FC2ブログ

クロオビフユナミシャクとチャバネフユエダシャク

大きめの《退化した翅》が魅力!?クロオビフユナミシャク♀



ギホッチ(擬木ウォッチ)でみつけたクロオビフユナミシャク♀。冬に活動するユニークな蛾・フユシャク(総称)の1つ。


フユシャク(冬尺蛾)は、どれもメスは翅が退化していて飛ぶことができない。平凡な蛾にしか見えないオスとはかけ離れたルックスがユニークなので、メスをみると、つい撮ってしまう。種類によってメスの翅の退化の度合いにはずいぶん格差があって、そんなところもおもしろい。
クロオビフユナミシャク♀の翅も、もちろん退化しているのだが、フユシャク♀の中では大きめ。この「大きめの《退化した翅》」に描かれた模様の色合いやコントラストには個体差があって、この個体は黒・白・グレーがくっきりでた美人の部類。鱗粉も綺麗にそろっているので新鮮な成虫だろう。


擬木の上ではバレバレだが、木の幹にとまっていると見つけるのは難しい。小さな翅ながら、この模様はボディーラインのかく乱・隠蔽に役立っているように思う。例によって1円硬貨との大きさ比較↓。


退化し《消失した翅》が魅力のチャバネフユエダシャク♀







前の記事でも紹介したチャバネフユエダシャクのメス。同じフユシャクの仲間だが、クロオビフユナミシャク♀が大きめの翅を持っているのに対し、チャバネフユエダシャク♀は翅がすっかり退化して消失している。体には独特の白黒もよう(ホルスタイン模様?)があって異彩を放っている。
近くにいた別個体↓。


やはり擬木でみつけた別個体のチャバネフユエダシャク♀↓。




オスはどこといって変わったところのない平凡な蛾…

ということで、ユニークなメスばかりにカメラを向けがちなフユシャク。いちおうオスの姿も比較用に……。


12月中旬のキボシカミキリ



らんかんにとまっていたキボシカミキリ。触角は片方折れて、斑紋の「黄星」も「白星」と化していた。




よく見かけるキボシカミキリや近年さっぱり見かけなくなったシロスジカミキリは新鮮な生体では斑紋が黄色だが、生き残りや標本になると白くなってしまうという。シロスジカミキリの「白筋」は標本の斑紋の色からの命名だろうが、キボシカミキリの「黄星」は新鮮な生体の方の色を採用していることになる。ならばシロスジカミキリも「キスジカミキリ」でよかったのではないか……なんていう気がしないでもない。ちなみに「黄星カミキリ」に対して「白星(しらほし)カミキリ」という種類は別に存在する。
キボシカミキリは、5月頃から出現するが、意外に遅くまで目にするカミキリで、僕は年越し個体を2度確認している。
1月にキボシカミキリ ※2014年01月17日
新年2種目天牛はキボシカミキリ ※2015年01月08日

スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
虫の姿・形には由がある・・・らしいので、フユシャク蛾の種それぞれの♀に観られる翅の消失、退化にも、また、翅の模様、体の模様にも、(生き延びるための由)があるのでしょうね!(?)
飛ぶことのできないフユシャク蛾の♀の・・・唯一の移動手段である立派(逞しくも見えます)な脚に・・・
「姿・形にはそれなりの理由がある!」を再認識させられました。☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

ユニークな特徴のある虫には、どうしてそうなのか──色々と好奇心がくすぐられますね。
フユシャク♀は翅こそ退化していますが、脚はしっかりしているように思います。「飛べないのに、よくこんなところまで歩いてきたな」なんて感心したことも何度かありました。

管理者のみに表示

トラックバック