FC2ブログ

ハートカメムシとブロークンハート亀虫!?

♥カメムシことエサキモンキツノカメムシ

ハート模様のニシキゴイの話題がニュースになっていた。《ハート模様のコイを見つければ恋愛成就につながるというジンクス》うんぬんかんぬん……。
ハート模様には人気があって、ハート模様のある生き物は、しばしば話題になりがちだ。とかく嫌われがちなカメムシでさえ──ハート模様を持ったエサキモンキツノカメムシは注目されやすく、好感も持たれやすいらしい。ブログなどにもちょくちょく登場している。
そんなエサキモンキツノカメムシの新成虫を、このところよく見かける。


背中の♥型の紋がトレードマークのエサキモンキツノカメムシ成虫。《ハート模様の昆(婚)虫を見つければ恋愛成就につながるというジンクス》──なんてハナシがあってもよさそうな気がしないでもない?
ただ、この紋には個体差があって「きれいな♥」はそう多くない。
♥紋の上部切れ込みちょっと浅めの個体↓。


切れ込みがほとんどなくてハート模様というより丸みをおびた逆三角形──(エサキのつかないただの)モンキツノカメムシとまぎらわしい紋の個体↓。


逆に切れ込みが激しく、♥紋が2つに裂けた──ブロークンなハート模様の個体もいたりする↓。


別個体のブロークンハート模様↓。


《ハート模様を見つければ恋愛成就につながる》というジンクスがありなら……《ブロークンハート模様を見つけると破局につながる》なんてジンクスも成立するのであろうか……。

エサキモンキツノカメムシ成虫の臭腺開口部(開孔部)



♥紋で注目されがちなエサキモンキツノカメムシ。昆虫でありながら卵や孵化した幼虫を守るという♥紋にふさわしいアッパレな習性も好感が持たれやすい理由かもしれない。
ただ、カメムシなのでいわゆるカメムシ臭を放つ。このニオイを放つ孔──臭腺開口部(開孔部)は、幼虫では腹の背面にあり、成虫になると胸の腹面側に移動する。


もう少しアップで──、


成虫の臭腺開口部(開孔部)は中脚のつけ根と後脚のつけ根の間──後胸の腹面に位置している(1対)。

緑の体に赤いハサミ:ハサミツノカメムシ成虫♂



エサキモンキツノカメムシの近くにいたハサミツノカメムシ。


みずみずしい緑色と赤い側角(前胸両側に突き出した赤い突起)&ハサミのような腹端の突起が鮮やか。


腹端に《ハサミ》があるのは成虫♂だけ。♀にはない。目立つ特徴だが何のためのものなのか(僕には)よくわからない。ネット上には交尾の際に♀をはさむ(逃がさないようにつかむ)ために使われるというような情報もあるが……僕が見た限り、つかんでいるとは思えず……そもそもこの《ハサミ》は運動器官ではないのではないかという気がしている(*)。

ハートフルな亀虫エサキモンキツノカメムシ ※卵&幼虫を守る♥カメムシ
ハート亀虫羽化 見守るキリスト!? ※エサキモンキツノカメムシの抜け殻落とし2012年
エサキモンキツノカメムシの抜け殻落とし他 ※抜け殻落とし&モンキツノカメムシとの相違点
ツノなしツノカメムシ!? ※ツノのないエサキモンキツノカメムシ
モンキツノカメムシとエサキモンキツノカメムシ他 
ハート紋のモンキツノカメムシ&… ※モンキとエサキモンキの相違点
レッドV:ヒメハサミツノカメムシ ※ハサミツノカメムシのペア他
ツノカメムシの異種ペア

スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは🎵
ハートマークが、可愛いですね。
「第一勧業銀行」を思い出しました。
No title
先日のナナフシの仲間の個体変異といい・・・
発見された事例の多さ(多様な個体)に驚かされています。
モンキツノカメムシと見間違えてしまいそうなハート模様~ブロークンハートまで・・・
様々な個体を拝見させてもらい楽しませて頂いてます・・・

・・・カメムシの交尾に関して・・・
「カメムシの交尾時間の決定権はメスにあり、交尾器の繋がり具合(はなさへんで~)も、メスに!メスに!決定権がある。」との説があるそうです。
もしそれがハサミツノカメムシにもあてはまるのであれば、星谷さんの見立て通り、オスの腹端の突起は交尾の際に使用されている・・・とは言い切れないのでは?との疑念を抱かずにはいられません。☆
No title
> Coffee Windsさん

ハートマークがあると、それだけで「おっ!?」と注目してしまいますね。
特に昆虫に興味があるわけではない人のブログなどにも取り上げられているのを時々目にします。
昆虫に興味が無い人のブログではとかく嫌われがちなカメムシですが、エサキモンキツノカメムシについては好意的に扱われていることが多いような気がします(笑)。
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

狭山丘陵ではエサキモンキツノカメムシと良く似たモンキツノカメムシが混生しているエリアがあって、両者とも紋には個体差(変異)があり最初はすぐに見分けられなかったのですが、何度も見ているうちにわかるようになりました。
図鑑等で特徴が顕著な個体だけを見るのではなく、同じ種の変異のある個体を数多く見ることも大事だなと感じています。

カメムシの交尾に関してメスに決定権があるという説があるのですか。だとすればハサミツノカメムシのハサミはメスにアピールする器官(フェロモンを飛ばす器官とか?←根拠の無い思いつき)かも?
交尾を観察すると、ハサミでつかんでいるようには見えないし、ハサミにつかむ運動機能があるようには見えないんですよね……。
No title
ブロークンハート… ウケました~。
ハートのカメムシを探し回って、やっと見つかったと思ってよく見ると
ブロークンハートだったら、なんか微妙な気持ちになりそうです。

ハサミツノカメムシのハサミはとても美しいですが
たしかにチョキチョキと動くようには見えませんよね。
ハサミが開きぎみのとか閉じぎみのとか個体によっていたりするのでしょうかね?
No title
> noriさん

ハート・マークがラッキー印なら、ブロークンハート・マークはアンラッキー印ではなかろうかと(笑)。
ハート・マーク→吉、ブロークンハート・マーク→凶の「おみくじ亀虫」なんて愛称もいいかも?

ハサミツノカメムシ♂の鋏はほぼ平行なんですが、よく似たヒメハサミツノカメムシ♂のハサミは少し開き気味で「ハ」の字っぽく見えます。
どちらも僕にはつかんだりはさんだりするような構造には見えないんですよね……。
No title
こんばんは
エサキモンキツノカメムシ
ハートマークが目立ちますね。ナイス!

カメムシの多さに驚いています。
No title
> 笑みさん

カメムシもバリエーションが豊富で色々おもしろいのがいたりします。

管理者のみに表示

トラックバック