FC2ブログ

ハリサシガメ幼虫のデココレ素材

ハリサシガメ幼虫のデコレーション・コレクション



今年は5月末に初確認したハリサシガメの幼虫。捕食したアリや拾ったゴミを体にまとってカムフラージュするユニークなカメムシ。個体によってデコレーション・コレクションの素材や配置が違うので見飽きることがない。


もっぱらアリを捕食するようで、アリをデコっているものが多いが、サイズ的に獲物としては大きすぎるアリの残骸をコレクションしているものもいる。


前回も巨大アリの頭部をデコったハリサシガメ幼虫の画像を投稿したが、こちら↑は大顎付きの別個体。ハリサシガメは獲物に針のような口を刺して体液を吸うので獲物は壊れずに残る。破損したり分解しているデコ素材は獲物ではなく拾ったものだろう。


デコ素材はアリが多いが、土粒もまとっていて、ボディラインが隠蔽される。特に土の上にいると背景に溶け込んで目立たない。


この画像↑でわかるように、ここでは土粒をまとっている部分の隠蔽効果が高い。視覚的には土粒だけの方が隠蔽効果が高いのではないか……という気がしないでもない。また、その方が素材集めの手間がはぶけるのではないか……という気もする。わざわざアリの死骸やゴミを好んで背負うのには何か意味があるのだろうか?


アリの繭のようなものをデコっている個体もみかけるが……こうしたデコ素材はどこで調達するのだろう? デココレ素材の内容から想像するに……これはアリが廃棄したゴミではなかろうか?
ハリサシガメが観察できる石垣にはアリの巣もたくさんある。巣の近くに「アリのゴミ捨て場(兼墓場?)」がないか探してみると、虫の残骸が散乱するスポットがみつかった。


この↑右下画像を撮っていて、そのすぐ近くにたたずむハリサシガメ幼虫に気がついた。いた場所はこんなところ↓(白い枠の中)。




画面で言うとハリサシガメ幼虫の右上にアリの死骸が廃棄されているのだが、撮影時には気がつかなかった。
このハリサシガメ幼虫はカメラに尻を向けた姿勢で、石垣陰の暗い位置にいる。もう少し撮りやすいところに出てこないかと思っていると、動き出して画面の右上方に移動しはじめた。そこでカメラを向けるとまた元いた位置に戻ってしまった。
相変わらずカメラに尻を向けていたのでよく判らなかったが……戻った後、体をしきりに動かし何かをしているようす? 餌を捕らえたのかと思ったが違うようだ。よく見ると、腹の下でアリの死骸をいじり回している。それをデコ・コレに加えるつもりらしい。
「デコ素材をどこから調達するのか」というのも興味の1つだが、「デコ素材をどうやって盛りつけるのか」というのも気になっていることの1つ。素材を体にくっつける仕組みは、イソクズガニやクサカゲロウ幼虫のような物理的なもの(マジックテープのような微細な鉤状毛でひっかける構造)ではなく、接着剤のような粘着物質が使われているのだろうことは昨夏、抜け殻についていたデココレを調べて判っている(抜け殻から分離した後もゴミ同士がくっついていた)。この粘着物質は体の表面に分泌されたものなのか、口から吐き出されるものなのか、はたまた糞尿のように排泄されるものなのか──そのあたりが観察できるかと期待が高まる。
しかし、今回はよくわからなかった。腹の下でもてあそばれていたアリの死骸が後脚を使って背中に押し込まれていくように見えたのだが……画像で見ると判りにくい……↓。


さて、デコ素材となったアリの死骸は、このハリサシガメ幼虫が捕食した獲物だろうか? それともアリのゴミ捨て場(墓場?)で拾ったものだろうか? ハリサシガメ幼虫が画面右上に動いた時、狩りをしたのかとも思ったが、サシガメが獲物を捕らえてから体液を吸収するには時間がかかる。狩った獲物をすぐにデコるとは考えにくいから、おそらく拾ったものだろう……そう考えて撮影した画像をチェックしてみると、ハリサシガメ幼虫が右上へ動いて戻る動作の間に「右上にあったアリの死骸が消えている」ことが判明。


