FC2ブログ

年末のフユシャク♀2017

イチモジフユナミシャク♀の美麗条件!?

前の記事で取り上げたばかりのイチモジフユナミシャク♀だが、その後もつい探してしまう。この時期には比較的よく見かけるフユシャクなのだが、美麗個体はそう多くはない。新成虫はおおむね(?)美しいのだろうが、イチモジフユナミシャク♀は見た目の劣化が早いような気がする。
新鮮な個体も劣化した個体も、「見つけた時期が違うだけ」で、その個体自体に変わりはないのだが……やはりキレイな時の姿を見ておきたくなる。成虫は1月の上旬まで見られるだろうが新鮮な個体の割合は減っていくだろう。すでに産卵後の腹が萎んだ個体を目にすることが多くなってきている。
ということで、見られる時期に美麗個体を見ておかねばもったいない──と、ついビンボー根性で、その姿を探してしまうのであった……。




サクラ(幼虫の食餌植物)の古木で見つかることが多いイチモジフユナミシャク♀。これは産卵前のキレイな部類。
全く個人的なこの種♀の「理想の美麗基準」は──
◎前翅・胸の青みが濃いこと。
◎前翅の黒帯模様がハッキリしていること。
◎腹はパールホワイトで背面の黒紋と側面の輪紋が明瞭なこと。
◎鱗粉がきれいに整っていること。
◎腹がぷっくりふくれて張りがあること(産卵前のプロポーション)。
これは、あくまでも個人的な「希望」。希望通りの個体を目にすることは、そう多くない……。
上の個体を見つけたあと、やはりサクラッチ(桜ウォッチ)をしている人がいる──と思ったら、確認済飛行物体のnoriさんだった。そのnoriさんが見つけたきれいなイチモジフユナミシャク♀↓。


とまっているのは、やはり苔むしたサクラの幹。微妙な位置にいて、撮影時は伸ばした腕がプルプルしがちな状況。刺激して、じゃっかん動いてもらって撮った画像↓。


背景に、あわいブルーの地衣類の片鱗が写っているが、イチモジフユナミシャク♀の翅のブルーとよく似ている(*)。


産卵前の美しいプロポーション↑に比べ、産卵後はというと──↓。


腹がしぼんで、ちょっと貧相に見える。腹が縮んだことで比率的に翅が大きく感じられ、印象がずいぶん変わる。よく知らなかった当初は産卵の前後で別の種類だと思っていた。
木製の手すりの上にいた、やはり産卵後の♀↓。




擬木の上にいたこの♀は、まだ卵を持っていそう?↓






前翅&胸の青みは濃く、色合い的には申し分ないが……腹は少ししぼみぎみ。産卵の途上なのだろうか?
この♀↓は、産卵前のプロポーションだが、鱗粉(特に腹)がささくれて、ちょっとみすぼらしい……。




体をおおう鱗粉は、風雨あるいは乾燥、時間の経過などの影響で荒れてしまうのだろうか? キレイな個体との比較↓。


ということで、やはり見るなら美麗個体であってほしい──と思ってしまう。

翅が消失したフユシャク♀

イチモジフユナミシャク♀には、小さいながらも翅があって、それが魅力であったりもするのだが、フユシャク♀の中には翅が消失しているものもいる。




ホルスタインチックな白黒模様で異彩を放つチャバネフユエダシャク↑。
単独でいると種類を特定するのが難しいフユシャク亜科のフユシャク♀↓。




苔むしたサクラにとまっていたフユシャク♀も↑、noriさんが見つけた個体。


スポンサーサイト



コメント

No title
高いところにいた、プルプルしながら撮影の写真、きれいに撮れていますね!
まさかあんなに撮りづらい状況とは写真からは分かりません。
チャバネフユエダシャクは今年は会えずじまいになりそうです…。
なめらかな質感に我慢できず、ついなでなでしてしまったことがあり
その逃げ足の速さに驚き、手触りのよさがよく分からなかった記憶があります。

フユシャクに詳しい星谷さんにばったり遭遇できて、ラッキーでした。
No title
フユシャク蛾(♀)の魅力は、先ずは、そのフォルムにある・・・
と想いがちな私。ですが、チャバネフユエダシャク(♀)の持つ模様や、何と言ってもイチモジフユナミシャク(♀)の持つ翅のエメラルドを薄めたかのような色彩に、心奪われずにはいられません。
とは言うものの、私、いまだに、天然のイチモジフユナミシャク(♀)に出会ったことがなく・・・
(苔に紛れた?この種を見付けられずにいるのかな?・・・)
・・・記事のお写真を拝見させて頂くたびに・・・
「宝石だ~~~まさに宝石!」と、つぶやくにとどまっています。近年、虫の種数、個体数が減少気味だそうですが、来年は宝石探しを試みたいと想います。
No title
> noriさん

NGも量産しました(笑)。デジカメはNGをたくさん撮ってもただ。削除すればいいだけなので、ブレそうなシーンはとりあえず数撃ちゃ当る方式で。

チャバネフユエダシャクは質感がイチモジフユナミシャクやフユシャク亜科のメスとはちょっと違った感じがしますね。体を覆う鱗粉(鱗毛?)の形が違っているような(チャバネフユエダシャクは毛のような形状)。
夜行性のフユシャクは昼間じっとしていることが多いですが、動き始めるとけっこうしっかり歩きますね。

僕は詳しいわけではないのですが、ビンボー根性で、この時期にはついサクラッチに出かけてしまいます。
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

僕も最初はフユシャク♀のフォルム(退化した翅)のユニークさに興味を持ったのですが、フユシャクを知った当初は「フユシャク=地味」というイメージを持っていました。
それが知らずに初めて見たイチモジフユナミシャク♀が、ブルーが濃い個体だったのでビックリ! 「フユシャク♀でも、こんなにキレイな種類があるのか!?」と認識を改めました。

それまで抱いていた印象・認識を打ち破る虫に出会うと感慨がありますね。

管理者のみに表示

トラックバック