FC2ブログ

冬虫夏草な蛾!?

菌類のコンバットスーツ!? 冬虫夏草な蛾!?



ギボッチ(擬木ウォッチ)でかわったものを見つけた。菌類に侵された蛾(画面右を向いている)のようだが……(デビルマンの)デーモンに憑依されたかのような奇怪な姿が目をひいた。冬虫夏草の仲間で蛾の成虫に生えるキノコがあることは知っていたが……おそらくそれ──ガヤドリタケの仲間ではなかろうか?


それにしても、キノコに相当する突起の出方が絶妙なこのデザインは偶然なのだろうか? 猛々しく張り出した突起が戦闘モードの装甲っぽくも見える。《菌類のコンバットスーツ(鎧)》──特殊な菌類の感染によって変身能力を得た《冬虫夏草ヒーロー》なんていうイメージも湧いてきたりして。
キノコ・菌類方面のことはよくわからないが……変身後(?)の姿がおもしろかったので、色々な角度から撮ってみた。














この形から、オカモトトゲエダシャクを連想した。


しかし、よく見るとオカモトトゲエダシャクとは違う……大きさも、オカモトトゲエダシャクより小さい蛾が宿主だった。


謎のガヤドリタケ!?

冬虫夏草については「(植物を思わせる)キノコが生えた昆虫の姿から《冬は虫・夏は草となる》と考えられて名付けられた」という由来くらいしか知らなかっので、今回みつけたモノの正体を調べてみようと図書館をハシゴし『原色冬虫夏草図鑑』(清水大典/誠文堂新光社/1994年12月)と『カラー版冬虫夏草図鑑』(清水大典/家の光協会/1997年9月)を借りてきた。両方とも立派な本だったので、該当候補はすぐに見つかるだろうと思って「チョウ(鱗翅)目に生ずる種」のページをめくっていったのだが……ピッタリくるのは見当たらなかった。
蛾の成虫に生ずる冬虫夏草は意外に少なく(蛹や幼虫に発生するものが多い)、紹介されていたのは、ガヤドリナガミノツブタケ・アメイロスズメガタケ・ガヤドリキイロツブタケ・ジュズミノガヤドリタケ・ハナサナギタケ(蛾の蛹・幼虫・まれに成虫に生ず)だけだった(あとは分布がアメリカの Cordyceps isarioides)。
インターネットでも検索してみたが、近いのはガヤドリナガミノツブタケだろうか。しかしヒットした画像に比べると、今回みつけたものはキノコにあたる突起部分が少ないし、左右同じような位置から生じていて規則的(対称性がある)なところもひっかかる。突起が少ないのはあるいは宿主の蛾が小さいことも関係しているのかもしれない。あるいは、また別の未知な(?)種類なのか……。
結局、今回みつけた《冬虫夏草菌に侵されたとおぼしきもの》の正体は現時点ではよくわからずにいるわけだが……いずれにしても、見た目がおもしろかったので投稿してみた。

追記:その後のガヤドリタケ!?



1月22日の大雪(東京では積雪が23cm)で雪に埋もれたはずだが、雪融けあとも同じ場所に健在だった。


スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
生きたままの虫に宿るキノコと言った意味でも、冬虫夏草はまさに寄生者!
実に不思議な営みですね!興味深いです。
カメムシやセミにオサムシ、アリやハチの冬虫夏草の写真は見た事もあります。が、ガヤドリタケ(不明とは言え)は初めて見聞きしました。
確かに、オカモトトゲエダシャクのフォルムにそっくりですね・・・面白いです!
冬虫夏草の発見は難しいのでは?と、お察しいたします。
よくお見つけになりましたね・・・
流石の観察眼に、感嘆のため息がもれました・・・☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

昆虫病原糸状菌にやられた昆虫は時々目にしていましたが、冬虫夏草っぽいのを見たのはこれが2例目(以前、虫見を始めた頃に某観察オフでオサムシタケを見せてもらったのが最初)。自分で見つけたのはこれが初めてです。

蛾の成虫に生じる冬虫夏草は、ネットで見たことがあったので(ガヤドリナガミノツブタケ?)、それが頭に浮かんだのですが……同じものなのか、全く別のものなのかは良く分らずにいます。

正体はサダカではありませんが……蛾をこのような姿に変えてしまうモノがいるということに興味を覚え、記録しておくことにしました。
No title
う~ん、世の中には不思議なものがいるものですね。というかわたしはゴミにしか見えませんでした。ナイス!!
No title
> 四季の風さん

パッと見はゴミでした。いちおうゴミの正体を確かめようとよく見ると……コレでした。
正確なところは判りませんが、とりあえずこの形が不思議で面白かったので。

管理者のみに表示

トラックバック