FC2ブログ

シモフリトゲエダシャク・シロフフユエダシャク

「フユ」がつかないフユシャク:シモフリトゲエダシャク



シモフリトゲエダシャクの♀が出ていた。標準和名に「フユ」の文字こそ入っていないが、立派なフユシャク(冬尺蛾:年1回、冬に発生しメスの翅は退化しているシャクガ科の蛾)のひとつ。初めてこのフユシャク♀を見たときはユキヒョウを連想した。




体をおおう鱗毛が高級毛皮を思わせる。体格も立派で、フユシャクの中では日本最大級らしい。以前であったメスはかなりボリュームがあった。
メスの小さな翅は退化していて飛翔の役には立たない。知らない人が見たら、これが蛾の成虫だとは、とても想像できないのではないか──というくらいユニークな姿をしているメスに対してオスは普通の(?)蛾↓。


シロフフユエダシャクも出てきた



シロフフユエダシャクも出てきた。今シーズン初のメス↑は、ガードパイプの支柱にとまっていた。擬木の上に出ていたシロフフユエダシャク♀↓。






シロフフユエダシャクのオスは、1月上旬から目にしている。


陸橋の欄干にとまっていたシロフフユエダシャク♂↓。


ウスバフユシャクのペア





ウスバフユシャクのペアは12月にも見ているが、このところ目にする機会が増えてきた。
擬木にとまっていたウスバフユシャク。ペア↓。


壁面にとまっていたウスバフユシャク・ペア↓。




冬に見かけるフユシャクでない蛾

冬に出会う蛾はフユシャクばかりではない。しばしば見かけるマエアカスカシノメイガはシースルーの翅がエレガント。




駅の階段にとまっていた枯葉ちっくなホシヒメホウジャク↓。


一口に「蛾」といっても、種類によってずいぶんイメージが違うものだ。

スポンサーサイト



コメント

No title
シモフリトゲエダシャクってまだ見たことないと思っていましたが
かっこいいですね~。
見てみたいです。
ユキヒョウ、たしかに似てますね!
オスも見られてすごいです。
以前の記事も拝見しました。
お腹がぺしゃんこになった姿、これはがっかりですね…。
ぷっくりのときがかっこいいだけに、落差が…
No title
> noriさん

フユシャク亜科の♀やシロフフユエダシャク♀のサイズに目が馴れてくると、シモフリトゲエダシャク♀に出会うと、「!」と思います。大きいし、気品(?)すら感じるというか。
フユシャク亜科の♀やシロフフユエダシャク♀を銀のエンゼルとすれば、シモフリトゲエダシャク♀は金のエンゼルみたいな(おもちゃの缶詰が当る森永チョコボールに例えると)。
フユシャク亜科の♀・シロフフユエダシャク♀が小吉ならば、シモフリトゲエダシャク♀は大吉って感じで。
そのボリューム(存在感)が魅力の大きな要素なので、産卵前の大型個体に出会うとテンションは更に上がりますね。逆に産卵後でお腹かペシャンコだと残念感があります。

特大のシモフリトゲエダシャク♀に出会えないかと密かに期待しているのですが、はたして今シーズンは、その願いがかなうかどうか……。

管理者のみに表示

トラックバック