FC2ブログ

隠れ構造色の蛾

隠れ構造色オオナミモンマダラハマキのオーロラショット



コブシの下の植込みや下草でみられるオオナミモンマダラハマキ(蛾)。よく見ると模様はきれいなのだが、なにぶん小さい……大きさはハエトリグモくらい。(動きもハエトリグモっぽいのだが*)じっとしていると枯れた植物片が葉の上に乗っているようにも見える。あまり注目されることがなさそうな蛾だが、実は光の加減で(干渉によって)メタリックにきらめく構造色の持ち主。構造色というとヤマトタマムシが有名だが、チョウの中にも構造色をもつものがいて、いずれも美しさから人気が高い。華やかなチョウにくらべれば一見地味でスルーされがちな小さな蛾が、じつは構造色を隠し持っていた!? オオナミモンマダラハマキをフラッシュ撮影すると、角度によってメタリックな輝きを放つ──というネタは先日紹介したばかり(*)なのだが、いると、やはり撮ってしまう……。


葉の上にいた同個体を角度を変えてフラッシュ撮影すると──、


頭の後ろの銀色の縦縞模様が金~緑~青に煌めく。翅の色合いにも変化が見える。


左右対称の翅がこの画像↑では、右翅は水色・左翅は金色がかって見える。
逆側から撮ると↓。


逆に右翅が金色・左翅は水色がかって見える──デジカメに内蔵されたフラッシュ光の入射・反射角度の違いで、奥の翅が水色がかって輝くようだ。


フラッシュ撮影では翅の裏側もカラフルに写る。


玉虫色に変化する輝きはネオンサインのようでもある。熱帯魚にネオンテトラというのがいるが、長い名前が覚えづらいオオナミモンマダラハマキは「ネオンハマキ」と呼びたくなる。


オオナミモンマダラハマキの構造色による輝きは斜め後ろから撮ると際立つ。


カーテンのような翅が玉虫色に変化するさまは、オーロラを連想させる。「オーロラマダラハマキ」なんて愛称もいいかも知れない。


スポンサーサイト



コメント

No title
オーロラはいいかも。昆虫のなかには黄色に光るものもいて、実に多彩です。ナイス!!
No title
> 四季の風さん

メタリックな光沢があるものには魅かれるものがありますね。その美しさを写し取るのは難しいのですが……ついカメラを向けてしまいます。
No title
この蛾、小さいので虫眼鏡の世界ですね。
拡大した写真だと綺麗な色してますねー♪
脚先までネイルしてお洒落です。
何でこんな前のめりの姿勢?・前脚が短い?
みゆきは「ヨツスジヒメシンクイ」を撮ったことありますが同じような姿勢ですねー(*^_^*)
No title
> みゆきさん

「ヨツスジヒメシンクイ」、知らなかったので検索してみたら──オオナミモンマダラハマキとよく似ていますね!
この頭を下げで尻を上げるユニークな姿勢──僕はハエトリグモへの擬態の可能性を考えています(もちあげた尻の方がクモの頭側に見える)。オオナミモンマダラハマキの模様はよく見るとハエトリグモっぽいと思っているのですが、ヨツスジヒメシンクイも翅の縁の模様がクモの脚っぽいデザインのような気がします。
No title
こういう蛾を見た時は、ホント蛾と言うだけで毛嫌いする方が多い事が納得出来ないンですよね(⌒▽⌒)
まぁ蛾に限らないんですけどね。カメムシも蜂🐝やアブもなんですが、、、、、
No title
> カメレオンーアームスさん

実態を知らないイメージ優先の感覚みたいなものがあるのでしょうね。実物をちゃんと見る前にすでにイメージでカテゴリー分けがされているみたいな。

管理者のみに表示

トラックバック