FC2ブログ

シラホシカミキリと食痕

シラホシカミキリと食痕



シラホシカミキリは体長8~13mmほどのきれいなカミキリ。頭部と前胸はクッキリ鮮明な黒で、白い模様がそれを引き立てている。その黒との対比が鮮やかな上翅基部のブラウンが、翅の先端に向かうにつれて焦茶へと境い目のないグラデーションで変化、翅先端では再び黒っぽくまとめられているのが美しい。配色の鮮明さ(前胸と上翅基部の対比や白い模様との対比)と淡さ(上翅のグラデーション)の両極をあわせもつデザインが秀逸だと思う。
そんな格調の高さをかもしだしているシラホシカミキリがガマズミの葉にとまっているのを見つけた。


今シーズン初のシラホシカミキリ──ということでカメラを向けて、食事中だったことに気がついた。


「へえ!?」と思ったのが、葉の表側にとまって齧っていること。これまで僕は葉を後食(成虫になってからの食事)するカミキリは葉の裏側にとまって葉脈を齧るものだと思っていた。以前飼育したことがあるイッシキキモンカミキリラミーカミキリも決まって葉の裏から葉脈をかじっていたので、「なるほど葉の裏側に隠れたまま食事をするというのは、鳥等に見つかりにくいだろうから理にかなっている」と感心し納得していた。
実は昨シーズン、シラホシカミキリの発生ポイントで、葉脈に沿ってスリット状の食痕が残された葉を見つけ「変わった食い方をする虫がいるな……」と思っていた。同じ場所で葉脈が齧られている葉もあり、それはカミキリの──おそらくシラホシカミキリのものだろうと考えていたのだが、葉脈わきの食痕の主は別の昆虫だと思い込んでいた。


葉の裏からかじれば出っ張った葉脈が齧りやすそうなものだが、わざわざそのわきを齧るのは不自然で妙だ……葉脈部分と葉脈でない葉の部分では味(養分?)に違いがあるのだろうか? 葉脈でない部分を食べるのなら、葉脈から離れたところをかじればよさそうな気もする……わざわざ葉脈沿いに食うのは、そこが特にうまいのか……あるいは逆に他の部分には植物の防衛物質(葉を食う虫対策の忌避物質)が集まりやすいのだろうか?……などと不思議に思っていた。
しかし今回、葉の表から後食しているシラホシカミキリを見て、謎が解けた。葉の表側からでは葉脈は凹んでいて齧りにくく、逆に葉脈の縁部分が齧りやすくなる──それで、葉脈沿いに穴が開くのだろう。




葉の裏から齧っていれば安全な(鳥等の天敵には見つかりにくい)気もするが……シラホシカミキリは、葉の表にとまって後食する(こともある)ということを初めて知った。
これまでは見つけてもカメラを近づけるとすぐに飛び去られてなかなか撮らせてもらえなかったが、今回は食事中だったためか、これまでになくじっくり撮ることができた。今回のシラホシカミキリは全て同じ個体。






上翅先端は外角・内角ともに棘状に尖っていてシャープな印象を高めている。

シラハタリンゴカミキリ@スイカズラ



シラホシカミキリに続いて「シラ」で始まるカミキリということで……シラハタリンゴカミキリ。ホストのスイカズラが咲く頃に出現するので、スイカズラの甘い香りを嗅ぐとシラハタリンゴカミキリを連想する(子どもの頃、夏に雑木林で樹液の発酵したニオイを嗅ぐとカブトムシやクワガタを連想したのと同じ)。今年は発生ポイントになかなか行けずにいたのだが……久しぶりにのぞいてみると、出ていた。このカミキリも葉の裏側から葉脈をかじるので、発生していれば葉脈部分がスリット状に抜けた葉が見つかる。


黒とオレンジ色のシンプルなデザインだが、美しいカミキリ。






スイカズラの香る頃に現われて、花が終わるといつの間にかいなくなっている……ちょっとはかなげで幻想的なイメージがあったりもするカミキリ。

シラ…ではなくシロコブゾウムシ



前述のシラホシカミキリとシラハタリンゴカミキリを確認した日に見た「白」で始まる甲虫をもうひとつ。もっとも「シラ」ではなく「シロ」と読む。和名に「白」がつく昆虫は多いが、「シラ」「シロ」「ジロ」と読み方が種類によって違うので、ちょっとややこしく感じることがある……。


シロコブゾウムシは大きめのゾウムシ(体長13~15mm)で、黒いつぶらな眼(複眼)が印象的。この眼を閉じるかのように触角で隠すのを初めて見た時は驚いたものだ(※【シロコブゾウムシの《いないいないバア》】)。

スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック