FC2ブログ

フユシャク色々

イチモジフユナミシャクも出てきた



イチモジフユナミシャクは12月下旬に入ってから目にすることが多かったが、今シーズンはちょっと早め? とりあえず出ていたということで。


他のフユシャクは擬木で見つかることが多いが、イチモジフユナミシャクのメスは桜の幹での発見率が高い。苔むしたサクラの幹にとまっていた今シーズン初のイチモジフユナミシャク♀。フユシャクなのでメスの翅は退化しているが、この小さめの翅が個体によってブルー~グリーンがかったものがいて美しい(*)。
オスはまるっきり違った姿をしている↓。




ウスバフユシャクのペア



これも今シーズン初のウスバフユシャク。キボッチ(擬木ウォッチ)でオスの姿が目にとまり、「もう出ていたか……」と思ってよく見ると、オスの翅のかげにメスが隠れていた。


イチモジフユナミシャク♀は小さいながらチャーミングな翅を持っているが、このウスバフユシャクではメスの翅は消失してしまっている。


フユシャク(冬尺蛾)の仲間でも種類によってメスの翅の大きさ(退化の度合い)に格差があるのが面白い。

クロオビフユナミシャク



ウスバフユシャク♀の翅が消失しているのに対し、このクロオビフユナミシャク♀は(フユシャク♀としては)翅が大きめ。


とはいっても、やはりフユシャクなのでクロオビフユナミシャク♀も飛ぶことはできない。飛翔能力のあるオスの翅と比べてみれば、その差は歴然。


チャバネフユエダシャク



ホルスタインちっくなルックスがふるっているチャバネフユエダシャク♀。これも翅は消失していて、とても蛾の成虫には見えない。この個体は産卵途上なのか、少し腹が萎みかけている。同種とは思えないオスの姿は↓。


12月も半ばになってフユシャクも色々出てきたということで。


スポンサーサイト



コメント

No title
フユシャク、拝見して探して見ようと思います。ナイス!
No title
> 四季の風さん

フユシャクは特にメスの姿がユニークなので、この時期になると探してしまいます。
個人的には《冬の風物詩》ですね。

管理者のみに表示

トラックバック