FC2ブログ

ヤスマツトビナナフシとニホントビナナフシ

ニホントビナナフシ:ヤスマツトビナナフシ

狭山丘陵でこれまでに僕が確認したトビナナフシはニホントビナナフシとヤスマツトビナナフシの2種類。ニホントビナナフシが多い。ニホントビナナフシの方は(本州の個体は)単為生殖といわれているのに両性生殖を確認したり、(体色が緑色とされているメスで)黄色い個体に遭遇したり、オスとメスのパーツが混在する雌雄モザイク個体を見つけたりして、これまでに何度もブログネタにしている(*)が、ヤスマツトビナナフシについては少し前に柔らかいネタで1度取り上げただけ──あまり注目することがなかった。
思えば意外に出会う機会が少なかったヤスマツトビナナフシ成虫♀(単為生殖をし♂は確認されていない)を先日また見かけたので、ニホントビナナフシ成虫♀との違いなどを比べてみることにした。
見慣れたニホントビナナフシに比べるとヤスマツトビナナフシは若干小さめな感じもするが、両種はよく似ている。一見してわかりやすい識別点は【眼の後ろから体の側面を縦に走る筋状の模様】の有無だろう。あればニホントビナナフシ。ヤスマツトビナナフシには無い。【前翅の配色】にも違いがあって、ニホントビナナフシでは赤褐色の部分がある(同じ部分がヤスマツトビナナフシでは緑色)。また、腹端にある【尾毛(びもう)】と呼ばれる1対の突起が、ヤスマツトビナナフシでは長く飛び出しているように見える。
画像で比較すると違いがわかりやすい──↓。






というニホントビナナフシ↑に対して、ヤスマツトビナナフシでは↓。






ヤスマツトビナナフシの大きな瞳!?

こうした相違点とは別に、パッと見の印象で違うと感じたのは眼だ。トビナナフシの複眼にはカマキリで見られるような偽瞳孔(カメラ目線で写る複眼の中の黒い点)があって、つねに見つめ返しているようにうつる。この偽瞳孔は背面から撮ると上を向いた寄り眼がちの黒点になるのだが……ヤスマツトビナナフシでは、この黒い部分がやけに大きく、「パッチリした目」に見える!?


ヤスマツトビナナフシの背面ショットを見て「ずいぶん大きな偽瞳孔(擬瞳孔)だな……」と最初は驚いたが……じつは、これは偽瞳孔(擬瞳孔)ではなく、複眼の模様だった。
そんな眼の比較ということで、まずは見慣れたニホントビナナフシから──↓、


ニホントビナナフシと頭部の造型はほとんど変わらないのにヤスマツトビナナフシでは黒目模様(?)があることで、ずいぶんと表情(?)の印象が違って見える↓。


ヤスマツトビナナフシの背面ショットで黒目にみえたのは複眼の模様で、角度を変えると偽瞳孔(擬瞳孔)は別にあるのがわかる。(ヒトでは)「黒目を大きく見せるカラーコンタクトレンズ」なんてものがあるらしいが……なるほど、黒目が大きいと印象も変わるものだ。しかし、ヤスマツトビナナフシがヒトの好感度を上げるために「黒目を大きく見せる」ことをしているとは思えないから、複眼の模様には何か別の意味があるのかもしれない。
ニホントビナナフシも複眼に筋状の模様が入っている。眼を隠蔽する分断模様にしては……むしろ黒っぽい模様は目立つ気がしないでもない。あるいはハレーションを防ぐような役割りでも果たしているのだろうか?


スポンサーサイト



コメント

No title
ヤスマツトビナナフシの目が大きく見えるのは複眼の模様のせいだったんですねー。参考になりました!
No title
> shinoさん

ニホントビナナフシの比べるとずいぶんパッチリした目だと思ったら……模様でした。黒目(模様)の大きさで、ずいぶん印象が変わるもんですね。
No title
こんばんは・・・
虫好きになった要因の一つが、(虫の持つ擬態の姿)だったものですから、擬態の一つと考えられている(眼状紋)に興味を持っています。
鳥脅しのために畑や田に添え付けられる(眼玉模様)や、トリケラトプスの模様(空想)を思い出しました。
テントウムシなどが持つ本物の眼より大きめの(眼玉模様:本来持つ体の大きさよりも大きな体を連想させる?との説もあり)など・・・虫にとって(大きな瞳?模様)は、何だかの効力があるのかもしれませんね!?・・・
そういった、虫の模様の持つ不思議も、たまらなく面白いですね!☆・・・
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

ヤスマツトビナナフシの黒目模様(?)にどんな意味・役割りがあるのかはわかりませんが……昆虫でよく見られる眼状紋は色々と脳味噌を刺激してくれますね。
眼状紋については以前、思うところを記したことがありました。

・眼状紋と眼隠蔽模様
http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/33007337.html

管理者のみに表示

トラックバック