FC2ブログ

ハリサシガメのペア

ハリサシガメの成虫&ペア



雑木林のふちの石垣で観察を続けている捕食性カメムシのハリサシガメ。


前胸背面の複雑な立体模様や背中に突き出したトゲ状の突起、墨を流したような黒い翅に映える「ハ」の字模様(逆ハの字模様)が魅力。1円硬貨と比較すると、こんなサイズ↓。


7月下旬から成虫の姿を見るようになったが、石垣の隙間で今年初のペアを確認。


奥まった場所で撮りにくいが……とりあえず、撮影できる角度から撮影。






ハリサシガメの交尾は、オスがメスの側面から抱きつくようなスタイル。カメムシの交尾というと、腹端を接点にオスとメスが反対方向を向いている姿をイメージしがちが、それとはずいぶん印象が異なる。翅の長さも違うし(これまで見たペアではいずれもオスの翅が長くメスの翅は短かった)、咋シーズン初めて見た時は、側面から抱きかかえている成虫(翅が長い方)が亜成体(翅が短い方)を捕食しているかのようにも思え、「!?」だった。じっさいは翅が短い方も成虫で、ハリサシガメの翅の大きさは、個体によってまちまちだということがわかった。


(※【ハリサシガメぷちまとめ】より再掲載↑)
ちなみに、よく見かけるカメムシの交尾──ハリサシガメの石垣近くで撮影したオオホシカメムシとキバラヘリカメムシのペア姿↓。


ハリサシガメの幼虫



7月下旬から羽化シーズンに入ったようだが、まだ幼虫も見られる。この幼虫は狩ったアリの他にオカダンゴムシ(白くなっている)をデコっている。
別のハリサシガメ幼虫↓。


こうして石垣の上に出ていると比較的見つけやすいが、土の上にいると(まとった土粒コーティングのため)輪郭がわかりにくい。


石垣にはまだ大きさ(ステージ?)の違う幼虫が混在している。




スポンサーサイト



コメント

No title
ハリサシガメ、今の時期は成虫と幼虫がどちらも見られるんですね。
交尾、他のカメムシと全然違うんですね。
初めて見た人は交尾と気づかなそうです。
長翅型、短翅型、まるで別種のようですし
いろいろと興味深いカメムシですね。

きのうコメントしたのですが、パスワードを入れ忘れていた気がしてもう一度書き込みします。
もし2回入っていたら、どちらか消去お願いしますm(_ _)m
No title
> noriさん

このところネットへの接続が不安定で、返信が遅れてスミマセン(とりあえずつながったけど、まだ不安……)。

そうなんです。今は幼虫と成虫が見られるお得な(?)時期なんですが、晴れて暑い日は石垣の表に出てこないようなので、条件によって見られたり見られなかったりという感じです。
曇って気温があまり上がらない日が見頃かも? そんな日が今シーズンあと何日くらいあるのか……幼虫が見られるうちに見ておかないと損……みたいな貧乏根性で、つい見に行ってしまいます(笑)。
No title
こんばんは・・・
ペア、交尾のシーンなまで拝見させて頂けてとても嬉しいです。
カメムシそれぞれの交尾のパターンには、何だかの意味合いがあるのでしょうね?・・・
長翅型と短翅型など個体によって変異がある・・・その謎、訳が知りたいところです・・・
もしや進化(退化)の途中なのでしょうか?
だとしたら、どちらがより今の地球環境に則した姿なのでしょう?・・・と・・・
虫の姿・形一つとっても不明で不可解で興味深い・・・
虫って実に面白いですね!!!☆・・・
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

ハリサシガメのペア、これまで見たケースではすべて♀の翅が短く♂の翅が長かったです。その逆があるのか……ないとすると、そこに何か意味があるのか気になるところです。

短翅型の個体はとても飛ぶことはできないでしょうが、長翅型の個体でも、これまでハリサシガメが飛んだり飛ぼうとしたりするシーンを見た事がありません。今のところ飛ぶことができないのではないかと考えているのですが、それが局所的といわれることに関係しているのではないかと想像しています。

管理者のみに表示

トラックバック