やはりハリサシガメ幼虫はアリのゴミ捨て場(兼墓場)で、デコレーションの素材を得ていた──ということは判った。
今回採用した画像には写っていないが、このハリサシガメ幼虫を撮影中、背後を行き交うアリの姿が何度も見切れていた。アリを主食としアリの巣の近くで狩りをするとなれば、アリの警戒心や攻撃を回避することだ重要になるはずた。アリの捨てたゴミや死骸にまぎれて偽装していればアリに気付かれにくいのかもしれない。また、狩ったアリの死骸をまとっていれば、同じ巣のアリには警戒されにくい化学擬態(ニオイを似せる)的な効果もあるのかもしれない。視力が弱いと言われるアリに対しては視覚的隠蔽擬態よりもゴミ(あるいは仲間?)偽装した化学擬態(?)の方が有効的という気もしないではない。
ハリサシガメ幼虫がアリの捨てたゴミや捕食したアリを身にまとうのにはそんな意味があるからではないか……そんな想像が展開した。
今回撮影したハリサシガメ幼虫は、昨夏みた終齢幼虫に比べるとまだずいぶん小さい。改めて1円玉比較の比較。


デコったハリサシガメ幼虫は石垣の上で見ると、小さなゴミの塊、もしくは昆虫片が混在する小動物のフンのようにも見える。




昆虫ハンター・トカゲと同居!?



小動物といえば……ハリサシガメ幼虫がすんでいる石垣にはヒガシニホントカゲ(*)の姿も多い。日光浴をしたり餌を捕らえるシーンも見られる。


これ↑は昨年の画像だが、《スズメバチを狩ることもあり「最強の暗殺昆虫」と噂される(?)シオヤアブ》を捕らえたこともあった(このあと獲物をくわえて草陰に隠れたので呑み込めたのかどうかは未確認)。こんな手強い昆虫ハンターのヒガシニホントカゲとハリサシガメ幼虫は同居(?)している↓。




デココレのおかげでハリサシガメ幼虫はトカゲにはゴミや糞と見なされ、スルーされているのかもしれない。


スポンサーサイト



コメント

No title
こんばんは・・・
珍しい(と想います)ハリサシガメの詳細な生態が観察されているので、読んでて引き込まれました。
・・・そっか~・・・
アリの死骸は、ゴミのたまり場などから調達されていたのですね!こういった一連のハリサシガメの行動観察に費やす(費やされる)時間は相当量なのでは?と想います・・・
虫の行動を突き止める熱意を見習わせて頂きたいです・・・
No title
> 今日も、こっそり自然観察!さん

検索してみてもハリサシガメの情報は意外に少ないようで……とりあえず自分で観察できることは記録しておこうかと。まだ判らないことだらけですが……ユニークな偽装は見ているだけで楽しいので、おもわず時間を忘れてしまいます。
No title
よく見ると相当シュールな絵ですよね。
ただゴミをまとうのじゃなくて、アリの死骸が大好きなのとか不思議です。。。
そして今回アリの死骸を拾ってくっつけるシーンを撮影されてるのもすごいです。
巨大な頭部とか、眼が白目になっちゃってるやつとか… 見れば見るほどコワイです。
デコったという表現がさすが~というセンスを感じますね。
No title
> noriさん

自分の抜け殻とか、捕らえた獲物の死骸を背負う虫はいますが、わざわざアリの墓場(?)から死骸をあさってデコるというのがズゴイなぁ……と。
ヒトの世界に置き換えたらちょっとしたゴシックホラー!? 妖怪っぽい感じがしないでもありません。
なんともユニーク感の高い昆虫がいたものだと感心するばかりです。

管理者のみに表示

トラックバック