FC2ブログ

強風に耐えるウスタビガ

ウスタビガin強風:4つの眼状紋は透明



強風にあおられ翅をヒラつかせながら、飛ばされまいと懸命に支柱にしがみついているウスタビガがいた。風がやわらぐ瞬間を狙って撮った画像↓。


大きくて(開張:75~110mm)美しい蛾。4枚の翅それぞれに1つずつ眼状紋(目玉模様)がついているが、この4つの眼状紋は丸窓のように透けているのがよくわかる。


風にほんろうされるウスタビガ。




この画像↑では右前翅の眼状紋でない部分も鱗粉が剥げかけているのか(?)若干透けているようにも見える。オオスカシバのように、翅の地色は透明で、眼状紋以外の部分が鱗粉で塗装(?)されているということなのだろうか?
だとすれば《眼状紋が透明》というより、《(透明な翅の)眼状紋以外の部分が(鱗粉で)着色》なのかもしれない?

ウスタビガの繭は美しくてユニーク



冬になると、葉を落として裸になった枝先に鮮やかな緑色が目立つウスタビガの繭↑(昨年12月に撮影)。繭が作られる6月頃には、緑色の葉に紛れて隠蔽されている。羽化は晩秋なので、冬に見られる繭は本来もぬけの殻(寄生蜂が入っていることもある)。羽化した母蛾が卵を産みつけていることもある。


繭の上部はガマグチのように開閉するつくりになっているため、羽化のさいに繭を壊さずに成虫が脱出できる。なので羽化後も繭の形はきれいなまま保たれている。繭の底には孔(雨水の排出孔?)が開いて、なかなかこった作りになっている。
ちなみに、セミヤドリガの繭も同じようなガマグチ構造で、左右から押すと口が開く。




(※【セミヤドリガの繭と蛹】より再掲載↑)
セミヤドリガは繭から蛹がせり出して羽化するが、ウスタビガでは蛹(抜け殻)は繭の中に残される(繭からは羽化した成虫がでてくる)。
ウスタビガ繭の密度が高い木↓。


(※【メダカチビカワゴミムシの最後っ屁ほか】より再掲載↑)

ウスタビガは幼虫も美しくてユニーク



緑の体に青い突起が美しいウスタビガの幼虫。




(※【メダカチビカワゴミムシの最後っ屁ほか】より再掲載↑)
幼虫は触れるとチーチーとネズミの鳴き声のような音をだす。敵をひるます威嚇のような効果でもあるのだろうか? 幼虫もちょっと面白くて魅力的。

スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
ウスタビガの眼状紋が透明だとは知りませんでした。
透明な部分を持つチョウ、ガの仲間は、どこか人を惹き付ける魅力がありますね!わざわざその部分だけ鱗粉がはがれている意味(秘密)も知りたいところです。
・・・多様な観察記録をお持ちなところも・・・流石ですね!
幼虫がこんなにも美しいとは・・・
大型の蛾にも、心揺さぶられますね!☆
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

せっかくのウスタビガなのに、背景がイマイチだなぁ……なんて思いながら撮ってみたのですが、眼状紋が透明なことがよくわかるので、その意味ではかえって良かったかも。

おっしゃるように透明パーツを持つ昆虫には魅かれるものがありますね。
チョウ・蛾に限らず、ジンガサハムシなども。
昆虫は構造色にも魅かれますが、透明パーツにも魅かれます。
No title
意外と綺麗なんですね。
繭は見ますが成虫は見た事がないです。
ガマグチは繭を見つけた時に真似してみます。(^^;
No title
> まあささん

綺麗だし大きいし、けっこう存在感がありますね。
確かに繭を見る機会に比べて成虫を見る機会はずっと少ない気がします。
なので、見つけると「アタリ」感があるような(笑)。
繭は入口の左右を押すと、パカッとひらきます。
No title
ウスタビガ、きれいですね!
翅の丸い模様、右が黒くて左が白いわけではなくて
半透明で後ろが透けているのですね。
おもしろいです~。
昔、部分的に半透明なお茶碗とか流行りましたよね…(関係ないですが…)。
繭はたしかに見たことがありますが
成虫は見たことがないですし、幼虫もきれいなんですね!
No title
> noriさん

ヤママユガの仲間もけっこうきれいですね。大きいので存在感もあるし。
スケルトン(透けとるん?)模様があると興味が増します(笑)。
緑色の繭は、冬にはけっこう目立つので目につきやすくなりますが、緑の葉が茂っている頃には、なかなか気づけなかったりして。
冬の繭はすでにもぬけのカラ──と思って持ち帰って飾っておいたら、暖かくなって寄生蜂が出てきて、てんやわんやという体験をした知人がいました。
ウスタビガは成虫も繭も幼虫もキレイな蛾ですね。

管理者のみに表示

トラックバック