク洋画があって、これもエンターテイメント作品として充分面白かった。しかし、味わい深さ、緻密さなどで『七人の侍』には及んでいなかった。
ちなみにも『用心棒』の方も、クリント・イーストウッド主演で『荒野の用心棒』という超有名マカロニウエスタンのリメイク作品がある。こちらは『用心棒』より『荒野の用心棒』の方が面白かったし良くできていると思っている。
『荒野の用心棒』もテレビ放送を録画したDVDを持っていたが、《マカロニ・ウエスタン傑作映画DVDコレクション》(*)が創刊された時に、あらためて購入している。

傑作作品は称賛したいし応援したくなる。多くの人が鑑賞する機会が増えて欲しい。そういった意味で《黒澤明DVDコレクション》のリリースは歓迎したい。

隔週刊 黒澤明DVDコレクション 第2号/1657円+税
『七人の侍』1954年/モノクロ/207分
監督:黒澤 明/脚本:黒澤 明・橋本 忍・小国英雄
出演:三船敏郎・志村 喬・津島恵子 他


*映画『七人の侍』の巧みさ

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-110.html

*G・ジェンマの《空中回転撃ち》@南から来た用心棒
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-553.html


■エッセイ・雑記 ~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

スポンサーサイト



コメント

No title
星谷仁 讃江

私の劇場で観た『七人の侍』は
東京放浪時代の23歳の折り
当時の銀座並木座なる
アートシアターで300円
大卒初任給2~3万の頃だったかもしれない
休憩時間を入れて
興奮して見ましたねぇー
都会は、東京は
こんな体験が出来る
素晴らしいなぁー
と、
田舎暮らしの不毛性に
改めて・・・(;´Д`)

らく画きにがお絵和尚より
No title
> らく画きにがお絵和尚の日記さん

『七人の侍』は引き込まれますね。
昨今の映像技術はかなり進んでいて、当時とは比較にならないでしょうが、それでも『七人の侍』の迫力に迫る映画を撮るのは至難の業ではないかと思います。
古い作品ですが、「良さ」はまったく色褪せていない大作ですね。
No title
人気のスターウォーズも黒沢の影響受けてます。ナイス!
No title
> 四季の風さん

『隠し砦の三悪人』が『スター・ウォーズ』の元になったようですね。『隠し砦の三悪人』もNHKBS2の黒澤明特集が放送になったときDVDに録画しているのですが、何度も観てしまうのは『七人の侍』の方だったりします。

管理者のみに表示

トラックバック